[かぶ] AcerのSkylakeモデルC771に待望のCore i5、8GB RAMが登場。

[かぶ] AcerのSkylakeモデルC771に待望のCore i5、8GB RAMが登場。

スポンサーリンク

先日も取り上げました、COMPUTEX TAIPEI 2017で偶然見かけたAcerの詳細不明のSkylakeモデル、C771に待望のCore i5、8GB RAMモデルがようやく登場しました。現在米Amazonでも発売中。日本直送は不可ですが、複数のセラーが取り扱っているので、もしかしたらその中には直送可のセラーもいるかもしれません。

先日お伝えしたこのモデルの3855Uモデルが$300強でしたので、CPUがCore i5に、RAMが8GBになったことを考えると価格としては仕方ないかな、と個人的には考えています。ただ、最近の「Androidアプリ対応」「Convertibleタイプ」全盛な状況を考えると、このモデルに魅力を感じる人はそれ程多くはないのかもしれません。

今年のCOMPUTEX TAIPEI 2017で偶然見つけた(更にAcerブースで唯一動いていた)Chromebookが北米市場にて発売されました。 Lars?Acerより教育市場向け、11....

Chromebookと考えるとこれだけのスペックを持ちながら画面解像度が1,366×768という点に惜しさを感じる方もいると思いますが、そもそもの本体サイズが11.6インチということを考えてもこの辺りが適正かな、と思います。私、最近12.5インチのASUS ZenBook 3でもFHD(1,920×1,080)が外での作業では辛く感じてくるようになりまして、スケーリングを125%で使っていることを考えると、FHDを求めるのであればやはり13.3インチ以上は必要かな、と思っています。

となると、このモデルを求める方は、耐衝撃、耐水製がある11.6インチでありながら非常にパワフルにストレス無くサクサク動くことを求める層だと思います。ハイスペックを活かしたシンクライアント的用途や普段の操作をストレス無く行いたい、という層には最適。個人的にはこの方向性は充分にありです。というか、こういうハイスペックのモデルがもう少し出てきてくれてもいいのになぁ、とも思っています。

ただ、手頃なサイズと処理速度はある程度トレードオフな関係にある以上、なかなか開発するのも、また販売するのも難しいのかもしれません。実際このモデルもでは果たしてどういう市場のどういう層向けに考えているのか、少し分かりにくい(見えにくい)かもしれません。

ちなみに同様の方向性のモデルとしては私も愛用するThinkPad 13 Chromebook(13.3)やHP Chromebook 13 G1(13.3)、そしてAcer自身が既に販売しているChromebook 14 for Work(14)があります。

海外では「もし今Chromebookを買おうと思うのであれば、ひとまず10月4日のGoogleの発表会まで待て」というのが一般的な意見になっているようですが、私はGoogle+のChromebookコ...

これまた良いモデルなんですよねぇ。質感もなかなか良さそうですし。

今でも欲しいモデルの一つです。

ということで、万人受けはしづらいかもしれませんが、刺さる人には刺さるこのモデル、私も個人的には結構惹かれているところです。

Pixelbookがなければ案外この辺り手を出していた可能性も充分にあると思っています。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。