[かぶ] 【PR】Qtuo USB2.0 CD-RW/DVD-RW外付けポータブルドライブ レビュー。長さ30cmの直付けケーブルの好みを除けば、手元に一台あると便利な低価格ドライブです。

[かぶ] 【PR】Qtuo USB2.0 CD-RW/DVD-RW外付けポータブルドライブ レビュー。長さ30cmの直付けケーブルの好みを除けば、手元に一台あると便利な低価格ドライブです。

スポンサーリンク

最近では音楽、動画ともにインターネットでの配信が普及してきましたし、アプリ等も基本的にネットから最新版をDLするのが一般的になりました。そのため、以前に比べると出番も少なくなってきたのではないか、と思われるのがCD/DVDドライブです。

とはいえ、映画はDVDで、という方もまだまだ多いでしょうし(我が家もレンタルは今も利用しています。)、思わぬ時に「あ、DVDドライブが無い・・」と焦ることも時々あります。

高品質高性能多機能のモノは必要ないものの、手元にとりあえず一台は置いておきたいもの。ポータブルのCD/DVDドライブってそんなアイテムかな、と思います。

前回のワイヤレスマウスに続いてQtuo社の担当の方から商品提供レビューの依頼を頂きましたので、早速レビューをしてみたいと思います。

Qtuo USB2.0対応 CD-RW/DVD-RW外付けレコーダー/プレイヤー ポータブルドライブ Windows/Mac両対応 薄型

今回提供頂いた商品はこちら。

最近はレビュー依頼を数多くいただくようになりました。そうした中では前回のマウス同様、ポータブルのCD/DVDドライブというのは珍しいです。ただ、受けてはみたものの、こうした商品は意外と評価が難しいな、と感じました。

特色が出しにくい分、突出した魅力や弱点というものも見つけにくい。更に冒頭でも触れましたが、「手元にとりあえず一台は置いておきたい(あると助かる)」ものは、しっかりこだわって選ぶ、ということも少ないからです。どうしても価格優先になりやすい。

今回の商品もAmazonでの実売価格が2,000円。こだわりがなければこれで十分です。ただ、実際に注文もついつい「後回し」になってしまいそうです。けれど、無いと意外と困る。悩ましい存在です。

ケーブル直付けは無くす心配はないものの、替えが効かず意外と邪魔。

簡易の箱に入っているのはこの本体と説明書のみです。

PR-Qtuo-Portable-DVD-Player-01

シンプルでコストを抑えているのはこのような商品としては好印象です。

PR-Qtuo-Portable-DVD-Player-04

その中で今回選択の際の一つのポイントになりそうな点が、この直付のUSBケーブル(USB2.0対応)。直付けの分、必要な時にケーブルが無い、といったことがなくなるのでありがたくもあるのですが、その分自由が効きません。

例えば持ち運び時にはケーブルがむき出しのため、何かしらポーチなりケースに入れるなりして多少は気を使わないと、一緒に入れているものを傷つけてしまったり、反対に他のモノに引っかかって、ケーブル自体が傷んでしまう可能性があります。

PR-Qtuo-Portable-DVD-Player-03

他社の商品の中には底面部分にケーブルを簡単に収納するような窪みがあったりするものもあるのですが、このモデルにはありません。

また、ケーブルの長さが若干短め(30cm)なことは、MacbookなどラップトップPCで使われる(これが一般的とは思いますが)場合には長さが邪魔になりませんが、デスクトップPCで急に使いたい、という際には延長ケーブル等が必要になるかもしれません(デスクトップPCで使うには若干短い)

ある程度自分の中で「どういった際に必要か」を予めイメージした上で選ぶ分には実売2,000円程度という価格を考えれば割りきって使えるので気にはならないかもしれませんが、念のため確認しておきましょう。

ドライバ等不要で挿すだけですぐ認識して使えます。

USB端子に挿せばすぐ認識。この辺りはこのモデルだからどう、という点もありません。前面のイジェクトボタンを押せばトレイが開閉します。

PR-Qtuo-Portable-DVD-Player-05

箱から出してすぐ繋ぎ(接続しただけでは特に前面のランプは点灯せず、CD/DVDを挿入してアクセスが始まると点滅し始めます)、トレイを開けたのですが、

PR-Qtuo-Portable-DVD-Player-06

さり気なく中に埃の塊が残っていたのは愛嬌です。この辺りのチェックまで厳重にするのであれば、とてもこの価格では提供できないのかもしれません。

読み込み時の回転・振動音が気にならなければ、それ以外は至って普通のポータブルドライブです。

PR-Qtuo-Portable-DVD-Player-02

現在自宅のデスクトップPCで使っているDVDドライブも同様なのですが、データ読み込み時にどうしても回転音・振動音がしてしまいます。今回のこのポータブルドライブは価格を考えると十分に控えめではあるのですが、それでも回転時の唸るような振動はあります。

この辺り細かくこだわっていくと結局これらのドライブもコストが跳ね上がってしまうのですが、例えば音楽CDを再生する際にも(速度は必要ないわけですが)等速でもやはり常に振動し続けるのは意外と気になるものです。

最近ではすっかりネット配信で音楽を聴くことが多くなってしまったので、CD再生時の回転や振動なんて気にしたこともなかったのですが、意外と気になるものですね。

例えばプレゼンなどでDVDを再生しなければならない、といった場合に便利なポータブルドライブですが、静かな場所ではそれなりに気にはなりますので、その分スピーカーを良い物にして音で誤魔化す、といった対策も必要だなぁ、と思いました。

ただ、これらはポータブル、据え置き限らずどのドライブも大なり小なり抱える悩みでもありますので、常に使うのでなければそれ以外の点では特に気になる点もなく、USBから給電してくれますので他にアダプタ等も必要ありません。デザインもシンプルで組み合わせて浮いてしまうこともないでしょう。価格を考えれば十分に満足できるドライブではないか、と思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。