[日用品] Pixelbook用に紛失防止デバイス「MAMORIO FUDA」を購入しました。

[日用品] 貼って使える紛失防止デバイス「MAMORIO FUDA」をPixelbook用に購入しました。

スポンサーリンク

最近話題の「紛失防止デバイス」。様々な商品がありますが、今月「貼って使える」タイプの商品が出た、と知り、早速購入しました。それが今回取り上げるMAMORIOFUDA(フューダ)です。

MAMORIOに関しては初代MAMORIOを一つ既に持っていまして(安くなっていた時に試しに一つ買ってみた)、私が最も紛失しやすい鍵につけてこの数ヶ月使っていました。実際のところ、通知が結構鬱陶しかったりと惜しい点は無くはないのですが、それ以上にとりあえず付けていることで意識しつつも良い意味で忘れることが出来ること、気になった時にふと調べられることなどの安心感もあり、保険代わりに使い続けています。

MAMORIO FUDA

今回のモデルも魅力は有効距離がMAMORIOの新しいモデル「MAMORIO S」同様に約60m(初代MAMORIOは約30m)になりながらも、価格は従来で最も安い2,759円(税抜)であること、更に何よりも冒頭でも触れたように貼って使えるという部分です。これ、結構大きい。他社製品は多々あれど、貼ることが出来る、というのは今まで見たことがなかったので。

発売を知った時、雰囲気が柔らかいこと、また実際に無くすかどうかは別として、ふと「Pixelbookに付けてみたらどうだろう?」と思いまして、思い始めたら気になってしまい、今回購入しました。

MAMORIO FUDA

厚さは3.4mmと初代MAMORIOと同じなのですが、縁が角ばっていないので、全体的にそこまで大きくは目立ちません。

厚さは3.4mmと通常版MAMORIOと同じでして、実際に貼るとそれなりに貼ってる感はあります。また、Amazonのレビューを見てみると「粘着力が強い」と書かれていたのですが、私のSKINを貼ったPixelbookの表面は若干滑りやすいのか、そこまでしっかり貼り付いている感じでもありません(落ちそう、というわけではありませんが)。

最初上の画像のようにザラザラした質感の部分(Leather調のSKINCARE上)に貼ったところ、少し指で引っ掛けたら剥がれかけてしまったので、急遽別の場所に貼り直しました。

ラップトップPCに限らず、デジタルガジェット類にステッカー等を貼るのがあまり好きではない私ですが、最近少し説得力がなくなってきております。ただ、基本的には今も変わらないとは思っているのですが。 ...
MAMORIO FUDA

何となく「湿布」を貼っているような印象もしなくもないですが‥。

さて。このMAMORIO FUDA、従来モデル同様、同じアプリ上から現在の場所(最後にあった場所)を確認することが出来ます。また、手元から離れた場合には通知設定をしておけばスマホにその都度通知が届くようになっています(この通知設定が最初は新鮮で良いのですが、結構頻繁で、しかも手元にあるのに「手元にありますか?」と訊かれることも多いので、何となく鬱陶しくて普段はOFFにしています)。

MAMORIO FUDA

最後にあった(私のデバイスと繋がった)場所がGoogleマップで表示されます。

また、既に使っている「鍵」では特に加入(有償)しなかったのですが、「MAMORIOあんしんプラン」というものにも加入できます(加入できるものは決まっていますが)。これ、電子機器も適用されるんです。ノートPCももちろん対象内。

MAMORIOあんしんプラン

出来ればお世話になりたくは無いのですが、最大で2万円まで保証されますし、安心料と考えると悪くないかもしれません。

Pixelbookはとても2万円では収まりませんが、例えばモバイルルーターなど2〜3万円くらいの電子機器であれば精神的ダメージだけでなく紛失時の金銭的ダメージも少しは減るかもしれません。また、どの程度機能するかは分かりませんが「みんなでさがす」機能が自動でONになったり、「発見支援サポート」もあるようなので、保険的に今回は入っても良いかなぁ、と思いました。

Pixelbookをもし紛失もしくは盗難された場合、最も痛いのは中のデータよりもむしろ惚れたものを失った精神的なダメージです。盗難の場合、もし相手がこのMAMORIOの存在に気付いてしまって剥がされてしまえば何の役にも立ちませんが、1年弱は動き続けるので、もしかしたらある時、いまある場所が特定できるかもしれません。何故ならPixelbook本体の電源が入っていなくても、MAMORIO FUDA自体が動いているからです。

あくまで冒頭の動画のように、「みんなで探す」機能をONにした上での他に使っている人との連携であったり、駅や街に設置されているMAMORIO Spotに頼らざるを得ませんが、東京都内であればもしかしたら多少は望みがあるかもしれません。ということで少し期待しているのですが。

ということで、そんな通常機能+αの安心感として今回は年間1,000円の「MAMORIOあんしんプラン」に加入しようと思ったのですが‥

MAMORIOあんしんプラン

スマホアプリ上からしか申し込めないのですが、私のスマホからだと何度やってもアプリが停止してしまって加入できないんです。

なぜか我が家のスマホ上のアプリでは何度試しても停止してしまって加入できないので、また別のスマホから試してみたいと思います(PC版、サイトからは加入できないので)。

MAMORIO FUDA

PixelbookとMAMORIO FUDA、よいコンビになってくれたらいいな、と思っています。

今回の貼って使える紛失防止デバイス、「MAMORIO FUDA」。効果のほどはまだ分かりませんし、出来れば紛失は避けたいのですが、自分の大切にしているモノなだけに、ちょっとした意識の上での安心感として、使ってみたいと思います。

黒も買って、Lenovo ThinkPad 13 Chromebookにも貼ろうかなぁ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。