[革小物] 国立商店 ヌメ革xパラフィン帆布ポーチは定番化して欲しい、使い勝手の良い商品です。

[革小物] 国立商店 ヌメ革xパラフィン帆布ポーチは定番化して欲しい、使い勝手の良い商品です。

スポンサーリンク

いつもお世話になっております、国立商店。現在愛用しているChromebookZenBook 3にはこちらの「職人が作るレザースリーブ」シリーズを使っています。

ASUS ZenBook 3と国立商店製「職人が作るレザースリーブ」(多少大きさを細工しています。)

今回は「マンスリースペシャル」として、同社のオリジナルのヌメ革とパラフィン帆布を組み合わせて作った「ヌメ革xパラフィン帆布ポーチ」が限定で販売されました。あっという間に売り切れてしまったようですが、現在追加生産を調整中のようなので、このタイミングで使い勝手などを簡単にご紹介したいと思います。

国立商店 ヌメ革xパラフィン帆布ポーチ(オリーブグリーン)

こちらの商品は同社が販売している前述の「職人が作るレザースリーブ」などを作成する際に切り出した残った部分の革を使い、パラフィン帆布と貼り合わせて作ったポーチです。

同社のレザースリーブのスペシャルエディションで用いられるヌメ革とパラフィン帆布を貼り合わせたポーチです。

大きさは約185mm x 135mm、重さは約72g。ちょうど身の回りのモバイルバッテリーやケーブル等々をまとめる少し大きめ(一応小型ですが)のポーチが欲しかったところでしたので、発売前からチェックしていました。予め「再入荷通知依頼メール」に登録、メールが届いてすぐに注文しました。(現在追加生産の調整中ということですので、気になる方は同様に登録をお勧めします。)

国立商店製 職人が作るレザースリーブ for iPad Pro スペシャルエディション

スペシャルエディション用のヌメ革は以前iPad Pro用のレザースリーブで購入していて、既に使ったことがあるのですが、あちらは薄さもあってかフンワリとした柔らかさがとても気に入っていました。

柔らかいのですが、厚みもあるためか、全体的にしっかりした肌触りです。

それに比べると今回の革は個体差もあるとは思うのですが、比較的しっかりとした肌触りです。背面(裏地ではなく)のパラフィン帆布との組み合わせもあってか、扱いに慎重になるような繊細な印象はありません。

背面のパラフィン帆布。撥水加工された帆布のことで、使い始めはやや固くごわごわしているそうです。

背面のパラフィン帆布(撥水加工された帆布)は使い始めということもあり、まだ固くごわごわした感触がありますが、使っていく内に擦れてあたりがついたり、折り目にチョークマークという白い線が浮き出たりするようなので、これから使い込んでいくのが楽しみでもあります。

早速持ち運びたいものを入れてみました。思った以上に入ります。

モバイルバッテリー、ケーブル、モバイルルーター、通常サイズのワイヤレスマウスを試しに入れてみました。

モバイルバッテリーや充電ケーブル等を入れる程度の小さなポーチというのは幾つか持っていたのですが、今回出来たらいいな、と考えていたのは、自宅でも併用しているロジクールのワイヤレスマウス「MX Master」をこれに入れて持ち歩けないか、ということでした。

携帯性重視というよりも手へのフィット感を重視させてか、大きさだけでなく形も含めコンパクトではないこのマウス、ただ使い勝手は非常に良好で、同時に3チャンネルまでペアリングして切り替えて使えるので、自宅だけでなく、出先での細かいマウス操作が必要な際にも重宝していました。今まではこれを裸のまま鞄に放り込んでいたのですが、その内傷付いたり衝撃で調子が悪くなったりしないか不安だったのです。

また、最近使い始めたモバイルバッテリー、「Anker PowerCore Fusion 5000」や


出先でのテザリングに欠かせないモバイルルーター「MR05LN」も入ったらいいな、と少し欲を出したのですが、

しっかり入ってしまいました。

この写真だと入ることは入るけれど、ファスナー部分が閉じなそうな印象ですね。(閉じました)

少々マウスの縦がギリギリでして、最初閉じる時にマウスの先端がファスナーに引っかかり気味だったのですが、そこは流石にポーチ自体に柔軟性があったおかげか、何回か開け閉めを繰り返している内にスムーズに閉じるようになりました。

最初はマウスの先端がファスナー部分に当たりそうで、閉じるか心配でした。

これだけ入れてもキツさは感じられず、比較的スムーズに出し入れが出来るのはありがたいです。

ヌメ革自体が柔らかいので、この辺りの懐の深さは流石です。形に合わせてあたりがついてきそうですね。

入れてみればそこはヌメ革と帆布、しっかり中に入れているモノに合わせて柔軟に形を変えてくれるので、無理矢理押し込んでいる感じにはなりません(ちょっと写真では強引に入れている感じに見えるかもしれませんが)。これは気に入りました。

価格も手頃なので、追加生産されたら色違いでもう一つ欲しいかも。

中には小さなポケットも付いています。ポーチ自体シンプルなだけに色々な使い方が出来そうな点も魅力です。

ポーチとしての形も手頃で、私の好きなヌメ革と帆布の組み合わせ。ちょうど身の回りのモノとの相性も良さそうです。ヌメ革という点では同じ革、同じ国立商店製のレザースリーブを多用していますし、

今回のポーチの帆布側の色(オリーブグリーン)はブライドルレザーの色(ブリティッシュグリーン)と合わせたかったので選びました。

また最近ほぼ持ち歩いているGaston Luga(ガストン・ルーガ)の”Pråper(プローペル)”も同じキャンバス地ということで相性も良さそうです。

人生細く長く生きても100年です。世界には73億人が住んでいます。それだけいれば、理想の人や理想の友人というのは確かにいるのかもしれません。けれど、すべての人と出逢い、関係を結ぶには人生はあまりに短い...

未だに会う人毎に「素敵な鞄だね」と褒めてもらえる、Gaston Lugaの ”Pråper(プローペル)”

これは大変に気に入りました。再生産、再販売が始まったら色違いでもう一つ注文したいな、と本気で考えています。価格(税込
\3,542-)が手頃なところも嬉しいです。気になる方は商品ページの「再入荷通知依頼メール」に登録しておくことをオススメします。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。