[かぶ] NTT-XでASUS ZenBook 3(Core i5,8GB)が数量限定で119,800円。更に10セット限定でZenPowerMax付き。

私も現在愛用しているWindows 10ラップトップPC、ASUS ZenBook 3 UX390UA。私の使っているのはCore i7,16GBの海外版ですが、その薄さと手頃な大きさ、そして軽さが持ち運びには非常に重宝しています。現在Chromebookと併用しながら、一太郎2017や、少しパワーの要る画像編集等が必要な際にはこちらを使っています。正直良いです。

価格.comでの現時点(2017年6月13日)での最安価格が税込126,866円。Amazonでは

この辺り。ローズゴールドを選んだのは単純に私の好み。Core i7版はロイヤルブルーしかないんです。そんなCore i5版ですが、ただ今NTT-X Storeで台数限定で割引クーポン(8,536円 割引)を使って実質税込119,800円で販売中です。送料無料。

更に、販売台数10セット限定なので既に終了している可能性もありますが、私も買おうかと思っている26,800mAhモバイルバッテリー、ZenPower Max シルバーが貰えるそうです。こちらは税込19,800円ですので、普通に同時に買うつもりであれば本体は実質(この表現あまり好きではないのですが)税込10万円ピッタリ、ということですよね。嫌になっちゃうね、まったく。

ZenBook 3の何よりの魅力の一つが、前述したように、とても外観からは想像出来ないしっかりとした処理速度の高さを持っている、というアンバランスさ。薄くて軽いとなれば、何かしら犠牲になっていると思うのですが、それが犠牲になっていないところが素晴らしいです。唯一挙げるとすればインターフェースがUSB-Cの1つのみ、という点くらいか。ただ、これもminiドック付いてきますし、ここでインターフェースが充実し始めると、この薄さと軽さと大きさが犠牲になるような気もするので、却って割り切ったこの仕様は良いのかな、とも思っています。

[1426-201705] 1ヶ月後のASUS ZenBook 3 UX390UA。その使い勝手と印象を改めて振り返ります。 | Life Style Image
前回少し触れましたが、靴のお手入れと選び方に関する本をKDPで出そうと思っていることもあり、「一太郎2017」をよく使っております。そのため、この1ヶ月間自宅でも出先でもASUS ZenBook 3 UX390UAを意識的に使っていました。既にこのモデルについてはASUS JAPANからお借りした際に3回、また英語キーボード版を入手後も1度、使い勝手については書いています。 Brand – Asus Zenbook | Life Style Image Core i5のChromebookメインの私の元にやってきた、Core i7のASUS ZenBook 3(UX390UA)の役割と使い分け。 | Life Style Image 印象自体は大きく変わってはいないのですが、日々の使い勝手など、使い続けてみないと分からない部分もあると思いますので、1ヶ月という短い段階ではありますが、改めて少し振り返ってみたいと思います。 この1ヶ月で私が感じたASUS ZenBook 3 UX390UAの気に入った点と惜しい点。 気に入った点。 薄さと軽さ、大きさのバランスは素晴らしい。気軽に持ち歩けます。 液晶も好印象。使う場所は選ぶものの、FHD(1920×1080)も便利。 惜しい点。 バッテリーの持ちが4時間強(あくまで私の使い方において) 慣れれば悪くはないものの、長時間は悩ましいキーボード。 意外と気にならなかった点。 USB Type-C x1は用途を考えると特に不便は感じませんでした。 気に入った点 1:薄さと軽さ、大きさのバランスは素晴らしい。気軽に持ち歩けます。 薄さと大きさというのは思った以上に気軽さに直結するんだなぁ、と感じました。 これは予想以上に素晴らしかったです。約910gという軽さだけでなく、そこに幅296mm × 奥行き191.2mm × 高さ11.9mmという絶妙な大きさ(コンパクトさ)が加わっているところが大きな魅力です。ホント、鞄(特にリュックなど)に入れていると重さを感じません。 約910gという軽さだけでなく、幅296mm × 奥行き191.2mm × 高さ11.9mmという外観からくる印象も気軽に持ち歩く気にさせてくれます。 それでいながらスペックには一切妥協せず、Core i7-7500U、16GB

ちなみに私はこのモデルが気に入ってしまったので、その後色々買いそろえてしまいました。

[1437-201705] ASUS ZenBook 3 UX390UAを使い始めてから2ヶ月弱で新たに揃えたもの、行ったカスタマイズ。 | Life Style Image
ここ最近はChromebookと同じくらい使い込んでいるのがASUS ZenBook 3 UX390UAです。主な用途は「一太郎2017」による電子書籍の編集と作成です。 1ヶ月後のASUS ZenBook 3 UX390UA。その使い勝手と印象を改めて振り返ります。 | Life Style Image 今回は使い始めてからこの2ヶ月弱で新たに購入したもの、行ったカスタマイズ等をご紹介したいと思います。 ASUS ZenBook 3用に2ヶ月弱の間に揃えたモノ、行ったカスタマイズなど。 国立商店製「職人が作るレザースリーブ」をZenBook 3用に加工。 ASUS ZenBook 3と国立商店製「職人が作るレザースリーブ」(多少大きさを細工しています。) 元々は13インチMacBook Proとほぼ同一サイズのChromebook、ASUS Chromebook Flip C302CA用に購入したのですが、持ち歩く頻度を考えるとZenBook 3のほうが多くなりそうだったこと、また持ち歩き用のChromebookは他にあった(Lenovo ThinkPad 13 Chromebook)ことから、近所の信頼している鞄屋さんにお願いしてこのZenBook 3用に大きさを加工してもらいました。(国立商店さん、折角作られた作品に手を加えまして申し訳ありません。) 職人が作るレザースリーブ for 13インチMacBook Pro 元々ZenBook 3には純正のスリーブケースが付属していて、こちらは当然のようにジャストサイズなのですが、蓋が付いているのと、個人的に革が好きなこともあって、出来れば国立商店製のレザースリーブをChromebook同様使いたいなぁ、と考えていました。 ZenBook 3自体は預けなかったのですが、ほぼジャストサイズに仕上げてくださった鞄屋さんに感謝です。 おかげでZenBook 3も、このブリティッシュグリーンのブライドルレザーのスリーブも非常に使用頻度が上がったので、これはこれで良かったのではないかなぁ、と思っています。国立商店製のレザースリーブは基本的にApple製品のみですし、今後も他社のモデル用が作られることは無さそうですので(需要自体が少ないでしょうし)、これからもサイズや相性を考えながらお世話になりたいと思っています。

海外では14インチモデルのZenBook 3 Deluxeが間もなく発売されますが、これ、インターフェースを除くとほぼスペック変わらないんですよね。USB-Cが増えて更にThunderboltになったのはかなり羨ましいのですが、大きくなった分重さも1kgを超えるようになったので、この辺りは何を重視させるかによるかな、と。インターフェース類を重視させるのであれば、何もZenBook 3でなくても良い気もしてくるので。

今年のCOMPUTEX会場で見てきた限りではなかなか良い感じだったので、(特に画面サイズが14インチながら本体の大きさ自体は13.3インチ並みに絞ってきているのは素晴らしいです。)画面が大きくなった分、同じ解像度(FHD 1,920×1,080)でも文字の大きさが大きくなって見やすくはなりますね。

とはいえ、今回のNTT-X Storeの価格は「これで十分」と考える方には非常に魅力的な価格でもあります。色も3色ありますし、限定ながら、十分に検討の価値があるかなぁ、と思っています。

毎日が激安特価!NTT-X Store

スポンサーリンク

スポンサーリンク