[かぶ] 日本においては「PC=Microsoft Office」が一般的なイメージだけれど、そんなOfficeでさえ、もしかしたらほとんど使われてないのかな、と感じた話。

[かぶ] 日本においては「PC=Microsoft Office」が一般的なイメージだけれど、そんなOfficeでさえ、もしかしたらほとんど使われてないのかな、と感じた話。

スポンサーリンク

Chromebookの話題になると必ず出てくるのが「Office使えない時点でダメ」といった類のものがあります。Androidアプリ対応においても「Officeが実用的かどうか」というのはやはり大きいようですし、またそうした既にPCに慣れ親しんでいる方だけでなく、今の日本においてChromebookが売れない理由としても「Officeが使えない」という理由(印象)がやはり大きいのかな、と日々ネットを眺めて感じていました。日本においては「PC=Microsoft Office」のようなイメージが強い、というのも確かにあるのかな、とも思います。

そんな時たまたま目にしたのが下記の記事です。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1054580.html

回復傾向なので良いのかと思いきや、日本人のITリテラシーの低さが負のスパイラルになっているようで、スパイラルになりつつも回復傾向な日本のITの未来はどうなるのでしょうか

この記事の中で、

IT先進国というくくりなど、「日本人のITリテラシーは比較的高い」という意識があるが、同氏は、実際には日本人のITリテラシーは高くなく、むしろ低いと指摘した。

 同氏の引用した、国立青少年教育振興機構による「最新の高校生のICT活用に関する調査」では、簡単なプログラミングをする率は、アメリカで12.9%、中国で21.4%、韓国で23.4%に対して、日本は4.8%であるほか、Wordなどの文書ソフトを使う率は、米85.6%/中36.4%/韓50.9%に対し日本は20.8%、PowerPointなどのプレゼンテーションソフトでは、米74.5%/中32.4%/韓64.1%に対し、日本は11.1%と10人に1人に過ぎない。

 同氏は「これは高校生の調査だが、Microsoftの実施しているリテラシー調査でも日本は低く、実際には高校生以外の層でも同様のITリテラシーレベルではないか」と述べ、その”ITリテラシーの低さ”が市場拡大の妨げになっていることを認める必要があるとした。

これ、ITとICTが一緒になっていますので、いまいち「高校生のICT活用」というのがイメージしにくいのですが、単純な「使っているかどうか」ということだとひとまず解釈して話を進めます。

現実的には今の日本の高校生(後半で「高校生以外の層でも、とありますが)のほとんどはWordなどの文書ソフトも21%しか使っていませんし、PowerPointなどのプレゼンテーションソフトは11%です。日本においてのPCの象徴でもあるMicrosoft Officeに限らず、そもそも文書ソフトもプレゼンソフトもほとんど使われていないのが現状なんですね。そのまま大学に入ってレポートで多少Word使う(何か最近はスマホで入力して提出している学生もいると何かで言っていましたが)程度。

となると、日本人にとってのPCはOfficeが必須のような印象を持っていましたが、実際にはその印象ほど日本人は普段Office自体使っていないのかもしれません。実際私、ほとんど使いませんし、使えません。それで困っていないですし、そう考えると何となく一般層ではOfficeなくても困ってないんじゃないか、という気がするのです。

でもPC買いたい、と相談された時に「何に使いたいの?」と訊くと大抵「ネットとメール、あと少しWordとか使えればいいかな」と言われます。やはりPCのイメージは「Wordに代表されるOfficeが使えること」。ですが、恐らく購入したPCが「何もしてないのに壊れ」るまでにWordもExcelもPowerPointも一度も起動することはなさそうな気がします。

OfficeくらいしかPCの用途って想像が出来ていないのかもしれません。実際私も他にどんな用途にPC使いますか、と言われると貧困な想像力しかありません。

数年後、十数年後に社会に出て第一線で働くことになる今の学生の皆さんが学生時代にPCやIT、ICTにどう慣れ親しみ、それが将来の日本にどんな影響を与えていくのか。もちろんそれは教育現場に限らず、家庭環境も大きく影響するのですが、Officeに限らない幅広い用途の可能性に期待したいな、と思っています。

ここ最近、Chromebookの教育現場での活用について色々と情報を頂いたり、またアンテナを張ることで少しずつ情報が飛び込んでくるようになったのですが、「私の大学時代にもこれくらい活用されていたらなぁ」と羨ましくなる例もあれば、反対に日本の従来の教育の型が導入への大きな足かせになっている、という意見まで幅広く、この話題は本当に話が尽きず、興味深いな、と感じています。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。