[腕時計] 今、SNSで話題のシンプルカワイイウォッチ、cheap CASIOについて語ろうか。

[腕時計] 今、SNSで話題のシンプルカワイイウォッチ、cheap CASIOについて語ろうか。

スポンサーリンク

今、SNSではcheap CASIOというシンプルカワイイウォッチが話題です。

0964-201508_cheap CASIO

まさか渋谷のど真ん中で店頭一番目立つ場所に堂々と並べられ、存在を主張してもらえるような時代が来るとは思っていませんでした。

私が最初に買った時にはまだ時計売り場に普通に地味に置いてあって、行く時によってなんか一回無くなったらしばらく入荷しないよ、くらいの勢いのなさだったのですが。私の今までの主張はことごとく外れたのかもしれません。

[腕時計] 世界の最後の日や人生最期の日にする腕時計を選べ、と言われたら絶対選ばないCASIO F-28W。

昔からカワイイ女の子には地味に人気はありましたが。

0964-201508_cheap CASIO 02

モデルをしている友人の女の子もこの前会った時、金色のチープカシオを腕にしていました。この前と言ってももう二年くらい経ちますが。女の子が腕にするとまたカワイイんですよ。たまりません。「cheap casio♡」と最後にハートを付けたくなってしまう気持ちも分かる気がします。

私のように薀蓄語りだすより余程効果あると思います。

[腕時計] 余計な表現は不要。ただ単に素晴らしい。それがスタンダードの持つ凄さ。CASIO A158Wの魅力を改めて考えてみた。

0767-201505_CASIO A158W 01

余計な表現は不要、とか偉そうに言っておきながら文中でその良さを語り始めちゃってますから。こういう中年が一番困ります。ちなみに30歳過ぎると中年だそうです。この前読んだ小説で「30過ぎの中年」の容疑者が出てきた時にはちょっと切なくなりました

薀蓄よりもストーリーよりも歴史よりも何よりもcheap♡です。

[腕時計] 世界の最後の日や人生最期の日にする腕時計を選べ、と言われたら絶対選ばないCASIO F-28W。

0663-201502_F-28W_05

いや、ホント茶化しているつもりはなく、これ見た時素直にそう思っちゃいましたから。あ、今まで私がこのブログで暑く語ってきた数々の表現よりも、その一言でいいんですよ。とにかくチープなんです。

でも、一言だけ言わせて下さい。CASIOの凄いところは、会社名の頭にチープと付けられても何も安っぽく感じないところだと思います。ロレックスからオメガ、パテックやランゲのような雲上と呼ばれる時計まで、頭にチープなんて付けられた途端に偽物臭が漂いまくってしまうじゃないですか。でもカシオだと高い時計も出しているのに何も偽物臭、インチキっぽさがないんです。

[腕時計] 樫尾俊雄発明記念館(成城学園前)は昭和の経済成長期の発明と競争の歴史を感じられる素晴らしい空間でした。

0905-201507_TOSHIO KASHIO MEMORIAL MUSEUM 01

ただ、やっぱり改めてcheap♡と言われてしまうとちょっと複雑な心境です。

確かにアナログも入っていますから、表現としてはcheap CASIOがわかりやすく、また希求力もあるのだと思いますが、改まって「cheap♡」と言われてしまうと、間違ってはいないだけにちょっと複雑な心境です。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。