[かぶ] ASUS TransBook T100HA-128S レビュー(アクセサリー編)ASUS純正Folio Coverを購入しました。

[かぶ] ASUS TransBook T100HA-128S レビュー(アクセサリー編)ASUS純正Folio Coverを購入しました。

スポンサーリンク

ASUSの2 in 1タブレット型ノートPC、TransBook T100HA-128Sのレビューの三回目です。現在ASUSより1ヶ月間レンタルさせて頂き、レビューを上げています。T100HAの今までに書いたレビューはこちらから合わせてお読み下さい。

メーカーの製品ページはこちら

今回は純正アクセサリ、Folio Coverを購入しましたので、ご報告します。

今日届いて使い始めたばかりの印象ではありますが、結論から書くと、このT100HAをお持ちの方であれば持っておいて損はない、なかなかよく出来たカバーです。

≪ASUS TransBook T100HA 専用≫Folio カバー(グレー) – ASUS Shop
≪ASUS TransBook T100HA 専用≫Folio カバー(ホワイト) – ASUS Shop

ASUSの純正アクセサリは全体的に出来が良いと思います。

今まで主にカバー、ケース類を試してきましたが、質感含めて悪くありません。安っぽくもありませんし、流石に純正だけあって一体感もある。また最近の私の持っている中でもZenPad 7.0(Z370C)、ZenFone 2(ZE551ML)と質感も似ていて、並べてみるとなかなか良い具合です。

[かぶ] ZenFone 2 Laser 純正VIEW FLIP COVERを購入しました。

[1097-201512] Zenfone 2 VIEW FLIP COVER DELUXE with NFCを購入。折角なのでLaser用との違いも合わせて見てみます。

[かぶ] ASUS ZenPad 7.0(Z370C)レビュー(ケース編)その大きな魅力の一つでもあるオプションの純正ケースとカバーを考える。

1120-201512_ASUS T100HA Folio Cover 14

材質はPU+PC、重さは239g。タブレット側をしっかりと固定します。

1120-201512_ASUS T100HA Folio Cover 02

素材は表記によると「PU」、「Polyurethane (ポリウレタン)」の略です。生地の上にウレタン皮膜を塗布した構成のため、同じ合皮でもPVC(塩化ビニル、ビニール素材の合皮)に比べて柔らかく弾力性があり、より本物の革に近い肌触りです。また「PC」、ポリカーボネートも用いられているので、耐衝撃性もあります。

1120-201512_ASUS T100HA Folio Cover 04

本体との固定は、タブレット側にツメでしっかり固定するタイプ。

1120-201512_ASUS T100HA Folio Cover 05

横からスライドさせて入れますが、普通に使っている分には外れることはないでしょう。

1120-201512_ASUS T100HA Folio Cover 06

若干キーボードドックを外しにくくはなりますが、大して不便は感じませんでした。勿論タブレット側だけを付けた状態で持ち歩くことも可能です。

1120-201512_ASUS T100HA Folio Cover 09

好みの問題ではありますが、私は本体をすっぽり覆ってしまうタイプのカバーがあまり好きではありません。

気に入って使っている方には申し訳ないのですが、例えばこういうタイプのモノです。T100HAに限らず一般に多く出ていますが。

元々スマホでもタブレットでも腕時計でも、素の状態でデザインと重さのバランスが取れるようにかなり時間をかけて作られているはずです。重さはある程度は仕方ありませんが、完全に覆ってしまうのでは、結局何のモデルを買っても同じ、ということです。その点純正のカバーはそうした点を考えて作られているモノも多い。特にASUSの場合、スマホのカバーは裏面をそっくり取り替える形になっていますし。

1120-201512_ASUS T100HA Folio Cover 08

勿論カメラもそのまま使えますし、側面のコネクタ、アダプター類も全く問題なく使えます。

意外と便利。タブレットにした時にフックになって2つの角度で使えます。

1120-201512_ASUS T100HA Folio Cover 07

少し影になっていて見づらいのですが、このキーボードドックの側についている2つの隆起した部分。最初何だろう?と思いました。

1120-201512_ASUS T100HA Folio Cover 12

ドックを外してタブレットとして使う際に、この隆起部分で固定できるので、2つの角度で使うことが出来ます。

1120-201512_ASUS T100HA Folio Cover 13

特にこの角度で手前に自分の気に入ったBluetoothキーボードを置いて使うと、私が前回、前々回と書いてきた、「あと少しだけ角度が変えられれば」という残念な部分が解消されるので、快適に使えるかもしれないなぁ、と思ってしまいました。キーボードドック自体、まだ時々繋いでいるのに時々文字入力が反応しなくなったりと、標準の組み合わせなのに不安定なので、気になる人は別途考えても良いかもしれません。

ちなみに、この2箇所の隆起部分のおかげで、元々薄くて(かつプラスチック?製のため)たわみやすかったキーボードが少し安定した気がします。キータッチが変わったので。これもありがたい副産物です。

品薄状態が続いていますが、T100HAをお持ちの方は一度使ってみてください。

1120-201512_ASUS T100HA Folio Cover 01

私はT100HA本体はレンタルなので1ヶ月後に返さなくてはいけないので、その後カバーだけ余るのですが、それでも試してみたくて購入してしまいました。

1118-201512_ASUS T100HA-128S 03

前回も触れましたが、キーボードドックのコネクタ部分の突起が意外とクッション性がなくて柔らかい机などだと傷つけてしまうのも購入した理由の一つでした。でも結局返却後にT100HA-128S自体買ってしまいそうな気もしますが。

1120-201512_ASUS T100HA Folio Cover 15

私は運良く購入できましたが、家電量販店、ネットともに現在在庫切れ(入荷待ちや未定)、もしくは折角見つけても悩んでいる内に(30分後に改めて見てみたら)売り切れていた、ということもあります。実際私が注文した24日の夕方から夜にかけて、ヨドバシ・ドット・コムの在庫がみるみる減っていきましたから。

たまたま渋谷にいたのですが、上野店に在庫があることをアプリ上から知り、予め電話で取り置いておけば良いものを、銀座線一本だし、と油断して連絡せずに向かったら、上野駅に着く直前に改めてアプリで在庫確認したら売り切れていたという・・。結局ドット・コムで購入、今日到着でした。

少し経てば落ち着くとは思いますが、もし気になっている方はとりあえず押さえておいても損は無い良カバーだと思います。

≪ASUS TransBook T100HA 専用≫Folio カバー(グレー) – ASUS Shop
≪ASUS TransBook T100HA 専用≫Folio カバー(ホワイト) – ASUS Shop

白は意外とまだ在庫あるのですが、これも実物見た限りでは悪くなかった気がします。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。