[かぶ] 【PR】Qtop スポーツアームバンドケース iPhone 6/6s用 レビュー。大きな特徴はないものの実用的。ただ、腕に着けるのはやはり最初は照れがありますね。

[かぶ] 【PR】Qtop スポーツアームバンドケース iPhone 6/6s用 レビュー。大きな特徴はないものの実用的。ただ、腕に着けるのはやはり最初は照れがありますね。

スポンサーリンク

前回も触れましたが、最近ランニングを再開しました。走るとなると、今豊富にあるスマートフォンの関連アプリや機能を使わない手はありません。昔は工夫しながら腕や腰に何とかiPhoneを取り付けた記憶がありますが、最近は手頃な価格で各社からアームバンドケースも発売されています。

今回Qtop社よりこのスポーツアームバンドケースを提供して頂きました。それ程違いがあるように思えなかったこのアームバンドですが、実際のところはどうなのでしょうか。こり始めるとキリがない世界のような気がしますが、折角の機会ですのでレビューしたいと思います。

Qtop スポーツアームバンドケース iPhone 6/6S用 超軽量超薄オーキング・ジョギング・ランニング 4.7インチ対応アームバンド キーホルダー付き 防汗/調節可能 Galaxy S3/S4 iPhone 5/5C/5S/SEなどにも対応 ブラック

今回提供頂いた商品はこちら。

現在、フィットネスやヘルスケアに関しては、オンラインバンキングなどと合わせてiPhone 6sを使っています。SNSなど普段使いはAndroidなのですが、iPhoneはこの辺りのアプリとサービスは使いやすい上に充実している印象があります。一応iPhone 6/6s用と書かれていますが、手元にある5.2インチのAndroidスマートフォンもギリギリ入りましたので、この辺りの大きさのスマートフォンであれば極端に厚み等がない限り大丈夫かな、という気がします。

pr-qtop-gepa018ab-01

大変簡易包装です。

特筆すべき特徴はないので、実際にここ数回使ってみての印象を挙げてみます。

pr-qtop-gepa018ab-05

現在、背面にSuicaなどを3枚程度入れることが出来るiPhone用のケースを付けています。

スマートフォンは決して一生モノではありませんが、日常で最も触れている時間が長いツールの一つです。常に目にし、常に触れているモノである以上、過度に拘る必要はありませんが、疎か、適当に使っていては勿体ない...

3枚入れられる(スペック上は2枚x2箇所で4枚入れられるそう)ということで、大は小を兼ねるとばかりに2枚まで入るタイプではなくこちらを選んだのですが、実際に使っていると結構厚みが出てきます。

今回のこのスポーツアームバンドケースに入るか少々不安だったのですが、

pr-qtop-gepa018ab-06

入りました。ただ、厚み的には若干張っています。伸び縮みがしやすいので、その点はあまり心配はありませんが、使う際には本体ケースを外した方が使い勝手は良いかもしれません。

pr-qtop-gepa018ab-04

背面部分は上下に2つずつ穴が空いていまして、こちらから充電ケーブルやイヤホンケーブルを繋ぐことが出来ます。私はワイヤレスイヤホンを使っているのであまり使いませんが、一応「充電も出来る」となってはいます。ただ、敢えて入れたまま充電する必要はないかな、と。穴も左右に付いているのでケーブルを若干曲げる必要も出てきますし。

アームバンド部分に付いている鍵ホルダーは鍵を素で持っている方には便利です。キーホルダーなどが付いているとちょっと入れにくいので外さないといけませんが。

特に大きな特徴はありませんが、気になる点としては(仕方のないことではあるのですが)入れた状態だとスマートフォン自体のボリュームボタンや電源ボタンは非常に操作しづらい、ということがあります。タッチパネル自体の操作は全く問題ありませんが、ボリュームに関してはイヤホン側で調整が必要、電源に関しては使うことはあまりないかもしれませんが、スリープまでの時間の設定などで調整する必要があります。

ランニング中は画面は表示しっぱなしなのであまり気にする必要はないとは思います。

使い勝手も悪くなく、価格も手頃なので幾つか持っておくと良いかな、と思います。

pr-qtop-gepa018ab-07

私の細腕でも全く問題なく、またランニング中も鬱陶しさを感じることはありませんでした。ただ、慣れるまではやはりスマートフォンを腕に見えるように着けているのは少々気恥ずかしさもあります。

汗をかいても、この暑い時期でも今のところかぶれたり、といったこともありませんでした(これは個人の体質に依ります)し、毎回だいぶ汗で濡れますが、終わった後は軽く水洗いして陰干ししておけばすぐ乾きます。

価格も実売1,000円を切っていますので、メーカーに拘る必要はありませんが、幾つか持っておいて、交互に使う、などすれば劣化スピードも遅らせられると思います。勿論それほど走らない人であれば勿論一つで充分です。

ひとまず現時点では使い始めてから数回のランではありますが、気にならず使え、これからも使おうという気になっていますので、個人的にはそれなりに気に入ってはいるのかな、と。大きな特徴がある商品ではありませんが、その分大きく気になる点もない。悪くない商品です。これから使い続けてみて、気になる点が出てきましたら、追記していきたいと思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。