[腕時計] Life Style Imageが考える腕時計の定番。私が何故この2本を今もこれからも熱く推すのか。

[腕時計] Life Style Imageが考える腕時計の定番。私が何故この2本を今もこれからも熱く推すのか。

シェアする

スポンサーリンク

今回は腕時計について、Life Style Imageなりの定番品を定義してみたいと思います。
これは誰でも同じ訳ではありませんし、一生ものです!なんて言うつもりもありません。
結果として気がついたら長く使っているなぁ、というものが、自然となるものだと思いますし。

[kanren postid=”788″]

そんな中で定番品と書いたのは、あくまで自分の中の基準となる物をある程度定めておくと、そこから大きくぶれることがなくなるからです。
それを人によっては詰まらない、と取る人もいると思うし、私も決して面白いと思っている訳ではありません。

ただ、革靴を例によく私は「革靴に興味のない人はストレートチップ一択」と書いていますが、それと同じ考え方です。

[kanren postid=”27″]

などという前振りはいつものことで、このまま終わることも多いので、早速Life Style Imageなりの腕時計の定番を挙げてみます。

CASIO STANDARD DIGITALとSEIKO 5、この2つで終わるし全く終わらない。

はい。終了です。

この2つ、恐らく今もこれからも、時計雑誌で取り上げられることは皆無だと思います。旨味がないので。
CASIOのほうは、ファッション誌にコーディネートの一部として写ることはあると思いますが。

slooProImg_20140520132245.jpg

CASIO STANDARD DIGITALで、デジタルの良さが分かるんです。
デジタル時計って今では安っぽい時計の代名詞になっていますが、元々は夢の道具だったんですよね。
どれだけ薄く出来るか。どれだけ機能を詰め込めるか。小さい頃、そんな夢に溢れていませんでしたか?

それを実現し、今世界の至るところに大量に広げることが出来たのが、CASIOとSEIKOだと思います。

slooProImg_20140606161743.jpg

ちなみにSEIKOに関しては今回SEIKO 5を挙げました。SEIKOの歴史において、途切れることなく50年以上続いている唯一のシリーズ。グランドセイコーだって、途中一回途切れていますから。

[kanren postid=”1023″]

今、腕時計なんて要らない、と言われながらも、それでも腕にする人がいるのは、何故でしょう?
必要だから、と言う人が大半だとは思いますが、そこに趣味性や、何となく、お洒落の一つ、色々加わると思うんです。

この2種類で、機械式時計と、デジタル時計の基本を知る。

あ、機械式時計ってこんな感じなんだ。あ、デジタル時計って安っぽいイメージだったけど、意外といいな。

それでもう充分になっちゃう人もたくさんいると思います。それくらい基本はしっかりしているので。そういう点ではこの2本で「終わります」。

けれど、終わらない人も出てくると思います。ますますこの2本のバリエーションに入っていく人もいれば、本格的に時計に興味を持っちゃう人もいると思うのです。そういう人にとっては「終わりません」

そうなったとき、この「基本」であり、「定番」であり、「スタート地点」がとても大切になってきます。何となくで衝動的に選んだ腕時計は、基本、ものさしになりにくいんです。それを基準に見ていけなくなる。5年後、10年後も基準として考えられる時計ってそうないんです。

そして、SEIKO 5もCASIO STANDARD DIGITALもそれになり得ると私は思っています。何故なら、ずっと変わらず、世の中に、世界に、地味に受け入れられてきた、決して派手ではなく、メディアにも取り上げられることのない、隠れた定番だからです。

だから、この2本で充分です。あとは腕時計雑誌や腕時計屋さんにお任せします。

ということで、これからもこのLife Style Imageでは腕時計に関してはこの2本を熱く推していきたいと思います。それが定番を考えた大きな理由です。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

シェアする

フォローする

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の4冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。

CASIO STANDARD DIGITALとSEIKO 5、この2つで終わるし全く終わらない。

この2種類で、機械式時計と、デジタル時計の基本を知る。

  • CASIO STANDARD DIGITALとSEIKO 5、この2つで終わるし全く終わらない。
  • この2種類で、機械式時計と、デジタル時計の基本を知る。