[かぶ] ASUS TransBook T100HA-128S レビュー(アクセサリ編)Perfect Shield非光沢タイプを購入。

[かぶ] ASUS TransBook T100HA-128S レビュー(アクセサリ編)Perfect Shield非光沢タイプを購入。

スポンサーリンク

ASUS T100HA-128Sレビューの7回目。間もなく1ヶ月が経ちますが、そろそろ返却の時期でもあります。にも関わらず、純正Folioカバーやキーボードカバーなど自腹で色々揃えているのですが、今回はその第3弾、液晶保護フィルムです。

購入するにせよ、一旦機種を返却の上再度購入しなければならないというChromebook Flipと同様の条件だと思っていたので(返却が必要かそのまま買い取れるのかは確認中)液晶保護フィルムは剥がすのも勿体ないので、と使わなかったのですが、本日意を決して(というほど大げさなものでもない)使ってみましたのでご報告します。

液晶は綺麗なのだけれど、それなりに反射と指紋が気になるので。

T100HA-128Sの液晶はスペックシートによると「10.1型ワイドTFTカラータッチスクリーンIPS液晶」で表面仕様は「グレア」です。最近のASUSのスマホやタブレットにも採用されている「TruVivid Technology」により、光の反射を防ぎ高い透湿性を実現しています。

1143-201601_T100HA TruVivid Technology

けれど、綺麗なことは大変綺麗なのですが、そこはグレア。それなりに顔が映り込みますし、指紋も目立ちます。ということで、液晶の保護というよりも、視認性の向上と指紋対策として液晶保護フィルムの購入を検討しました。

グレア液晶にアンチグレアタイプの保護フィルム。

購入したのはおなじみPDA工房のPerfect Shieldシリーズから「画面の反射を抑え、指のすべりもなめらかな指紋や皮脂汚れがつきにくい『アンチグレアタイプ(非光沢)の液晶保護フィルム』」タイプ。T100HA用があるのがありがたいです。

1143-201601_T100HA Perfect Shield 01

折角のグレアなのにその上からアンチグレアタイプの保護フィルムを貼るというのも悩ましいのですが、反射が私の中では思った以上に気になったので、物は試しです。

また、他社からガラスフィルムタイプのものも発売されていたのですが、この画面の大きさ(10インチ)になると、気泡を作らず埃の侵入を抑えながら貼るのはなかなか手間ですし、更に今回の目的は映り込みを軽減させることなので、除外しました。

貼るのはあっさり終了。気泡も埃も全く問題なしでした。

フィルムタイプはやはり貼りやすいですね。ある程度反らして抑えながらゆっくり貼っていけるので、慣れていれば意外とスムーズにいきます。一応接着面にシリコン素材を使用した自己吸着タイプなので、汚れたら水洗いが出来、貼り直しが可能、と書かれているのですが、どの程度上手く貼り直せるのかは気になるところです。

1143-201601_T100HA Perfect Shield 03

カメラやセンサー部分はきちんと穴が空いていますし、

1143-201601_T100HA Perfect Shield 04

キーボードドックと繋がる部分はくり抜かれています。

指紋は変わらず気になるけれど、かなり落ち着いた綺麗な映り具合です。

結論としては指紋等はそれなりに変わらず付着します。実際このフィルムを貼った後に、画面の指紋をしっかり拭き取る必要がありましたから。

ただ、それ以上に嬉しかったのは画面がクッキリしたこと。何となく文字(や黒い部分)が落ち着いた印象があります。

1143-201601_T100HA Perfect Shield 06

フレームの部分に顔や背景が映り込むこともだいぶ無くなり、黒がしっかりつや消しの黒、といった印象になりました。

とはいえ、決して今までの美しさが無くなってしまったわけではなく、反射も無くなった分、個人的には今までよりも好印象です。華やかさはないけれど、落ち着いたシットリとした色合いになったのは嬉しいです。今まではちょっと夜使うにはギラギラしていて少し目が疲れるときもあったので。

これはT100HAをお持ちの方には必須のアイテムの1つです。

1143-201601_T100HA Perfect Shield 02

うん、私が勝手に決めてますが、いいですよ。特にT100HAは液晶の角度があまり広がらないので、どうしても上から斜めで画面を見下ろす形になります。結構画面が見にくい(映りが悪いのでは無く、真正面から見れないストレス)ので、その点が悩みだったのですが、そのストレスが(画面が落ち着くことで)だいぶ緩和されたかな、と思います。

1143-201601_T100HA Perfect Shield 05

アンチグレアになることで、何となく画面の美しさが犠牲になってしまう不安があったのですが、現時点では特にそう感じることはありませんでした。かえって見やすいかも。

ということで、個人的には非常にお薦めのアイテムです。画面写りが気になる方は是非どうぞ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。