[かぶ] ASUS JAPANの今後の展開に期待。今度はASUS Shopに「英語キーボード配列」版Chromebook Flip C101PAが登場。

[かぶ] ASUS JAPANの今後の展開に期待。今度はASUS Shopに「英語キーボード配列」版Chromebook Flip C101PAが登場。

スポンサーリンク

先日「英語キーボード配列」「8GB RAM」版Chromebook Flip C302CAが突然登場した、ASUS公式オンラインショップ、ASUS Storeですが、今度は同じく「英語キーボード配列」のC101PAが並びました。

型番に「ENG」が付いているのが特徴です。

また、法人向けサイト、ASUS Shop for Businessにも同様に法人向けの同モデルが並んでいます。

どちらもスペックに関しては現行個人向けモデル(4GB RAM、16GB eMMC)のものと同じで、キーボード配列が英語である、という違いのみです。

英語配列キーボードの同一スペックモデルは確かに既に米Amazon等では販売されてはいるのですが、技適マークの有無(当ブログでは未確認)米Amazonからの個人輸入と考えると、国内でASUS JAPANが公式に販売している、というのはありがたいな、と思います。

ここ最近、ASUS JAPANは全体的に痒いところに手が届く今までのニーズに対しての穴を埋めていくような戦略が印象的です。

確かに続々と発表される他メーカーの新モデルに比べると派手さはありません。ただ、現行ラインナップを眺めてみると、

  • 10.1″ コンバーチブルタイプの名作、C101PA
  • 11.6″ 999gのスタンダードクラムシェル、C223NA(国内未発表)。
  • 11.6″ 耐衝撃耐水性に優れたコンバーチブル、C213NA
  • 12.5″ Core m3を載せ、高いレベルでバランス良くまとまった名モデル、C302CA

価格帯も4万円、5万円、7万円台と満遍なく展開。更に他メーカーがほぼ文京法人向け市場のみを想定している中で一般家電量販店での個人向け市場モデルの展開など、現時点での日本市場においては穴がほとんどない、一歩抜きん出た存在感を発揮していると思います。

更にAkasakaには世界初の路面店型カスタマーサポート拠点であるASUS Store Akasakaもオープンしました。

ASUSが初めての路面店型カスタマーサポート拠点として2018年3月2日にオープンするASUS Store Akasaka。そのプレオープン初日にA部として招待いただきました。 Static W...

そして先日の「英語キーボード配列」「8GB RAM」版のC302CAの発売に続いて、今回はC101PAでも英語キーボードモデルを販売するなど、ますますスキがなくなってきました。これで先程挙げた11.6″ 999gのスタンダード・クラムシェル、C223NAが国内でも発売が決まれば、価格帯にも広がりが出てきます。あとは12.5″以上、13.3″や14″、15.6″辺りで何か作ってきたらほぼ完璧です。

派手さは確かにないのですが、その分非常に堅実、長く愛用できるモデルを作るのがうまいな、というのがここ最近の私の受ける印象です。

今回の日本国内での「英語配列キーボード」モデルの充実は、ASUS JAPANがこれからも日本市場に本気で取り組んでいく決意の表れと(勝手に、好意的に)受け止めたいと思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。