[かぶ] Farfalla Apple iPhone 6 / 6s / plus / 6s plus 強化ガラス液晶保護フィルム 0.2mm / 0.3mm レビュー

[かぶ] Farfalla Apple iPhone 6 / 6s / plus / 6s plus 強化ガラス液晶保護フィルム 0.2mm / 0.3mm レビュー

スポンサーリンク

一昨日レビューしました、FarfallaのASUS ZenFone Zoom ZX551ML 強化ガラス液晶保護フィルム 0.3mmは一部でだいぶ話題になったようで、昨日一昨日だけで2回在庫切れになりました。現在は復活しているようです。

[かぶ] Farfalla ASUS ZenFone Zoom ZX551ML 強化ガラス液晶保護フィルム 0.3mm レビュー

勿論これ以外のガラスフィルムが全て駄目な訳ではないのですが、実際に使い勝手が良く、価格も良心的で加工精度も良い、となると、実際に使っている、ということもあって、このガラスフィルムを現状では薦めます。

ある程度在庫も落ち着いてきたようですので、興味のある方はどうぞ。

そんな中、このガラスフィルムですっかりFarfalla社の製品が気に入ってしまった私は、前回の最後で、

今回のこの強化ガラスフィルムは非常に好印象。提供頂いてのレビューなので参考にならない、と思われる方もいるかもしれませんが、私は次はiPhone 6用のガラスフィルムを買おうかと思っています。

と書いたところ、Farfalla社の脇様がご厚意で今回のお礼と言うことでiPhone 6用のガラスフィルムを送ってくださいました。大感謝です。しかも、iPhone用は0.2mmと0.3mmの2種類があるのですが、両方とも。更に妻が6 Plusなのですが、6 Plus用まで送ってくださいました。

1170-201602_Farfalla iPhone Glass Film 01

今回のZenfone Zoom用のガラスフィルムはテストも兼ねての依頼だったのですが、こちらのiPhone用は既にテストも済んでいるのでお忙しければレビュー等は不要です、と言ってくださいました。

ただ、これだけしていただいて、更に4種類も手元にありながら全くレビューをしないのは私の中でも落ち着きませんので、今回実際の使い勝手を改めてご報告したいと思います。

Farfalla Apple iPhone 6 / 6s / plus / 6s plus 強化ガラス液晶保護フィルム 0.2mm / 0.3mm

iPhone用は6、6sそれぞれの無印、Plus用、更に厚さが0.2mm、0.3mmの計4種類の展開です。付属品等は4種類とも共通です。この辺りはZenfone Zoomなど他のモデルともケースその他は共通にすることでその分コストを削減しているのだと思います。

1170-201602_Farfalla iPhone Glass Film 02

厚さ0.2mmと0.3mmの違い。

今回折角それぞれの厚さがありますので、私のiPhone 6には0.3mm、妻のiPhone 6 Plusには0.2mmを貼りました。私は前回のZenfone Zoomの保護フィルムが好印象で、あの厚みが気に入ったことから0.3mmにしたのですが、妻の分は以前別のガラスフィルムにした時に「何か時々触っても反応しないんだけど」と言われたことがあり、薄めにしておいたほうが良いかな、と思ったのも一つの理由です。

実際に貼ってみると、0.2mmはガラスではない通常の保護フィルムに印象が近くなります。薄いので、薄いシートを貼ったような感じです。(見映えも、実際に縁の部分を撫でてみても)

1170-201602_Farfalla iPhone Glass Film 10

反対に0.3mmはたった0.1mmの違いに過ぎないのですが、しっかりガラスフィルムの存在感を感じます。Zenfone Zoomの時にはほぼ全体を覆うため、多少厚みがあっても気付きにくいのですが、iPhoneの場合はこの後触れますが外縁部分は平面でないため覆わず一回り小さくなるので、若干存在感が出てきます。

1170-201602_Farfalla iPhone Glass Film 05

一般的なiPhone 6/6s用の一回り小さいタイプのフィルムです。

元々iPhone用は縁が平面ではないため、縁部分にはガラスフィルムはありません。そのため見た目上、若干「貼ってる感」が出てしまうのは仕方がないのかもしれません。

1170-201602_Farfalla iPhone Glass Film 03

ただ、以前前面を覆うタイプのガラスフィルムを購入したことがあるのですが、意外と縁の角の部分をぶつけやすいためか、容易にヒビが入ってしまっていたので、純粋なガラスフィルムの場合にはこのくらいの大きさが良いのかもしれません。

1170-201602_Farfalla iPhone Glass Film 08

こちら、妻の1年使ったiPhone 6 Plusですが、特に保護フィルム等を貼らずに使ってきたこともあるのでしょうが、特に角の部分がだいぶ傷が付いてしまっています。ガラスフィルムは確かに傷を(身代わりになって)防いでくれますが、その分縁の部分はヒビが入りやすいので、見映えを考えると一長一短かな、とも思います。

特筆すべきはその表面の滑らかさ。

ガラスフィルムは確かに液晶表面に傷が付くことを防いではくれますが、iPhoneに関しては角の部分は覆わないため、どうしても傷は付いてしまいます。

1170-201602_Farfalla iPhone Glass Film 09

妻の6 Plusは貼る前から既に傷が多いのですが、縁の部分は覆えないため、この部分についてしまう傷は防げません。

ただ、それでは意味が無いかというと、そんなことはなく、このFarfalla社のガラスフィルムの特徴が活きてきます。

1170-201602_Farfalla iPhone Glass Film 11

「コーティング時間を5時間と通常より2.5倍長く行って」作られたというこのガラスフィルムは、確かに触っただけで滑らかさの違いが分かります。私がZenfone Zoomでもこのガラスフィルムを気に入っている大きな理由の一つです。

実際に貼った後にすぐ妻にも使ってもらったところ、いつもこうしたことには大して反応しない妻が「これ、触った感じが気持ち良いね」と喜んでくれました。確かに滑らかです。

もちろん滑らか過ぎると使いにくい、という方には却ってお薦めは出来ませんが、通常の何も貼っていない状態での何となく指が引っかかるような感触が気になる方にはお薦めです。

加工精度も良いのか失敗も少なく、また粘着力もあり、安心して使えると思います。

私、ガラスフィルムは結構失敗が多く、毎回何かしら失敗したり、貼り直そうとして悪化させたり、そもそも最初の時点でピッタリ貼ったつもりが加工精度が悪いのか最初からどう貼ってもムラが出来たり、とあまり相性が良くありません。

ところが今回のこのFarfalla社のガラスフィルムに関しては、3台とも上で位置を合わせて置いただけで、すーっと表面が吸着していき、ムラも気泡も埃も挟まりませんでした。これほどアッサリといくとは思いませんでした。

ただ、最初にある程度しっかり位置決めをしないと一度全面吸着すると、貼り直そうとする際に剥がれにくく、無理矢理力を入れると割れてしまいそうで不安になってしまいそうなくらいです。実際は全く問題ありませんでしたが。その点、一度貼ればしっかり付いてくれるので安心とも言えます。

1170-201602_Farfalla iPhone Glass Film 06

数あるガラスフィルムの中では個人的にお薦め出来るメーカーの一つです。

これは繰り返しますが、提供いただいたからだけではなく、実際にZenfone Zoomのレビュー後は(全く提供いただけるとは考えてもいないので)妻と私の2台のiPhone用を普通に注文するつもりでした。実際に対応機種が多く、過去のモデルもあるのが頼もしいな、とも思います。

しばらくは機種変等は考えていませんが、もし次にスマホの機種変をし、その際にガラスフィルムを検討するのであれば、真っ先に候補の一つに入れたいメーカーだと素直に思います。

Zenfone Zoom用はこちら。

[かぶ] Farfalla ASUS ZenFone Zoom ZX551ML 強化ガラス液晶保護フィルム 0.3mm レビュー

*リンク先は複数のモデルが一つのページにあるため、在庫切れの場合には一時的に表記が消えている場合がありますが、ご了承ください。現時点であれば、売り切れても少し待てば在庫は復活すると思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。