[かぶ] Facebookが6 Plus最適化。画面が大きくなって変わったこと。

[かぶ] Facebookが6 Plus最適化。画面が大きくなって変わったこと。

スポンサーリンク

もしかしてこのまま最適化されないのではないか、と半分以上諦めていたFacebookアプリがようやくiPhone 6 Plusの画面に対応してくれました。
一画面に表示出来る件数はあまり変わった印象はないのですが、表示文字数が多くなってくれたので、何となく気持ち良いです。Messengerが先に対応していただけに、切り替わるときにもちょっと気になっていましたし。

Facebook

Facebook (無料)
(2014.10.17時点)
posted with ポチレバ

今回はこちらの内容の続きです。

iPhone6 Plus到着から一週間。私の愛用アプリのPlus画面適正化対応状況。

画面が大きくなって変わったこと。

私の読書のメインはつい最近までAmazonのKindle Paperwhiteでした。E-Inkの画面は目にも優しく、また持ち運びのしやすさと画面の見やすさのバランスがちょうど良い大きさということもあり、大量に自炊してPDF化していた書籍まで敢えてKindleで読むこともあったくらいです。

唯一の欠点は、じっくり読む際にはあまり気にならないとはいえ、やはり描画が若干もたつくこと。また気になった文章をハイライトさせる際にも反応が少し遅く悪いので、もう少し改善されればなぁ、と思っていました。ちょうどそろそろKindleの新型が出るようですが、さすがにPaperwhite、2013と買ってきた私としては、Kindleを毎年買う気にはまだなれません。

もちろん気楽に読むのには非常に良いと思いますし、私の場合Amazonのプライム会員ということもあり、「Kindleオーナー ライブラリー」が利用できますが、こちらはKindle端末でのみ読むことが出来ます。ですのでこれからもPaperwhiteは愛用していくのですが、今回iPhone版のKindleが6 Plusの画面に対応してくれたこともあって試しに使ってみたところ、思った以上に使い勝手が良いのです。

それが上の画像ですが、左が6 Plus、右がPaperwhite 2013です。写真ですと大きさがイメージしづらいので、「いや、Paperwhiteのほうが読みやすいんじゃない?」と思われるかもしれませんが、ここで見て頂きたいのが一画面中の文字数です。

一見同じように見えますが、実際に6 Plusでしばらく読んだ後にPaperwhiteを見てみると、何となく字が余裕がありすぎて、もう少し一画面に文字が多く入ってくれればなぁ、と思います。

液晶画面の大きさ自体は、PlusとPaperwhiteでは縦はほぼ同じ(12cm)で、横幅がPaperwhiteのほうが2cmほど大きいのですが、余白が多い分、表示文字数は少なくなります。その分Plusですと文字が小さくなる、ということなのですが、小さいと見にくい場合には文字サイズを変えればある程度は解消されます。

最近はKindleアプリもアップデートされてきた中でハイライト含め機能も少しずつ改善されてきましたし、Amazonアプリからは直接は購入出来ないものの、普通にSafariからAmazonを開けばKindleもそのまま買えます。ダウンロードはLTEですし、空き容量の心配もないので(128GB)漫画も入れっぱなしで大丈夫です。

と、大きな画面の良さというより、PlusとPaperwhiteの違い、みたいになってしまいましたが、要は何が言いたいかというと、「一画面に表示出来る文字が多いって素晴らしい」ということ。「大画面万歳」とも言えますね。

Facebookも画面が対応したことで、かえって老眼の方には辛くなった、といった意見も出ているようなので、万人に受けるかどうかは別ですが(その辺りは端末の、というよりもOSとアプリの対応如何ですが)画面の大きさと表示可能文字数、そして端末自体の大きさのバランスを考えると、常用するには私の場合現時点では6 Plusはまさに最適です。

ひとまず常用アプリはほぼ揃ってくれたので

細かい不具合等はまだまだありますし、私の全ての愛用アプリが対応してくれた訳では無いのですが、ひとまず主要どころが対応してくれたことで、私の中ではほぼPlusでいけるな、と思っています。カメラの性能もかなり良いですしね。普段使いにはこれで十分過ぎます。Ingressも地味にiOS8に対応しましたし(画面は拡大ですが。)

Ingress

Ingress (無料)
(2014.10.17時点)
posted with ポチレバ

あと欲を言うのであれば、i文庫が対応してくれること。今の拡大でも不便ではないのですが、漫画を読んでいるComicGlassが対応させてきただけに、ついつい欲が・・。

i文庫S

i文庫S (300円)
(2014.10.17時点)
posted with ポチレバ
ComicGlass[コミックリーダ]

(2014.10.17時点)
posted with ポチレバ

私の中では間もなく1ヶ月が経ちますが、Facebook、Evernote、Kindle、するぷろが対応しているだけでも既にかなり満足です。それだけで換えた甲斐があったというものです。あとはGoogleのAnalyticsの対応アプリで対応している何か良いものがないか、ということと、メールアプリ、RSSリーダーかな。Twitterもアカウントが2つあるだけに、標準のアプリだけというのが無念。この辺り、何か良いものがあれば良いのですが。

細かいところではまだまだPlusの画面に対応したアプリ自体少ないですし、既に1ヶ月が経ってしまいました。その間メジャーアプリの中でも何度もアップデートがされながらも画面最適化の気配が一切ないものもかなりありますし、その辺りは今後も難しいかな、と。ATOKもやっと少し実用に耐えられるようになってきましたけれど、発表時に心躍った程には今後も改善はなさそう(OSの関係上できなさそう)な気もします。

とはいえ、私の中ではかなり評価の高い端末ではあります。あ、でもここで挙げたことはAndroidであれば普通に今までも出来ていることかもしれませんが。それでもiPhoneを選んでしまう何かがあるのかもしれません。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。