[かぶ] Acer、Spin 11に続き、耐衝撃性と耐水性に特化させたN7 C731を日本でも発売。

[かぶ] Acer、Spin 11に続き、耐衝撃性と耐水性に特化させたN7 C731を日本でも発売。

スポンサーリンク

国内のChromebookの話題はほぼASUS JAPANの新作モデル3機種(C101PA、C213NA、C302CA)に、一部Acer 日本から出る1モデル(Spin 11)のどれを選ぶか、というあたりに絞られているのではないか、と思います(あとは「日本語入力が出来ない」問題)。

私自身は既にC302CAは持っていますし、どのモデルも事前に見てはいるものの、今回は何を買うか(買わないか)は未だ決めきれずにいます。現時点では少なくともC213NAかC101PAのどちらかは買おうかな、と思っております。

ただ、個人的には今回の日本再上陸、大変嬉しいのですがあとひと押し欲しいな、と思っていたのも事実でして、それについては以前書きましたが

あるところで「おふぃすかぶ野郎のまくら営業のおかげで国内C101販売決まったらしい」と高く評価頂きました、こちらが噂のおふぃすかぶ.jpでございます。いやいや、思わず妻と笑ってしまいました。何か嬉しい...

そうした中、恐らく多くの方が気づかないところで、実はもう一台、個人的には意外とグッとくるモデルが王者Acerから発表、間もなく発売されます。これ、海外での発表時にもSamsungのChromebook Pro/PlusやASUS C302CAの話題に隠れてヒッソリと出てきたことを考えると、どうもそういう星の下に生まれたモデルなのかもしれないと目から汗が出てしまいます。

つい先日こんなことを書いたばかりだったのですが・・ それは王者Acerでも同じで、Chromebookの製品ページは特に目的の製品にたどり着きにくいだけでなく、たどり着いても魅力が伝わってきませ...

それが、発表当時、先行し人気を博していたASUS Chromebook C202SAの対抗と考えられる「耐衝撃性と耐水性に特化させた11.6インチ」のクラムシェルタイプのChromebook、11 N7 C731です。

Acer 日本のChromebookのページに飛ぶと真っ先に出てくるのがこのモデルです。

ASUSより先にAcerがこのタイプの「普通の」「耐衝撃性と耐水性に優れた」Chromebookを日本で出してきたか!と嬉しくなりました。実際に以前書いた文章でこの2モデルを比較したときの表を、今回Acerが日本で出すモデルのスペックに変えて並べてみますと、

Model Acer C731-N14N /
CB311-7H-N14N
ASUS C202SA
CPU Intel® Celeron® N3060 Intel® Celeron® N3060
メモリー 4GB 4GB
Display 11.6″ WXGA(1366×768)
非光沢(?)
11.6″ WXGA(1366×768)
非光沢(TN)
ストレージ 32GB 16GB
インターフェース USB 3.0×2 / 1 HDMI / SD USB 3.0×2 / 1 HDMI / SD
本体サイズ / 質量 297.6x210x22mm / 1.25kg 293x199x22.6mm / 1.20kg
駆動時間 約12時間 約10時間
価格 オープン価格 $199(Amazon.com)

何か良い具合じゃないですか?液晶が果たしてIPSなのか(海外発表時はタッチスクリーン対応のIPSもあったので)TNなのかは分かりませんが、たとえTNでもC202SAの日本発売を待っていた方(私含む)にとっては非常に魅力的なモデルです。ASUS JAPANと違ってオープン価格なのはユーザーとしては少し悩ましいところですが、これでC202SAの海外での実売価格である$200弱は無理としてもせめて3万円前後で収まってくれれば、十分に競争力のあるモデルになると思っています。

Acer Chromebook 11 C731-N14N / CB311-7H-N14N

MIL-STD-810G(米軍用規格)の耐衝撃テストをクリア(耐衝撃、高温/低温耐久、防湿、耐振動、防滴、防塵)

と、何か良い流れになってきている気がしません?ここまで引っ張って価格を言わないところが何かメーカーの新製品発表イベントみたいなワクワク感がありませんか?無いですか。別に引っ張りたい訳ではなかったのですが、ここまで引っ張った以上、どかんと見てみましょう。(Amazonにはまだ出ていないようなので、楽天市場で検索してみました。)

Acer Chromebook 11 C731-N14N@楽天市場

楽天市場における9月16日時点でのAcer Chromebook 11 N7 C731の販売価格。

・・・

4万円超えですか。

これだと、来月発売予定のASUS Chromebook Flip C101PAが対抗になってきてしまいます。

いや、分かります。色々事情はあるとは思うんです。でも、もう少し何とかならなかったんでしょうか?

この辺りがSpin 11と同時に発表せず、更にヒッソリと発表した理由でもあるのかなぁ、と思わざるを得ない、少し切ない価格でした。モノは悪くないんです。でも・・でも・・ねぇ。何というか、もぅ・・。

ということで、引っ張った挙句それかぃ、と言われそうですが、個人的には「オープン価格」であることに期待して、今後の値動きを楽しみに待ちたいと思います、はい。

ちなみにASUS C202SAは米Amazonから直送も可能ですが、敢えて並行輸入業者に手数料を払って取り寄せてもらっても(もちろん英語キーボードモデル)この価格です。単純に比較は出来ないとはいえ、そのあたりの事情は一般ユーザーにはなかなか届かないと思うので。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。