[かぶ] G SuiteアカウントでもChromebookでPINでのログインやスリープモードからの指紋認証での復帰が可能に。

[かぶ] G SuiteアカウントでもChromebookでPINでのログインやスリープモードからの指紋認証での復帰が可能に。

シェアする

私は1年ほど前からG Suiteを使っています。

折角Chromebookを普段使っているのだから、教育現場や企業で使われているG Suiteを試してみたい、と思ったのがきっかけですが、特に大きな不便もなく日々使っていました。ただ、1点だけ、惜しいな、と思っていた点があるんですね。それが、

PINでのログインが出来ないことと、スリープからの復帰時に指紋認証が使えないこと

です。

「この設定は管理者によって管理されています」

G Suiteでは、多くの設定項目を管理者が管理、適用することが出来ます。ログインオプションについても同様で、横にアイコンが付いていて「この設定は管理者によって管理されています」と表示されてしまうんですね。ちなみに私のG Suiteアカウントの管理者は勿論私です

他にもAndroidアプリを使う、といった項目も同様なのですが、これらは管理コンソールからそれぞれ設定することが出来ます。どこまで各ユーザーに設定の権限を与えるか、細かく設定できるのですが、1年前G Suiteを使い始めた時には、この中で「PINでのログイン」と「スリープからの指紋認証での復帰」の項目がなかったのです(結構G Suite関連の海外のコミュニティ等も調べたのですが、「まだ対応してない」という書き込みは見つけたくらいで、当時は確か出来なかったはず)。

指紋認証に関しては現時点でも対応モデルがGoogle Pixel SlateAcer Chromebook 715(但し海外の一部のモデルのみ)、それと最近発売されたばかりのASUS Chromebook Flip C436Samsung Galaxy Chromebookの4モデルのみなので、多くの方にとってはそこまで影響はありません。

ただ、PINでのログインに関しては、結構使われている方が多いと思うのです(私もプライベートのGoogleアカウントの方はPINでのログインに切り替えています)。G Suiteアカウントではこの権限を変更できないとパスワードでのログインのみになってしまうので、ちょっと面倒だなぁ、と感じていました。なので、今日まで指紋認証対応のモデルの話が出るたびに、そんなことを書いてきました(G Suiteアカウントでは使えないのが惜しい、など)。

そうしたところ、先程、以前大阪オフ会でもお会いし、その後もTwitterその他で交流させていただいているぐぐたく@TakumaNitori)さんから思わぬ情報を頂きました。

やり方としては、前述管理コンソールにアカウントでログイン、

管理コンソールのメニューから「デバイス」を選択。

メニューから「デバイス」を選択します。

「デバイス」選択後、左側のメニューから「Chrome管理」を選びます。

左側のメニューから「Chrome管理」を選びます。この中から、「ユーザーとブラウザの設定」を選択、セキュリティの項目を選びます。

「ユーザーとブラウザの設定」から「セキュリティ」を選択します。

その中から「ロックのクイック解除」にあるPINとフィンガープリントにチェックを入れれば、

「ロックのクイック解除」のPINとフィンガープリントにチェック。

先程のChromebookの設定画面で、通常のGoogleアカウント同様、PINや指紋認証(対応機種のみ)が選べるようになります。

「この設定は管理者によって管理されています」が外れ、設定が出来るようになります。

私、G Suiteは企業などで使われることも多いことから、PINや指紋認証といった手段でログインすることは難しい(ので対応させていない)のだと思っていました。なので、今後も対応は望み薄かな、と。

最近は前述のようにASUS Chromebook Flip C436、Samsung Galaxy Chromebookといった魅力的なモデルが指紋認証に対応してきたのに、企業の現場では使えないのでは意味がないのではないか、と思っていたのですが、いつの間にか対応していたんですね。

ということで、G Suiteアカウントをメインで使う際のハードルがまた一つ無くなりました。

ぐぐたく@TakumaNitori)さん、貴重な情報をありがとうございます!とともに、私自身も折角G Suiteを使っているのですから、管理コンソールなどももう少しチェックしたり試してみたいな、と改めて思いました。

おひとりG Suiteに関しては、「初年度のご利用料金が 20% 割引」になるプロモーションコードを発行できますので、興味のある方はTwitterのDMや問い合わせフォームからご連絡ください。結構連絡いただいてコードが一時的に足りなくなることもあり、興味を持ってくださる方が増えてきていて嬉しいです。
スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。