[かぶ] HP Chromebook x360 11 G1が「海外で」一般向けにも販売。最近頑張っているHPには日本での発売も期待したいところです。

[かぶ] HP Chromebook x360 11 G1が「海外で」一般向けにも販売。最近頑張っているHPには日本での発売も期待したいところです。

スポンサーリンク

このニュース、今日TLに流れてきたときには、てっきり「お!遂にHPも日本の個人向け市場に参入か!」と嬉しくなったのですが

https://techable.jp/archives/64207

米Googleが、教育市場向けのHP製クロームブック「x360 11 G1」を発表したのは今年3月のこと。それから半年、同製品を一般向けにも販売する。

生徒や児童に多少手荒く扱われても大丈夫なよう頑丈なつくり、それでいてインテル社の最新プロセッサーを搭載する。価格は299ドル(約3万3000円)〜とコスパ的に注目を集めそうだ。

海外でのお話だったようです。米国において今まで教育市場でのみ展開されていたこのモデルが一般向けにも販売が決まった、とのこと。価格が$299〜ということで、価格的に競合するモデルとしては前回触れたASUS Chromebook Flip C101PAあたりになりそうです(方向性は違いますが)

日本でも来月には発売予定のASUS Chromebook Flip C101が米国でもPre-order開始のようです。価格は4GB RAM、16GB eMMCモデル(日本における個人向けのC101P...

このモデル、先日のGoogle Cloud Next Tokyoにおいて、HPが13 G1などChromebookを積極的に展開していたこと、また私が13 G1を購入時、保証についてサポートに電話で確認したところ「海外で購入されたモデルであっても、日本でサポートしますので安心してお使いください」と言っていただけたこともあり、個人的には日本での展開を非常に期待しています。

ASUSに続いて日本エイサーも先日日本の教育市場向けと個人市場向けに新モデルSpin 11を発表しました。 Acer Chromebook初、フロント/リアカメラ搭載 MILスペック準拠のタフな...

最近の傾向を考えると、クラムシェルタイプではなく、360度回転型ヒンジを備えたコンバーチブルタイプ、タッチスクリーン対応モデルを中心に日本でも展開していく雰囲気がありますが、高耐久性、耐水性などを備え、更にコンバーチブルなどの条件を備えるとどうしても価格的には高くなりがちです。とはいえ、つい先日AcerがクラムシェルタイプのChromebook 11 N7 C731を日本でも発売することを発表したように、望みが無いわけではありません。

国内のChromebookの話題はほぼASUS JAPANの新作モデル3機種(C101PA、C213NA、C302CA)に、一部Acer 日本から出る1モデル(Spin 11)のどれを選ぶか、というあ...

HPには日本でもAcer、ASUSに続く第三のメーカーとして(DELLにも頑張って欲しいところですが)、こうしたモデルをぜひ積極的に展開しつつ、日本のChromebook市場を盛り上げてほしいなぁ、と願っています。

ちなみに米Amazonでは少し前から一部セラーにて取扱があり、

4GBモデルが$350前後で販売されておりました。(日本直送は出来ませんが)

また、このモデルは8GB RAMモデルがあるのも大きな魅力。こちらでも$400を切ります。今回一般向けにも販売となることで、Amazon自体の扱いなども出てくれば、価格ももう少し安定してくるかもしれませんね。そのあたりを期待したいと思っています。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。