[かぶ] Acer Chromebook 14 for Work。MIL-STD 810Gに準拠しながらも重厚感のない美しさが気になります。

[かぶ] Acer Chromebook 14 for Work。MIL-STD 810Gに準拠しながらも重厚感のない美しさが気になります。

スポンサーリンク

海外では「もし今Chromebookを買おうと思うのであれば、ひとまず10月4日のGoogleの発表会まで待て」というのが一般的な意見になっているようですが、私はGoogle+のChromebookコミュニティや海外サイト等を眺めながら一人で盛り上がっております。

異論反論は多々あることは分かったうえで、それでもChromebook好きとしては誤解を恐れずに伝えたい。海外ではChromebook、人気です。少なくとも日本との温度差はかなりあると思います。...
何かしらのきっかけでこの文章に辿り着いたあなたへ。Chromebookにもし興味を持ってくださったのであれば、折角なので実際に購入して使ってみてほしいな、と思います。 私自身使い始めて2...

ここ最近取り上げた気になるChromebookも続々と海外のサイトではPre Orderを開始していたり(例えばAcer Chromebook R13など)、あまり動きが無さそうに思えていたChromeOS界隈も実は意外と賑わいを見せていたのだなぁ、と思います。

今回もそんな中から、いつの間にか日本へも一部発送可能なSellerが出てきている、少し高価格帯のChromebookの話です。

Acer Chromebook 14 for Work、良いよね。

毎回クドいですが、今、Chromebookが面白いです。3ヶ月前にこんな文章を書きました。 当時、日本に発送してくれるお店が無かったり、まだ発売前で噂ばかりが先行していたモデルも...

前回取り上げた「Google Playストア未対応ながら2016年後半において魅力的な3台。」の内の1台、AcerのChromebook 14にはビジネス仕様モデルがあります。それが「for Work」。既に日本でも幾つかのサイトが発表時に取り上げています。

USB-CとCore iを搭載する高性能Chromebookをエイサーが発表、122cm落下にも耐える軍用級ビジネス機 – Engadget Japanese

Acer Chromebook 14 for Workが欲しくなる。 | HelenTech.net

もちろん海外では既にレビューも上がっています。

Acer Chromebook 14 for Work – Full Review and Benchmarks

MIL-STD 810G に準拠。だけでなく、スペックから仕上げまで格好良いよね。

もう動画見ちゃえばほぼその特徴(魅力)は伝わってしまいそうなくらい、これビジネスだけでなく様々な現場で使えそうなモデルだな、と思っています。(重さがあるので教育機関で小中学生が常日頃持ち歩くには手強いですが)

勿論一番の特徴は「MIL-STD 810G に準拠」した落下や高温、低温、湿度、振動、雨、砂及び塵への耐性や耐荷重、などですが、だからといってゴツさはありません。

ただ単にゴツくてタフなだけのChromebookであれば私はそこまで惹かれなかったと思うのです。それは私の普段使いには向きません。私、そんなタフな環境におりませんので、そんなモノ持ち歩いたら私自身の方がタフになってしまいそうです。

このモデルの良さは、基本的なスペックが最近気になっているハイスペックのChromebookと同様のモデルも用意されていること、そしてそれらを組み合わせながらもデザインもなかなかグッとくる、という個人的に(重さを除けば)隙の無い仕上がりにあると思っています。

4モデルが展開されていて、$349.99から上は$749.99まで。CPUや最大解像度、RAM容量などの違いがあります。個人的に気になっているのはやはり$599.99と$749.99のモデル。ちょうど私の気になっていたHP Chromebook 13 G1と価格帯が被ります。

iPhone 7やApple Watch 2、更にZenFone 3など、色々と眺めてみる内にちょっと数週間チェックを怠っていたChromebookでも地味に(日本国内在住者としては)嬉しい状況になっ...
Acer 14 for Work Acer 14 for Work HP 13 G1 HP 13 G1
型番 CP5-471-312N CP5-471-581N W0T00UT#ABA W0T01UT#ABA
CPU Intel Core i3-6100U Intel Core i5-6200U Intel Core m3-6Y30 Intel Core m5-6Y57
2.3GHz 2.3GHz 900MHz up to 2.2GHz 1.1GHz up tp 2.8GHz
RAM 8GB 8GB 8GB 8GB
解像度 1920 x 1080 1920 x 1080 3200 x 1800 3200 x 1800
Interfaces USB 3.0×2 / USB Type-Cx1 / HDMI USB 3.0×2 / USB Type-Cx1 / HDMI USB 3.1×1 / USB Type-Cx2 USB 3.1×1 / USB Type-Cx2
重量 約1.45kg 約1.45kg 約1.29kg 約1.29kg
実売価格 $680.94 $718.11 $593.50 $785.87

ちょっと米AmazonではCP5-471-312Nの実売価格が一時的に上がっていますが、同じ価格帯で並べるとこんな具合になります。勿論HPは13.3″、Acerは14″ですし、Acerのfor Workには先ほども挙げたような耐衝撃や耐水(排水)といった表に表れにくい魅力があります。

Acer Chromebook 14 for Workか、HP Chromebook 13 G1か。

一応どちらも現時点でようやく日本にも発送可能なSellerが出てきたので今回取り上げたのですが、こうした選択肢が増えてきたのも嬉しいな、と思います。ここ最近価格別に色々なモデルを取り上げていますが、自分の用途や関心の度合いによって今まで低価格帯のみだったChromebookにも幅広い選択肢と可能性が出てくるのはありがたい限りです。

そうした中で今回の$600~$800となると、馴染みの無い方にとっては「えっ?それならWindowsなりMacBookなり買った方がいいじゃん。」と思われそうな価格帯です。けれど、それが良いんです。何故私はこんな価格帯のChromebookに惹かれるようになってしまったのだろう。

で、この2つのモデル。似ているようでいて、結構異なるモデルだと思っています。とはいえ、Chromebookならではの魅力、と考えた時に、まだハッキリとした形では自分の中では結論がありません。

ただ今、私の新たな相棒が厳かに米国国内を移動しております。これが届いたらもう少し具体的な魅力が伝えられそうな気もしています。

my-chromebook-13g1-usps-1002

26日に注文して、1日と経たずSellerから「発送したよ」通知が来たので「これは予定より早く届くか!?」と思わず期待してしまったのですが、eBayを利用されていてUSPSで送られてくることが多い方ならご存じのように、あくまで伝票が発行されただけ。現物がPicked Upされたのは3日後。ただ今LAS VEGASにおりますので、いつ頃飛行機に乗ってくれるか楽しみに待ちたいと思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。