[腕時計] Pebbleの発表を前に、私がApple WatchでもAndroid WearでもなくPebble Timeばかりを使っている単純な理由。

[腕時計] Pebbleの発表を前に、私がApple WatchでもAndroid WearでもなくPebble Timeばかりを使っている単純な理由。

シェアする

スポンサーリンク

日本時間の5月24日23時にPebbleのサイトで新しい何かの発表があるようで、一部で話題になっています。

Pebble Smartwatch | Smartwatch for iPhone & Android

24日の20時少し前に訪れた時点で残り3時間。

1262-201605_PebbleTime 07.

ちなみに私は最近はスマートウォッチはほぼPebble Timeしか使っていません。Apple Watch、Zen Watch 2も持っているにも関わらず、です。更に誕生日に届いたレッドに続いて、今回ブラックも追加しました。

1262-201605_PebbleTime 01

Watchfaceは「Multifunctional 7 Segment」というもの。表示される情報量の多さにも関わらず、非常に配置やフォントの大きさなどのバランスが良い良フェイスだと思います。

私がPebble Timeしか使わなくなってしまった単純な理由。

機能や時計自体の質感から仕上げまで、Apple WatchやZen Watch 2のほうが良いにも関わらず、すっかりPebble Timeしか使わなくなってしまった理由は単純です。

それは「バッテリーの持ち」と「時間の常時表示」という腕時計と考えれば当たり前過ぎること

ならば普通の腕時計で充分じゃん、と言われそうですが、それでもPebbleを選ぶのは「通知」が非常に便利だからです。このブログでも過去何度も触れていますが、私にとってスマートウォッチを腕にする理由はたった一つ。メールや着信の「通知」なのです。

スマホを取り出さなくても着信やメールを逃さない「通知」機能は気持ちを楽にさせてくれる。

Pebbleに通知が届いていなければ、メールも着信もない、と分かるのは、思った以上に気持ちが楽です。今まででしたら時折スマホを手に取らなければなりませんでした。手に取ってしまえば何かしら使いたくなってしまう。目的もなく触っていて時間が過ぎてしまう。それも悩みです。

更に、私にとっては数少ない「着信」を確実に逃さないという安心感は非常に大きい。特に今回祖母が上京してきた際に、一日に何度か連絡をくれたのですが、その際に手元にPebbleがたまたまなくて、大切な祖母からの電話に気付きませんでした。

ただ、これだけであれば、別にApple WatchやZen Watchでも構わないのです。

1262-201605_PebbleTime 04

最近の私の中での最優先項目は「バッテリーの持ち」。

それ程一日中使っている訳でもないのですが、丸一日、どんな使い方をしていてもバッテリーが持つ、という安心感は色々な面で心に余裕を与えてくれます。

私は腕時計が好きです。自動巻や手巻きも好きですから、別に使う度に竜頭を巻くことに抵抗も面倒さもありません。むしろそれが好きだったりもします。

ただ、スマートウォッチのように、「着信」や「メール」の通知、更になるべく使用中は手首から外しておきたくないものに関しては、毎晩充電するのは面倒です。

1257-201605_up3 Jawbone 02

そうした点では、フィットネストラッカーリストバンドとしての私の中でのUP3の存在は「着けていることすら忘れることが出来る」という点で大きいです。

Apple Watchは折角の多機能、更に定期的な心拍数の計測やスタンド(1時間に1度経つことを促してくれる)機能など非常に便利でありながら、肝心の電池の持ちは良くて2日弱。少し通知等が増えて使うようになってしまうと1日強というところ。これはZen Watch 2も同様です。

Pebble Timeは最近のアップデートでヘルス機能が強化されたことで、寝ている間も自動で睡眠の質の測定をしてくれるようになりました。

1262-201605_PebbleTime 05

これはこれで便利ですし、私のように別途フィットネストラッカーリストバンド等を使わないで気軽に計測だけしたい方にはありがたい機能強化だと思います。ただ、その分、若干バッテリーの持ちが悪くなってしまいました。今までであれば1週間前後は普通に充電が不要だったのが、現時点では3日強。これはWatchfaceや使っている機能にもよりますが、少し惜しいところ。

先日、国立能楽堂に能を観に行った際に一時的に記憶を失ったのですが、その時間までしっかり「Napped」として記録されていました。ただ、私は1時間も寝ていないことだけは主張しておきたいと思います。

先日、国立能楽堂に能を観に行った際に一時的に記憶を失ったのですが、その時間までしっかり「Napped」として記録されていました。ただ、私は1時間も寝ていないことだけは主張しておきたいと思います。

とはいえ、それでもApple WatchやZen Watchの持ちに比べれば遙かに安心です。これはちょっとした旅行などの際にも助かります。それくらい、バッテリーの持ちと機能とのバランスは非常に難しいと思います。

「時間の常時表示」は腕時計としては当たり前のこと。

1262-201605_PebbleTime 02

Apple Watchが惜しい点。それは時刻を常時表示してくれない、という点です。ちなみにZen Watch 2などのAndroid Wearは常時表示させることは可能ですが、明るさや表示項目を増やせば更に持ちは減ってしまいます。

腕時計というのは別に「時間を見るぞ」「今何時だ」と気合いを入れて腕を傾けて見るものではありません。最近では腕時計で時間を知る、という役割自体が薄れてきてはいますが、常に腕にあって、何となく目に入ってきただけで時刻が分かる、というのはスマホなどにはない魅力です。(スマホを常時机の上に置いておくことが気にならないのであれば別ですが。)

今もこの文章を書きながら、ちらっと左腕元に目をやれば時刻が分かる。また、上でも挙げましたが、時刻を知る、というだけでなく、やはり腕時計の魅力やデザインというのは時刻表示も含めて(盤面、Watchface)だと思うのです。その点で、常に表示させっぱなしでも7~10日弱普通に持ってくれた、というPebbleの魅力は私にとっては大きいのです。

今夜発表されるであろう新しいモデル、そしてPebbleはどんな方向に進むのか。

これだけ大々的にカウントダウンを行うのですから、恐らく新しいモデルの発表でしょう。Pebbleは最近出たラウンド型のPebble Time Roundが思ったほど反応が良くなかった、という話を耳にします。

悪くはないのでしょうが、良くも悪くも普通の時計になってしまったかな、という印象を私は受けました。これだったら敢えてPebbleでなくても良いのかな、と。スマートウォッチを選ぶのであれば、先ほどまで散々欠点を挙げたとはいえやはりApple Watchのブランド力は大きいですし、Zen Watch 2も素敵です。

他のスマートウォッチの考えている方向性は、「多機能」「高性能」で色々なことが出来るような気がする、良く言えば未来の時計、悪く言えば発展途上の、まだ模索中の一部の層にとっての趣味に過ぎません。もちろん最初からそうした方向が完成されているはずもなく、だからこそワクワクもし、楽しみでもあるのですが(私も好きです。)ただ、Pebbleは敢えてそこを違う可能性を見せてくれたことで他とは違う魅力を出してきた、と思っています。

日本語に標準で対応していなかったり、海外からの輸入に頼らなければならない点など、決して広く受け入れられる時計ではありませんが。

1262-201605_PebbleTime 03

果たしてこれからPebbleはどういう方向に進むのか。他のスマートウォッチと同じようなものになるのか。それとも全く違ったスタイルの提案をしてくれるのか。それが今夜、あと数時間で分かるかと思うと楽しみです。

今回追加で入手したブラックは米Amazonから購入したのですが($119)、送料や配達までの日数諸々を考えると、最近は普通にAmazon(日本)で買ってもそれほど差がなくなってきているんだなぁ、と思います。Pebbleのサイトで大幅な値引きや値下げでもあれば別ですが(それでも送料無料にすると到着まで1ヶ月近くかかる)、良いな、と思った時が使う最高のタイミング。今夜の発表後にAmazonでの価格もどうなるか、楽しみです。

Pebble Smartwatch | Smartwatch for iPhone & Android

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の4冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。

私がPebble Timeしか使わなくなってしまった単純な理由。

スマホを取り出さなくても着信やメールを逃さない「通知」機能は気持ちを楽にさせてくれる。

最近の私の中での最優先項目は「バッテリーの持ち」。

「時間の常時表示」は腕時計としては当たり前のこと。

今夜発表されるであろう新しいモデル、そしてPebbleはどんな方向に進むのか。

  • 私がPebble Timeしか使わなくなってしまった単純な理由。
  • スマホを取り出さなくても着信やメールを逃さない「通知」機能は気持ちを楽にさせてくれる。
  • 最近の私の中での最優先項目は「バッテリーの持ち」。
  • 「時間の常時表示」は腕時計としては当たり前のこと。
  • 今夜発表されるであろう新しいモデル、そしてPebbleはどんな方向に進むのか。