[かぶ] 【PR】ZeroLemon ライトニング USB ケーブル(3m)レビュー(導入篇)種類も多く違いも出しにくいLightningケーブルのレビュー依頼を今回受けた理由。

[かぶ] 【PR】ZeroLemon ライトニング USB ケーブル(3m)レビュー(導入篇)種類も多く違いも出しにくいLightningケーブルのレビュー依頼を今回受けた理由。

スポンサーリンク

まだ手元に届いてはいないのですが、ZeroLemonの担当の方からLightningケーブルの提供レビューのご提案を頂きました。Lightningケーブルといっても有名ドコロから新興メーカーまでそれぞれに価格であったり保証であったりと必死に特色を出しながら展開している中で、果たしてレビュー依頼など受けても違いが分かるのか、という心配もあったのですが、商品展開を見て今回依頼を受けさせて頂きました。

その一番の理由は、「他社ではなかなか見つからない高耐久で3mのケーブル」という点です。

0.8mと1.5mが主流のケーブルの中で、敢えて3mのケーブルを選ぶ意味。

勿論ZeroLemonのケーブルは3mだけではなく、一般的な長さもあります。ただ、15センチ、1m、2mと比較的選択肢も豊富。また色の展開も多いので、それだけでもなかなか面白い、と感じたのが第一印象です。

1103-201512_ZeroLemon Lightning Cable 02

ケーブルは長くなればなるほどケーブル自体が抵抗となるため高速充電が難しくなるそうです。そこを太さで超急速充電に対応させたとのこと。まだ手元に届いていませんが、その太さが結果として耐久性にも繋がるのであれば、それはまた楽しみでもあります。

そして、勿論出先で3mという長さのケーブルを使うことはなかなかないとは思いますが、自宅での利用に関しては結構この長さというのは人によっては絶妙だと思うのです。

必ずしもコンセントから1.8m以内の距離でiPhoneを使うばかりではない。

我が家、それ程広くないんですが、そんな部屋にパソコンだ、モニター3台だ、テレビだオーディオだとタコ足で繋がっております。となると、限られたコンセントの数、というだけでなく、限られたコンセントの場所の中でスマホの充電も行うわけですが、ふとした拍子に充電しながらもスマホを操作したい時があるのです。

けれど、一般的なスマホの充電ケーブルといえば、Amazonで探しても0.8mやせいぜい1.5m程度。これも持ち歩くには十分ですが、意外と微妙に足りないことが多いのです。しかたがないのでコンセントの側で腰を下ろして変な姿勢でスマホを弄っていることも多々あります。

また、私は寝スマホはなるべくしないように意識はしてはいるのですが、睡眠状態の計測アプリなどで使わなくても睡眠中は枕の側にスマホを充電している状態で液晶面を下にして置いておく必要があるものがあります。そんな時、我が家の布団は決してコンセントには近くないので、1.8mだと妻の枕元には届いても、私の枕元には届きません。せいぜい届いて妻と私の枕の間くらいまで。

これでは私の睡眠を計測しているのか妻の睡眠を計測しているのか分かりません。

かと言って、単に長いだけではダメで、リスクも伴う以上耐久性は必須。

1103-201512_ZeroLemon Lightning Cable 03

けれど、単に長ければ良いかといえば、そう簡単なことでもありません。長ければその分絡まったり、引っかかったり、余計な力が加わったり、様々なリスクも伴ってきます。断線したり、不具合が起きる可能性も高くなるわけです。また、先程も挙げましたが、長くなればなるほどケーブル自体の抵抗も加わり、充電が遅くなる可能性もあります。

その点、決して特殊な素材をふんだんに使っているということではないのですが、厚いPVCカバーの設計で引っ張りに強く、断線しにくくしている太いケーブルというのは気持ちの上でも安心感があります。

ということで、届き次第レビューをしてみたいと思います。

ということで、つらつらと書いてきましたが、現時点ではまだ想像の域を超えていません。届き次第、実際に手にとって見ての印象や使い勝手など、レビューしてみたいと思います。

ちなみに、ZeroLemonのこのケーブルは現在Amazonでセールをしているそうで、Lightning ケーブル(ホワイト / 3m)が、クーポンコード(45HTKCXR)入力で、約45%OFFになるようです。

クーポン適用後の価格は送料無料で元値1,459円から660円引きの799円。二年間品質の保証、不良品の場合は無償交換です。興味のある方はお試し下さい。私も到着を楽しみにしています。

ZeroLemon

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。