[かぶ] 【PR】Anself ミニ USBムーンライト カップ エアーディフューザーアロマミスト レビュー。惜しい点もあるけれど、使い勝手は悪くないかも。

[かぶ] 【PR】Anself ミニ USBムーンライト カップ エアーディフューザーアロマミスト レビュー。惜しい点もあるけれど、使い勝手は悪くないかも。

スポンサーリンク

ここ最近は当ブログの話題は8割方Chromebook関連となっていますが、少し前までは8割方製品提供レビューで埋まっていた時期もありました。ということで、今回は久しぶりの製品提供レビュー、自分でも新鮮な気分です。

今回はAnself様より依頼を頂きました。一応「加湿器」に属するようなのですが、使ってみての印象はラップトップPCなどにUSB接続して使う簡易のアロマディフューザーのような感じです。

アロマディフューザー自体は既に幾つかのメーカーの製品を試してきているのですが、意外とコンセントに繋ぐのが面倒なのと(プラグを一箇所占拠してしまいますし)水の入れ替えなどが億劫で、一時的には使うもののなかなか使い続けることは多くありませんでした。

今回の製品は非常にコンパクトで更にUSBケーブルを繋いで使えるタイプです。果たして使い勝手はどうなのでしょうか。早速レビューをしていきたいと思います。

Anself ミニ USBムーンライト カップ加湿器 エアーディフューザーアロマミスト メーカーアトマイザー ホーム オフィス 清浄器 LEDナイトライト付き

今回提供いただいた商品はこちら。

今回惜しいな、と最初に感じたのが、箱も説明書も英語(説明書は中国語も)のみという点です。

使用方法自体は大して複雑ではないのですが、せめて簡易のマニュアルでも良いので日本語で用意してくれるだけで印象が変わるのになぁ、と思いました。

タンク容量は110ml。水を入れて準備するのが若干手間。

というのもですね、これが実物なのですが、

どこから水やアロマオイルを入れてよいのか一瞬分からないのです。一応英語の説明書を読む限りでは「何となく強引に持ち手を外している」印象がありましたので

パキッと一瞬不安になるような軽快な音を立てて外れました(2回めからは音はしなかったので、最初だけ固かったのかもしれません)。そうなんです。これ、水を入れ替えるたびに毎回、この部分を外さないといけないのです。さらに

上のグリーンの部分の蓋は回して外すようになっていまして、まぁこぼれにくいのが魅力とも言えるのですが、タンク容量自体が110mlしかなく、毎時25ml〜30ml吹き出るようなので、3〜4時間で無くなります。(実際には3時間で自動オフになります)

まぁ容量が容量なので、何回にも渡って中に入れた水を使いまわすようなことはしない(そもそも水が腐りますし)とは思うのですが、この点もう少し簡単に取り外しが出来ると良いのになぁ、と思いました。

電源はUSBケーブルから。バッテリー等は無いので、使う際には常時接続。

使用時には付属のMicroUSBケーブルを本体側に挿し、

USB-A端子をPCやモバイルバッテリー、充電器などの端子に繋ぎます。(コンセントプラグ等は付属せず)

ケーブルの長さはそこそこあるのですが、私がこのアロマミストを使いたい場所の周りに最適なUSB端子が無かったので、ThinkPad 13 Chromebookに繋ぎました。

ちなみにラップトップの場合はスリープ時には給電されない場合にはこのアロマミストも当然ながら止まります。

アロマミストということでそれなりに電力を使う、ということだとは思うのですが、このケーブル配線が意外と面倒なんです。冒頭のようにラップトップ使用時に気分転換も兼ねたアロマディフューザー、アロマミストとして使うような場面を想定しているのだと思うのですが、バッテリー内蔵で充電可能だったらもっと使い勝手が良いのになぁ、とこの製品に限らずいつも思います。(加湿器、アロマミストとなると難しいのでしょうね)

毎時25〜30mlながら、ミストはしっかり吹き出します。加湿までしているかどうかは難しいところ。

ミストは結構吹き出してくれます。明るいところでも十分に目に見えるくらい。ラップトップのそばに置いていると、液晶の前をミストがうろちょろしますので、この辺は好みが分かれるかな、と思います。

あと、何分かに一度、突然ミストが止まって、10秒ぐらいするとまた吹き出すのは仕様でしょうか。

操作自体はシンプルです。右の太陽マークがLightモードの切り替え。1回押すと(説明書ではWhite Lightと書いてあるのですが)青い光が点きます。もう一度押すとムードランプということで、次々と色が変わります。

ちょうどこの外箱のような色合いに次々変わっていきます。結構色が「真っ赤」だったり、と強めの光なので、個人的にはもう少し淡い感じが好みでした。悪くはないんですけどね。少し忙しないので、普段は私は1回押した状態(常時点灯)モードにしています。あと、この上の写真、USBケーブル繋いでないけど、繋がないとミスト出ないので、ちゃんと繋いだ状態にして欲しいなぁ。イメージだいぶ変わりますよ、ケーブル繋ぐと。

アロマオイルを垂らすとそれなりにしっかり匂いが漂ってくるのですが、ではこれが製品名、ジャンル通り「加湿器」に属するのか、というと難しいところ。今まで幾つかこの種のアロマディフューザー(兼加湿器)を使ってきましたが、加湿器としてそれなりに期待できるものって、やはりそれなりにタンク容量も大きくなるので。110mlだと何となく頼りない感じはします。ミスト自体はかなり吹き出してくれるんですけどね。

水の交換の手間はあるものの、USB接続は好印象。ラップトップPCでの作業のお供に。

水の交換の際に毎回分解しなければいけないのは少々面倒なのですが、それ以外は使い勝手は悪くありません。水を入れるカップ(タンク)部分だけを持ち歩けるので、菌が繁殖しないように水の交換の際に洗うのも簡単です。(本体一体型だと本体ごと洗面所等に持っていかないといけないので億劫になってしまうんです)

ミストの吹き出し量自体は十分なくらいです。ライトも付いて見栄えは悪くないですし、USB接続はコンセントの場所に縛られないのとコンセント自体を占拠しないので好印象なのですが、ちょっとケーブルが不格好かな、というところです。

単に黒のThinkPadとの色の組み合わせが悪いだけかもしれませんが。

価格が1,500円前後と比較的手頃なのは良いかな、と思います。最初に分解したときには「これ、面倒で果たして使うかなぁ」と心配だったのですが、その後も意外と使う機会が出てきているので、個人的にはそれなりに気に入っているのだと思います。

こういうコンパクトなアロマディフューザー(アロマミスト)もありかな、と思っています。

ちなみに替えの芯も付属しています。ただ、いつ頃交換すれば良いのか、ちょっと分かりにくいのが残念。やはり簡易でも良いので日本語マニュアル欲しいなぁ。せめて製品ページにもう少し詳細な説明を載せて欲しいな、と思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。