[0824-201506] 私の母艦の中のポーチ – 黒は充電ケーブル一式です。

[0824-201506] 私の母艦の中のポーチ – 黒は充電ケーブル一式です。

スポンサーリンク

前回、私の一日は母艦であるhartmannの鞄からその日使うものを選ぶところから始まる、と書きました。
[0823-201506] 私の災害用非常袋は、旅行かばんでもあり、日常の母艦です。
鞄の中身はこれからも状況によって変わっていくでしょうし、お財布や貴重品を晒しても晒す方も見る方も何の役にも立ちませんので、これから数回に渡って、それ以外の色別のポーチで分類して日々持ち歩いているグッズについてご紹介したいと思います。
0824-201506_My Goods 01
基本的には各分類毎に、このポーチに入り切らない場合は、既にポーチの中に入っている何かが無駄か、新たに入れようとしているものと機能がダブっているか、もしくは新たに入れようとしているモノ自体がそもそも要らないか、のどれかだと思っています。
なんでも「念のために」入れていると、結局何が入っているのか分かりませんし、わからない、把握できていないものは存在を忘れていますから全く使われなくなります。そうした点ではこのポーチの大きさというのは今の私にとっては絶妙なんだと思います。

黒のポーチはデジタル関連のケーブル類一式です。

0824-201506_My Goods Black 01
ケーブル類って各社ホント統一してくれればもっとコンパクトにまとまるのになぁ、といつも思います。そして結構嵩張るんですよね。ただ、スマホからChromebook、デジカメまでケーブルを使うものは非常に多いので、結局ポーチ一つがこれになっています。
持ち歩く時ばかりではないかな。近場の場合ですと、また後でご紹介するオレンジのポーチで済ませてしまうことも多いです。

今入っているのはこんなものです。

0824-201506_My Goods Black 02
ケーブル類はオウルテックの結束マジックテープで束ねています。束ねないと結構嵩張るんですよ。絡んだり。

値段が手頃なことと、それなりにしっかりまとまってくれること、色別に分けやすいので気に入っています。

左2本のケーブルはAnker製の高耐久ナイロンMicro USBとLightning

ここ数回取り上げた、Ankerの高耐久ナイロンケーブルはどちらも入れています。家にまだストックもあるのですが、朝ここから取り出して充電に使うことも結構多いです。普段から使っていないと不具合にも気づきませんし。
[かぶ] Anker® 高耐久ナイロン Micro USB ケーブルは我が家のケーブルを全てこれに換えたいくらい久しぶりに気に入った一本でした。


[かぶ] 改善版 Anker® 第2世代 高耐久ナイロン ライトニングUSBケーブルが到着。

あ、Apple Watch用の充電ケーブル入れるの忘れた。それ入れてちょうどです。それでもまだ余裕は充分にありますが。

右の嵩張り気味のアダプタがChromebook c720用。

これ、ホントもう少しコンパクトにならないかと思うのですが、仕方ありません。一日使う分にバッテリー自体はほとんど不安はないのですが、帰省する際、旅行の際などにはやはりないと不安です。
これ、自宅にも常備しておきたいので探してみたところ、純正ではありませんが販売されているんですね。


私の使っているc720の型番がC720-2848なのでこれになるようですが、他の型番のものもありました。興味のある方は調べてみるとお持ちの機種の互換代用電源が意外と見つかるかもしれません。
近々ひとつは買っておきたいなと思っています。

中央上は海外用プラグ、下はデジカメ用の充電器

普段から海外に行く機会が多いわけではないのですが、必要な時にないと困ることが多いので、嵩張るものでもないので常に入れています。

デジカメは今もRICOHのGRD3を使っているのですが、バッテリーもそろそろヘタってきているので予備を買っておいたほうが良いかな、と思っています。

純正品が良いのですが、値段と寿命を考えるとこの辺りの互換バッテリーも検討中です。

この辺りは最近のMicro USBなどでも充電できるタイプのほうが便利だなぁとは思っています。バッテリーの問題はもちろんありますが。各社統一してくれれば本当に助かるのですが。

Anker 36W 4ポート USB 急速充電器はコンセントさえあれば嵩張らず直挿しできるので便利


Ankerといえば5ポートや6ポートの急速充電器のほうが愛用者は多いかもしれませんが、自宅でのみ使うなら別として、私のようにそこまで充電するものが多くなく、常に持ち歩きたい人間には4ポート、更にケーブル等嵩張る部分がなくコンセント直挿しができるこのタイプのほうが便利です。
[かぶ] Anker® 36W 4ポート USB 急速充電器とIMMEDIA 6ポートAC/USB急速充電器を比べてみた。
ただ、日帰り近場などの時にはほとんど必要ないので、その際にはオレンジのポーチに入っているモバイルバッテリーで済ませてしまいます。黒ポーチは比較的宿泊も兼ねた予定の際によく使うケーブル類がメインになっています。
さり気なく横に見えているのは、HDMI-VGA変換ケーブルです。先日Chromebookでトークイベントを開催した際に、プロジェクターがHDMIに対応しているか心配だったので、その際に注文、そのまま常に入れています。

Chromebook自体がAcerなので、気分的にAcer製を選びました。

毎日使うものなので、不要なものから無駄なものまで比較的早く分かるのが便利です。

どれも毎日使うものなので、気づきやすいんですね。無駄に。なので、ここで並べたものも、今日の時点で入っているものですが、デジタル関連のものは日々変わっていくので、その都度その場で入れ替わっていくこともあると思います。これ以外にもあると便利だなぁ、と思うガジェットその他も幾つかありますし(買ってないだけ)。
そうしたモノが増えてくれば、その分中身を整理していく必要があります。あくまで基準はこのポーチの大きさです。これを超えると際限が無くなっていきますから。
そして、他の物にも言えるのですが、あくまでギリギリまで削減するのではなく、気持ちよく毎日気負わず使えることが前提になっています。その分、例えば他に軽かったりスリムなものが合ったとしても、今あるもののほうが気に入っていれば多少嵩張っても重くてもそちらを選ぶようにしています。
その分、どこかでバランスを取るようにしていけば良いと思うので。
私はシンプルは好きですが、別にミニマリストでも何でもありませんので。毎日気持ちよく楽しく使えるのが一番です。衝動買い多いですしね。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。