[かぶ] 昨夜の便で妻がイラクに向かいました。

[かぶ] 昨夜の便で妻がイラクに向かいました。

スポンサーリンク

国内がコートジボワール戦一色だった先週末ですが、私たち夫婦は観戦する余裕もなく、バタバタと松本に一泊、昨日戻ってきた足で妻は成田空港に行きました。

妻の今回の活動内容については、これから妻自身が自分のブログに上げていくようなので、そちらも見て頂けると嬉しいです。

世界ぐるぐる

イラクの状況。

イラクの治安に関しては、昨日妻が受け取った時点では、

海外安全ホームページ: 危険・スポット・広域情報

slooproimg_20140616173721

妻の向かうアルビルは大使館の危険情報では他地域と違い、「渡航の是非の検討」レベルです。バクダッドは大使館以外の法人は国外に退避しているものの、アルビル(エルビル)は民間企業は国外に退避し、JICA一部スタッフやNGOスタッフは滞在しているそうです。

こんな時によく言われるのが…

妻が年に何回か、イラクやチェルノブイリに行くこともあり、結婚前からよく言われるのが、

「危険じゃないの?」
「止めたほうがいいんじゃない?」
「心配じゃないの?」

といったこと。そりゃ、心配です。慣れた、とか、平気、とか思われがちですが、何回行こうが、慣れるもんじゃありません。(この感覚はうまく表現出来なくてもどかしいですが)

一般的に、海外に医療支援に行く、となれば、例えばイラク、と言われても、イラク戦争のイメージも含め、危険となればイラク全域が危険極まりない状況だと思われがち。私もこれだけ妻がイラクに関わっていても、未だにどの程度危険で、安全なのか、掴めていません。

そして、事件や事故、拉致、人質事件などが起これば…

そんな時に行くのが悪い。危険に対する認識が甘い。自己責任。色々言われますが、正直、そう言ってる人たちより余程警戒に警戒をして、危険を認識した上で、かなり下調べした上で向かうかどうか判断しています。勿論そうでない人もごく稀にいますし、危険と分かっていた上で、それでもリスクを取った結果、日本国民はじめみなさまに多大なるご迷惑をおかけしてしまった人も勿論います。でも大半のこういう活動をしている人って、かなり慎重です。

今回もイラクの中でもクルド人の地域とその他で全く違うことや、アルビル周りの情報も含め、何度も何度も確認と現地スタッフとの連携を取りながらギリギリまで様子を見るわけです。

また、今後状況がどう変わるか分からず、場合によってはこのまま帰りの便が飛ばないかもしれない。その場合はどう出国するのか、そういったこともしっかり想定しているんです。

でも、何か起これば…

やっぱり非難されちゃいます。まぁ、非難より何より、家族にとっては辛い以外の何ものでもありません。責めますよ、家族は。自分自身を。行かせたこと含めて。

勿論そういうこと含めて、海外で何かすることって、リスクが沢山あるわけですが、最近は妻が行くのであれば、同じように充分に知った、調べた上でなければ、いい加減な、適当なことは、言うのはやめようと思っています。パートナーが、どういう状況なのか以前に、アルビルがどこにあるのかすら知らずにイラクだから危ないから止めろ、じゃ、妻としても悲しいし、寂しいと思うので。

今回のこと、よく知らない方からは、イラク行っただけで眉ひそめられたり、色々言われるかもしれませんが、とりあえず、そういう状況ではなく、いま、どういう状況なのか、ということも含めて、私も妻からの連絡を待ちながら、自分の思うことや考えていることを書いていきたいと思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。