[かぶ] 本日からASUS Shop限定で発売されるZenBook BX310UA-FC833T(英語キーボード)は価格も含めて、なかなか魅力的なモデルだと思う。

[かぶ] 本日からASUS Shop限定で発売されるZenBook BX310UA-FC833T(英語キーボード)は価格も含めて、なかなか魅力的なモデルだと思う。

スポンサーリンク

ASUS JAPAN公式WebストアASUS Shopは以前からアウトレットの掘り出し物をチェックするのに使っていましたが、最近はたまに思わぬセールモデルを出したりするようになったので、今まで以上にチェックは欠かせません(前は新発売のモデル以外はほぼ定価なので、他のネットショップを利用した方が安いことが多かったので)

そんなASUS Shop、本日6月16日から英語キーボード搭載の限定モデルASUS ZENBOOK BX310UA-FC833Tの販売を開始したようで、個人的にはこのモデル、スペックとのバランスを考えると十分にあり、結構魅力的なのではないかなぁ、と思っています。

個人的に惹かれているポイントは

  1. 日本国内で購入出来る数少ないASUSの英語キーボードモデルだから。
  2. 基本的なスペックは薄さや重さを除けばZenBook 3とさほど変わらないのに9万円弱。
  3. インターフェースもそれなりに充実したスタンダードな13.3型ラップトップPC。

先日、NTT-XにてCore i5版のZenBook 3が安くなっていることを書きました。

私も現在愛用しているWindows 10ラップトップPC、ASUS ZenBook 3 UX390UA。私の使っているのはCore i7,16GBの海外版ですが、その薄さと手頃な大きさ、そして軽さが持...

結構この文章へのアクセスは多かったのですが、確かに今もZenBook 3はその薄さと軽さ、そして美しさから人気の高いモデルです。(私も気に入っています。)ただ、万人に合うかと言われれば別で、このモデルは特に持ち歩くこと、モバイル用途でもある程度の高スペックでストレスなく作業出来ることを重視する方にとっては相性は良いものの、例えば出先でプレゼンをするので外部出力が必要であったり、薄さよりもよりしっかりした厚みのある本体とキーボードで作業したい、という方にとっては少々物足りない部分もあると思います。また、12.5インチという大きさはFHD(1,920×1,080)で作業するには少しフォントが小さくて読みづらい、という方もいるでしょう。

紆余曲折を経て先日ようやく入手した英語キーボード版のASUS ZenBook 3(UX390UA)。キーボードに慣れる目的もあって、ここ最近意識的に持ち歩いているのですが、WindowsにはWindo...

私自身、普段はこのZenBook 3とThinkPad 13 Chromebookを併用していますが、長時間文章入力をしたり、といった作業においては、断然ThinkPad 13 Chromebookを選びます。13.3インチ、入力のしやすいキーボードとタッチパッドはやはり素晴らしいです。

そう考えると、ZenBook 3と同じCPU(インテル® Core™ i5-7200U プロセッサー)、RAM容量(8GB)、ストレージ容量(256GB)を積みながら、大きさは13.3インチ、同じFHD表示が可能。というのは、人によっては相性はこちらのほうが良いかもしれません。重量が約1.4kgというのは確かにZenBook 3の0.91kgとはかなり差がありますが、個人的には許容範囲(ThinkPad 13 Chromebookも似たようなものなので)。

ZenBook BX310UA-FC833T ZenBook3 UX390UA-256GGR
CPU Core™ i5-7200U Core™ i5-7200U
ディスプレイ 13.3型ワイドTFT ノングレア 12.5型ワイドTFT グレア
解像度 1,920×1,080ドット (フルHD) 1,920×1,080ドット(フルHD)
RAM 8GB DDR4-2133 8GB DDR4-2133
Storage 256GB SSD 256GB SSD
Interface HDMI ×1、USB3.1(Type-C) ×1、
USB3.0 ×1USB2.0 ×2
SDカードリーダー
USB3.1(Type-C) ×1
サイズ / 重量 323mm × 223mm × 18.35mm /
約1.4kg
296mm × 191.2mm × 11.9mm /
約0.91kg
価格 89,800円(税込) 150,984円(税込)

薄さや軽さに特化させればモバイル性は高まりますが、その分削らなければならない部分も出てきます。それに対して、このモデルはスタンダードな13.3型ラップトップPCということもあって、HDMI ×1、USB3.1(Type-C) ×1、USB3.0 ×1、USB2.0 ×2に、SDメモリーカードリーダーも付いています。この辺り、普通に使う分には却ってありがたい。

そして、個人的に私にとってもっともありがたいのが、英語キーボード版だということです。ZenBook 3も英語キーボード版が欲しくてわざわざ米Amazonから注文したくらいですから。

https://lifestyleimage.jp/?p=37788

ASUSのモデルはオーダー時にキーボードの種類等を選択出来ないので、基本的に日本語キーボードなんですよね。それが素晴らしい、日本語キーボードでなければ、という方ももちろん多いと思うのですが、私のような英語キーボード愛用者にとってはこの点がASUSのラップトップPCを日本で購入するのに躊躇してしまう理由でもあります(ASUS JAPANは海外発売モデルは基本保証しないものの、ラップトップPCは例外。国際保証が効きます。)

今回は敢えて海外で買わずとも、こうしてASUS JAPAN公式Webストアで販売するモデルですし、その辺りの保証も安心だと思います。そして、価格が9万円切っている、というのも競争力はあるかなぁ、と思います。

ということで、個人的にはなかなか良いモデルなのではないかなぁ、と思っているのですが、流石にZenBook 3、Samsung Chromebook Proと続いていますし、更にここでもう一台Core i5のWindowsラップトップPCを買う必要はないと思いますので購入には至れません。ただ、今もしラップトップPCを探しているのであれば、十分に有力な候補だな、と思っています。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。