[かぶ] Chromebookが好きなので、興味を持たれた方に購入前に押さえておいて欲しい2つのポイントを挙げてみたいと思います。

[かぶ] Chromebookが好きなので、興味を持たれた方に購入前に押さえておいて欲しい2つのポイントを挙げてみたいと思います。

スポンサーリンク

昨年夏頃からChromebookについて積極的に発信し始めた(そこまでは細々と)私ですが、最近のTwitterなどを眺めていると、以前に比べてChromebookに興味を持たれる方が増えてきていますし、また実際に購入され、更に気に入られて自ら発信される方も増えてきているな、と感じています。

それ自体は大変に嬉しいことです。と書くとちょっと上から目線ぽく感じるかもしれませんが、そんなつもりはなく、別に先に発信し始めようが後から発信し始めようが、そこに何ら違いはありません。同じChromebookの魅力を感じている同志のようなものです。

Twitterでは普通に「Chromebook」と検索すると海外のツイートも大量に含まれてしまいますので(それはそれで楽しいのですが)「lang:ja」と付けることで言語を日本語に限定して検索してみると今の日本での何となくの空気のようなものが感じられると思います。

ただ、眺めていると、やはりChromebookへの期待の仕方と方向性によって、実際に入手されてみての印象が大きく変わりますし、そこに温度差のようなものも感じられます。もちろんそれは当然でもあり、仕方のないことでもあります。

日々Chromebookを暑く勧めている身としては、せっかく興味を持ってもらえたのだから、なるべく「期待はずれ」「思っていたのと違った」というような予め避けられるようなものに関しては、なるべく失敗しなくて済むように、既に愛用している者として使い勝手を魅力だけでなく特徴なども含めて発信していけたらいいな、と考えています。

そこで、既に使っている者として、もしこれからChromebookを試されるのであれば、ひとまずこのポイントだけは念のため確認した上でモデルを選んでほしいな、と思うポイントを挙げてみたいと思います。といってもすべて挙げるとかなりの文字数になる気がするので、そうしたまとめ的なものは後日Life Style Imageで書くとして、今回は簡単に次の2点を挙げてみたいと思います。

  • Androidアプリ対応に「現時点では」過度の期待をしない。
  • 日本国内でも確かに格安の旧モデルが時々出てくるけれど、それらは予めレビュー等をチェック。

Androidアプリ対応に「現時点では」過度の期待をしない。

最近の少し大げさとも取れるようなネットメディア等々での取り上げ方で、ChromebookにおけるAndroidアプリの動作に対してかなり期待されている方もいると思います。Androidタブレットの代わりになるんじゃないか、とかWindowsやMacBook要らないんじゃないか、とか。でも、そう思われている方は現時点では買わないほうが無難です。

そこまでの大きな期待に応えられるほど、現時点ではChromebookはAndroidアプリには対応できていませんし、あくまで補助的な使い方が多少出来るかな、という程度です(それが分かれば割り切って、それはそれで意外と便利で手放せなくなるのですが)

また、意外と忘れられているのですが、Chromebookで元々アプリが使えない訳ではありません。Chromeウェブストアにて(検索はしづらいのですが)主要どころのアプリが意外と使い勝手良く既に提供されていたりします。

個人的には下手にAndroid版アプリを使うよりもこのChromeアプリ版のほうが、むしろ使いやすいのではないか、というものも多くあります。そしてこれらは現時点での非常に限られたGoogle Playストア対応のChromebookでなくとも、すべてのChromebookで使用可能です。私も対応モデルでも敢えてChromeアプリを今もかなり愛用しているものもあります。

日本国内でも確かに格安の旧モデルが時々出てくるけれど、それらは予めレビュー等をチェック。

日本語キーボードに拘らなければ、現時点では基本的に海外からの購入をオススメしたいと思います。それも現行モデルです。

けれど、それでもやはり日本発売モデルが良い、ということで、Amazonや楽天、家電量販店等で以前日本で発売されたモデルの中古品等が格安で突然出てきたものを「お得だ」し「失敗しても痛くない」と思って手を出される方も多いと思います(実際に結構見かけます。)

もちろん多くの方はそれでも十分に満足されているようですが、むやみに何も考えずに値段だけ見て手を出さずに、まずはそのモデルの日本語でのレビューを検索してみてください。日本で過去に発売されたモデルであれば、必ず日本での日本人によるレビューが何かしら上がっているはずです。

  • 日本でもそれなりに押し出しながらもなぜ当時売れなかったのか。
  • なぜ未だに日本ではChromebookといえば「まだあったの?」と思われがちなのか。

その理由がそれなりに分かるはずです。それはChromeOSの思想が日本に馴染まなかった、という理由だけではないと思います。モデルとしても、現時点で見てみても、どこかしら惜しい、残念な部分があるのです。それが、今の日本市場におけるChromebookといえば、の先入観、イメージを作り上げてしまったのです。

単に「安っぽい」という言葉だけでは片付けられない何か。それはもちろん人によっては全く気にならないかもしれません。けれど、実際に見事にそこに嵌まり、ガッカリされる方も見てきました。安いには安いだけの理由があります。そして、万人に薦められる訳ではありませんが、私のように他人から見ると不思議なくらいに、高価格帯のChromebookに次々と手を出す人がいる理由がちょっと分かるかもしれません。

私にとってはChromebookは非常に相性が良いですし、大変気に入っていますが、だからこそ、本来とはかけ離れたイメージと期待感を抱かれて、ガッカリされたり、却って誤解してChromebookはクソと思われてしまったら悲しいな、と思っています。

これからも(Chromebook専門サイトではありませんが)Chromebookについては積極的に発信していきたいと思っています。

https://office-kabu.jp/chromebook/chrome-os-style/post-45142
https://office-kabu.jp/chromebook/chrome-os-style/post-45145

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。