[かぶ] 事前の電池残量と通信環境の確認はお忘れなく。Chromebookオフ会@浜松20180113

[かぶ] 事前の電池残量と通信環境の確認はお忘れなく。Chromebookオフ会@浜松20180113

スポンサーリンク

今月2回目のChromebookオフ会に参加してきました。今回は中部地方方面のChromebookユーザーが集まる浜松オフ会です(といっても地元静岡県在住は主催のうぃるさんのみ)。私も実家が静岡県(掛川市)ということもあり、これは参加せねば!と昨年より思っておりまして、お誘い頂きました。ありがとうございます。

当日参加された方は5名。

って、私だけ名前の後に「@〜」が付いてないな。何かつけようかな。「おふぃすかぶ.jp@おふぃすかぶ.jp」とか。くどいか。ということで、こうして振り返ってみると皆さんブロガーかそれに類する方々でした。これも今まで参加したChromebookオフ会としては珍しいかな。ちなみに皆さん繋がりはTwitterでしたので、連絡等々もTwitterのDMで行いました。

イタヤマチカフェにて

食事の写真が一つもない、おふぃすかぶです。
イタヤマチカフェ

場所は浜松のイタヤマチカフェの個室をうぃるさんが予約してくださいました。食事も美味しく、またなかなか雰囲気のあるお店で、普通にランチ等で寄るのにもオススメです。今度妻と帰省したときにはまた行ってみようかな。

私はうぃるさん以外は実際にお会いしたことがなかったのですが、毎回Chromebookオフ会に参加して感じること。皆さんとても温かく、良い方ばかりで、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。また、Chromebook好きという点は共通していても、毎回興味関心のある対象やテーマが全く違って面白いな、と。その時々の話題に皆さん普通に盛り上がれるのは、ある程度趣味や好みの方向性が似ているのかもしれませんね。今回は特にハードウェア面に食いつく方が多かった印象でした。

タケナカナミさんとSamsung Chromebook Plus

タケナカナミ(@blancoo_house)さんがSamsung Chromebook Plusをタブレットモードにしてペンを走らせている姿。
タケナカさんのハードウェアを見る目は素人には真似出来ない、とても鋭く真剣で、また温かいものでした。

今回はタケナカナミ(@blancoo_house)さんのGoogle Chromebook Pixel 2015、私のGoogle Pixelbookをはじめ、Samsung Chromebook PlusやAcer Chromebook R13、ASUS Chromebook Flip C101PAとどれもChromebook好きにはたまらないモデルだったこともあり、反応が非常に大きかったです。

タケナカナミさんとSamsung Chromebook Plus

これは別にプレゼンをしている訳ではなく、タケナカナミさんがSamsung Chromebook Plusの本体縁周りの仕上げを真剣に見ている姿です。

タケナカナミ(@blancoo_house)さんの写真が多いのは、何かやましい気持ちがあるからではなく、タケナカナミさんから顔の写っている写真の掲載を許可して頂いたからです。他の方のハードウェアに盛り上がっている姿(Pixel 2015の4色に光るところを見て盛り上がっている姿など)も撮ったのですが、

タケナカさんのGoogle Chromebook Pixel 2015

タケナカさん愛用のGoogle Chromebook Pixel 2015。もう質感がまったく違いました。これは素晴らしい。
この緑色に光っている部分が、起動時は4色に光り、また軽く本体をタップすると現在のバッテリー状態を色で教えてくれます。

https://house.blancoodesign.com/chromebook-pixel2015/

基本的には他の皆さんは顔出しNGなので、全員顔にモザイクかけて載せたら変でしょ、ということで。タケナカさん、掲載許可ありがとうございます。ブログに華が出ました(実際素敵な方でした)。というか、手元だけ撮れよ、というツッコミもありそうですが、ごめんなさい。そこまで意識が回りませんでした。

団子さんとSamsung Chromebook Plus

私のPixelbook Penの電池が切れまして、そんな時に団子(@S_dango)さんがAmazonで単6電池を調べて、テントモードにして教えてくれているところ。こうした場面でテントモードは非常に便利ですね。

ここで私は先日届いてブログでもレビューしたばかりのi7版Pixelbookを満を持して取り出したのですが、実際に試していただいているのを横で眺めていて違和感を感じましてなんだ、この重さは。

速いです。 というか、速いとかそういうこと既に感じなくなってしまう感じです。このモデルの速さに感動する、というよりも、むしろ自分のタイピング速度やタッチパッドの操作の不慣れや通信環境からくるモタ...

悲しいくらいにモタツクんですよ。多分、あまりに遅くて実際に触られた皆さん、衝撃の速さだ快適だ別世界だ云々以前に「?」が頭の上にいくつも付くくらい、ピンとこなかったと思います。

ごめんなさい。帰りの新幹線でようやく気がついたのですが、私が当日持ち歩いていたモバイルルーターに挿さっていたSIMが行きの新幹線で既に今月の容量オーバーしておりまして、

通信速度制限かかって「低速モード(200kbps)」になっておりました。

実際には、今この文章は出先からMVNOのSIM(DMMモバイル)で繋いでいますが、遅さが気になることはありません。ただ、通信時間帯によっては、多少表示に時間がかかることもある。それって、それ以外の作業が全くラグがないだけに、ちょっとしたモタツキ(通信速度からくる)が変に目立ったしまうんです。

自分で前回書いてたじゃん‥よりによって時間帯じゃなくて速度制限って、ダメダメでしょ。

しかもですね、先程の画像で少し触れましたが、Pixelbook Penの電池(単6)が切れる直前でして。

ちゃんと電池交換してから持ってくれば良いのに、これじゃ使い勝手も何も分かったもんじゃありません。せっかくPixelbookもやる気満々だったのに、持ち主がこの体たらくではどうしようもありません。ごめんよ、Pixelbook。

でも、そんな中でも僅かに最後の力を振り絞って少しだけ動いてくれまして、タケナカナミ(@blancoo_house)さんからお褒めの言葉を頂けたので、一応一矢報いたか。ごめんね、これからはちゃんと電池と通信量は予めチェックするから

うぃるさんとSamsung Chromebook Plus

今回も大変楽しい時間を過ごさせて頂きました。ありがとうございます。

ということで、帰りの新幹線の中では結構凹んでおりました。

これで年末から3回目のChromebookオフ会参加となりましたが、毎回まったく話題も盛り上がり方も違って、しつこいようですが人の数だけChromebookの楽しみ方があると改めて感じました。

また、単にChromebookの話題に留まらず、そこから共通の趣味を持つ者同士、様々な話題へと膨らんでいくのも嬉しいですね。

うぃる(@will09292359)さん、なんのご縁か昨年末からこれで3回お会いしていますが、毎回楽しい時間をありがとうございます。浜松オフ、参加出来て良かったです。また、今回参加された皆さん、本当にありがとうございます。皆さん、またお会い出来たらいいな、と思う方ばかりでした。

また、私自身も実家が静岡県ですし、度々帰省しますので、その折には静岡周辺の皆さんでまたお会い出来たらいいな、と思っています。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。