[かぶ] Farfalla Apple iPad Pro 9.7インチ ブルーライト92%カット 強化ガラス液晶保護フィルム レビュー。今回も安定した完成度。ブルーライトカットについても改めて触れてみます。

ここ最近、タブレット端末を検討していました。選択において一つ欠かせない条件がありました。それが、

Farfalla社製の強化ガラス液晶保護フィルムがあるかどうか

という点でした。以前から当ブログを御覧頂いている方でしたら、私がスマートフォンを含め、可能な限りほぼ全ての端末にFarfalla社の強化ガラス液晶保護フィルムを購入(半分は提供)していることをご存知かと思います。

[かぶ] FarfallaがGorillaになった。ブルーライト92%カットの実力とともにCORNING® GORILLA® GLASS 4を採用したiPhone SE 強化ガラス液晶保護フィルムを改めてご報告。

2016.05.06

それは液晶面の保護というよりもむしろ、指触りの良さだったり、ブルーライトカットといった付加価値的なものに魅力を感じているからです。もちろん一枚ガラスフィルムが貼られている安心感も大きいです。

ただ、タブレットにおいては過去、ZenPadを購入した際に適当にAmazonで選んだガラスフィルムを結局4枚無駄にしていまして(合計で5千円程度)、この種の製品はメーカーによって、また価格によってかなり違いがあることもわかっていました。そんな中出会ったのがFarfalla社です。

細かい経緯は改めて書きたいと思っていますが、紆余曲折の末、今回はiPad Pro 9.7インチを入手しました。早速AmazonでFarfalla社の強化ガラス液晶保護フィルムを購入したのですが、その後で同社より「今回もブルーライト92%カットの0.3mm版が出ますが、試してみませんか?」とお話を頂きまして、ご提供頂きました。

pr-farfalla-ipad-pro-97-01

ということで、半分商品提供レビュー、半分自腹購入レビューとなりますが、恒例のFarfalla社製強化ガラス液晶保護フィルムをレビューしたいと思います。

Farfalla Apple iPad Pro 9.7インチ ブルーライト92%カット [AGC旭硝子使用] [安心交換保証付] [コーティング5時間施工] 強化ガラス液晶保護フィルム 0.3mm (iPad Pro 9.7インチ 92%カット ver.)

今回提供頂いた強化ガラス液晶保護フィルムはこちら。

提供いただいた時点でAmazonでは品切れの状態が続いていたため、今日まで公開を延ばしていました。現時点で確認した限りでは在庫があるようですが、上記リンクから飛んだ先で別のモデルの液晶保護フィルムが表示された場合には、商品ページは間違っていないのですが「在庫切れ」「入荷待ち」で一時的に消えている状態だとお考え下さい。

pr-farfalla-ipad-pro-97-bluelightcut-01

Farfalla製ガラス液晶保護フィルムの「ブルーライト92%カット」について。

Apple製品に限らず、最近はスマートフォン側でブルーライトを軽減させるモードを搭載しているモデルが増えてきました。それらは確かに効果もあるのでしょうし、目への負担も減るのだと思うのですが、色合いがだいぶ変わってしまったり(それでも人間の目はその色合いにすぐ慣れるのが凄いですね)一長一短です。

そんな中、液晶保護フィルムや強化ガラス液晶保護フィルムにもブルーライトカット効果を持たせたものが出てきました。Farfalla社製でも一部のモデル用で「ブルーライトカット」版を別途販売してきました。

[かぶ] 色合いを大きく変えずにブルーライトを92%カットするFarfalla ZenFone Go 強化ガラス液晶保護フィルム レビュー。

2016.05.08

個人的な感想としては、Farfalla社のブルーライトカットは通常のガラスフィルムと2枚を白い紙の上にでも並べてみない限り、ほとんど違いが分かりません。

左がブルーライト92%カットのもの。右が通常のものです。白い紙の上だと若干左が黄みがかっています。

左がブルーライト92%カットのもの。右が通常のものです。白い紙の上だと若干左が黄みがかっています。

では効果がないか、と言われれば、プラシーボ効果かもしれませんが実際目が楽だな、とは感じていました。それをFarfalla社提供とはいえ、実際に効果を表した写真を以前ご紹介したことがあります。

Farfalla製の通常のガラス保護フィルムの場合。特に変わらず、そのまま青い光を通しています。

Farfalla製の通常のガラス保護フィルムの場合。特に変わらず、そのまま青い光を通しています。

Farfalla製のブルーライト92%カットタイプのガラス保護フィルムの場合。怖いくらいくらいに色が違っていて面白いです。

Farfalla製のブルーライト92%カットタイプのガラス保護フィルムの場合。怖いくらいくらいに色が違っていて面白いです。

今回も既に購入済みの通常のタイプのガラスフィルムを既に貼っていたのですが、改めてブルーライトカット版に貼り替えました。

ガイドシールの使い方と、実際に貼ってみての印象です。

pr-farfalla-ipad-pro-97-02

中身は基本的にいつも通りです。写真は通常版。敢えて通常版、と書いたのは、この後で触れますがガラスが若干形が違うためです。左上のピンクのシールが埃取り及びガイド用のものです。

pr-farfalla-ipad-pro-97-03

穴の位置がズレないように、フィルムを剥がす前に一度このガイドシールで仮止めして固定してから、フィルムを剥がして貼るとズレないのですが、これだけ大きいとむしろ普通に貼ってしまったほうが良いかもしれません。

実際私の場合、この3枚ではガラスフィルム自体が大きく重かったため、あまり効果がありませんでした(スマホの大きさであればオススメです)

pr-farfalla-ipad-pro-97-bluelightcut-04

埃だけ気をつければ、普通に置いただけで気泡に関してはほぼ心配することなく抜けます。この辺り、Farfalla製は精度が高い(当たり外れがない)ので信頼しています。

また今回のiPadは最近の2.5Dガラスを使ったスマホと違って縁部分が浮かないため、しっかり端まで覆うことが出来ます。

pr-farfalla-ipad-pro-97-bluelightcut-03

先ほどの写真ではインカメラ部分は穴が開いていたのですが、このブルーライトカット版では穴が空いていません。ただ、個人的にはインカメラにそこまで拘りがない(というよりもシャッター音の耳障りなiPhone、iPadなどのApple製品はカメラ自体全く期待していない)ので特に違いは分かりませんでした。

物事に「絶対」は勿論ありませんが、私の中では毎回安心して選べる定番メーカーの一つです。

製品に「絶対」は勿論ありませんので、人によっては相性が合わずハズレを引いてしまうこともあるかもしれません。実際にAmazonのレビューでも必ず幾つかは評価の低いものもあります。

また、私のように製品提供も度々していただいているような者のレビューは当てにならない、と思われる方もいるでしょうし、その事自体仕方のないことだとは思っています。

ただ、個人的に今のところ、冒頭でも触れたように何か新しい端末を探す(選ぶ)際にはこのFarfalla製の強化ガラス液晶保護フィルムがあるかどうか、というのは私にとっては大きな条件になっていますし、毎回非常に気に入っています。

自分の中で「とりあえず強化ガラス液晶保護フィルムであればここ」と思えるメーカーがある、というのは非常に安心できますし、心強いことだと思っています。

ということで、私にとってFarfalla社というのは強化ガラス液晶保護フィルムに関してはそうしたメーカーであり、現時点で人に勧めるとすればひとまず安心して選べるメーカーの一つだと思っています。

ちなみに、私は端末自体持っていないので試していませんが、既にiPhone 7、7 plus用も販売されています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク