[かぶ] Lenovo N23 Yoga Chromebookは新鮮さはなくとも手堅くまとまった良モデルの予感。

[かぶ] Lenovo N23 Yoga Chromebookは新鮮さはなくとも手堅くまとまった良モデルの予感。

スポンサーリンク

ここ数日、Lenovoが発表した新作Chromebook、N23 Yoga Chromebookが国内外問わず話題ですが、ひとまず日本での反応は「特筆すべき点がない」というところでしょうか。

ただ、Chromebookで特筆すべき点が何か、と考えた時に、そもそも何か特筆するようなものがそれ程あるのか、という気もしていまして、そうした点ではスペックを眺める限り、このモデル、現時点でのChromebookにおいては弱点の少ない(特に見当たらない)不足のない11.6インチChromebookとして、個人的にはなかなか面白いのではないか、と思っています。

CPU MediaTek MTK 8173C
RAM 4GB LPDDR3
Storage 32GB eMMC
Display 11.6″ HD(1366 x 768, 250 nit) IPS antiglare multitouch
Port & Slots USB-C , USB-A 3.0 , HDMI , mic/audio , SD card
Weight 1.35kg
Dimensions 296mm x 206mm x 21.2mm
Price

教育市場向けと考えれば耐衝撃や耐水性もありますし、Convertibleタイプでタッチパネル搭載。11.6インチと考えると、競合は我が家愛用のASUS C202SAとAcer N7 C731あたりだと思うのですが、この3モデル、それぞれに価格帯とスペックに応じて綺麗に3つとも分かれているので、何を求めるかで分かれてきそうです。選びやすいかもしれません。

日本直送可で価格も時々$150台まで下がることもあるASUS C202SA。液晶がHD(1366 x 768)タッチスクリーン未対応なTNパネルですが、我が家では妻が何ら不満を感じることなくChromeのタブを30以上開きっぱなしで電源落とさずスリープ状態にさせて毎晩使っています。

ここ最近、あまり話題にしていなかったものの、個人的にはかなり気に入っていて、今でも「買ってよかった」と思っているChromebookがあります。それがASUS Chromebook C202SAです。...

タッチスクリーン対応モデル。液晶はLenovoと同じくHD(1366 x 768)のタッチスクリーン対応IPSパネルです。タッチスクリーン未対応は$210台。日本直送不可なのが残念なところ。(一応対応しているSellerはいますが)

このASUS C202SAとAcer 11 N7 C731はどちらもCPUがIntel Celeron N3060。4GB RAM、16GB Storageな点も共通です。

これに対して今回のLenovo N23 Yoga Chromebookの魅力はCPUに現在評価の高いAcer Chromebook R13と同じMediaTek製MTK 8173Cを搭載している点。そしてUSB-Cが使える点かな、と思います。もちろんConvertibleタイプであることも魅力ではあると思うのですが、こうした変則的な機能は基本スペックがある満たされて初めて活かされるものだと思っているので。

その点で前述のAcer Chromebook R13は日本でも評価が高く、現時点の一般的な使用においてはほぼ不満を感じることはなさそうです。

昨年後半以降のミッドレンジ、コンバーチブルタイプモデルの先駆け的存在であり、更にメーカー的にも技適マークへの対応も積極的なため安心出来るメーカーでありながら、何故か後続2社のモデルと違って日本直送不可...

既にUnboxingの動画レビューも上がっていまして、

高級感はないものの、雰囲気は悪くなさそう。

既に米Amazonでは販売されているようで、日本直送は出来ないものの、$300弱と考えると11.6インチで長く使えるモデルを探している人には悪くない選択肢かなぁ、と思います。特筆すべき点はなくともスペック自体は現行のかなり良いところを押さえていますし、その点でも新鮮さはなくとも手堅くまとまった良モデルの予感がしています。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。