[かぶ] ASUS Chromebook C434TAが税込69,800円から。ASUS Storeにてプロモーション開始。

[かぶ] ASUS Chromebook C434TAが税込69,800円から。ASUS Storeにてプロモーション開始。

シェアする

ここ最近、国内Chromebook市場でのセール、プロモーションが続いています。各社が現行モデルを自社サイト、Amazon、家電量販店等で戦略的な価格で販売しています。

そうした中、現在Amazonで(本日まで開催中のサイバーマンデーセールにおいて)C403SA(C403NA)が話題のASUS JAPANが同社の公式オンラインストア、ASUS Store Onlineiconにおいて、現在、同社のフラッグシップモデルであるC434TAのプロモーションを行っています。

スペック違いで3モデル、最上位のCore™ i5-8200Y / 8GB RAM / 64GB eMMCのモデルでも税込みで89,800円と9万円を切っています。かなり思い切って下げてきたかな、と思います。

ちなみに私はこの内、2番目のAI0084(Core™ m3-8100Y / 8GB RAM / 32GB eMMC)をASUS Store Akasakaで購入し、大変気に入って使っていました。

既に半年前になるんですね。月日が経つのが早い‥。スペックと重さだけでなく、ベゼルが非常に狭くなり画面占有率が上がったことで、デサイン的な洗練差とともに大きさもバランスが良くなりました。

ここ最近、HPのハイエンドモデルが実売6万強で販売されている、といった他社の影響もあるとは思います。似たようなスペックに見えるASUSのモデルはその意味では最近は印象が薄かったかもしれません。ただ、HPのハイエンドモデルであるx360 14は国内では最近ですが、海外で発売されたのは昨年なんですね。ちょうど当時Acer、Dell、Lenovo、HPがほぼ同時期に同じようなスペックのハイエンドモデルを発表、発売しました。

それに対してASUSのC434TAは今年発表、発売された後発のモデルです。また方向性もパワーを重視したCore™ i3-8130U、Core™ i5-8250Uを載せ、重さも1.6kgとそれなりにある昨年発売の各社のモデルに対し、C434TAはモバイル、省電力重視のCore™ m3-8100Y、Core™ i5-8200Yであり、重さも約1.45kgとこのサイズのモデルとしては抑えられています。その意味では方向性がまったく違うと言っても良い。

個人的には今でも、いや、2020年に入っても名モデルとしてASUSのChromebookを牽引していくモデルだと思っています。良いよ、C434TA。

ただ、どうしても印象として他社が力技、消耗戦的にこのブラックフライデー&サイバーマンデーセールで価格攻勢に出てきてしまうと、ASUS的にはなかなか手強かったのも確かだと思います。実際、HPと競合する良モデル(「良」なのは私自身がまだ使えていないから)であるSpin 13は今も9〜10万円台で推移しています。そして、今回触れたようなことは、普通に眺めていてもなかなか伝わらない部分でもあります。そこが幾ら「名モデル」だと言っても「いやでも価格高いじゃん」となってしまっては勿体ないな、と思っていたので、今回のプロモーション、個人的には大変歓迎するとともに、より多くの人にこのモデルを手に取ってもらえたら嬉しいな、と願っています。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。