[0543-201501] 何故か残念なアパレル店員のあなたに伝えたい。ガッカリな理由はたった一つ、臭いからです。

[0543-201501] 何故か残念なアパレル店員のあなたに伝えたい。ガッカリな理由はたった一つ、臭いからです。

スポンサーリンク

私自身も元アパレルと言えばそんなものかもしれませんし、それ故アパレル関係には友人や尊敬する先輩方がたくさんいます。
ということで、ケンカを売っているような、次会った時にお叱りを受けてしまいそうな内容かもしれません。
ただ、このことは私自身も勿論含めて常々思っていることなので、ちょっと書いてみたいと思います。

臭そうなんです。

BL002-koe-yo20140810500
あなたがいまいちな理由。どこか残念な理由。それはたった一つです。
臭そうなんです。
最新のファッションに身を包もうが、どれだけセンスがあろうが、どれだけ高いものを身につけていようが消せない事実。それは、
臭そうだということ。何か臭うんです。汚そう。
ただ、それだけです。

時には友人以上に距離が近い仕事です。

shinbashi-itaria20140921192652500
アパレルって、お客さんとの距離が近いんです。試着などの場合には、時には友人以上に距離が近くなる時があります。
もしかしたら最近マンネリ気味の恋人よりも距離が近いかもしれません。
そんな時、何が一番気になるか。
匂いを含めた、何か汚い、何か臭そうだという印象です。

神経質なくらいに気をつけているはずなのに。

私も接客業は10年以上続けていましたので分かります。
歯、普通の人より磨いていること。口臭、他の誰より気にしていること。
清潔感は常に意識していると思うんです。加齢臭含め、体臭も神経質なくらいに気にしていると思うんですよ。

[0322-201408] ミドル脂臭に興味を持ったので、ルシードの薬用スカルプデオシャンプーを買ってみた。
それでもお客さんとの距離感が、何故か最近微妙だったりしませんか?
それは、やっぱり臭そうなんです。汚そうなんです。生理的に何か駄目なんです。
一回そういう印象が生まれてしまうと、途端にお客さんは色々な部分が気になり始めるんです。好印象だった時には気付かなかった、色々な部分が目につき始める。あら探しをはじめてしまうんです。
あなたのその個性的でお洒落なはずなファッションが、臭そうになった途端に嫌悪感に変わるんです。
AL009_kabedon20140830001500

たった一つの簡単な方法があります。

最も簡単な方法があります。非常に効果てきめんです。何故なら、お洒落な人ほど忘れていることが多いことだから。
それは。
靴を綺麗にすることです。
あ、またそれか、って思いませんでした?
それはお前が元靴屋だからだろ、って思いませんでした?

靴、汚いでしょ。

アパレルの人ってお洒落なんです。元々好きで始めてるんですから。服も詳しい、自分たちの取り扱っているものも勿論詳しいです。
その上、清潔感にも人一倍気を使っているはずなんです。
けれど、そんな猛者であるあなたでさえ忘れていること。それが、あなたの靴なんです。
汚いでしょ。
なんか変なもん、絶対踏んでいそうでしょ。
なんか、足臭そうでしょ。
[0244-201406] 歩きスマホは本気でやめた方がいいよ。ガム踏むから。
これ、お洒落だったり、綺麗な女性ほど陥りがちな罠です。勿論男性もですが。
女性の場合、特にこの時期ロングブーツに要注意です。ほとんどの人が何もしてませんから。

汚いのは個性でも何でもありません。

何故靴だけは皆さん汚いんでしょう?汚くても気にしないんでしょう?汚れや埃すら落としていません。
トンガリ靴だろうが、どんなデザインのブーツだろうが、足が太かろうが、どーでも良いんです。それが個性だと言うのなら、個性なのでしょう。
でも、汚いのは個性じゃないでしょ。

靴が汚い人って、どこか他の部分も汚いんです。

靴が汚い、ということは、手の指先も汚い可能性があるんです。
最近、自分の爪、見ました?
靴も、手も、身体の先端で、最も遠い部分にあるんです。そこに最近意識がいかなくなってしまっているんです。
ちょうど、お洒落に目ざめた学生さんが、駅やレストランのトイレで、恋人待たせて盛んに髪いじってるのと同じです。
顔の周りだけ、せいぜい上半身にしか意識がまだいかないんです。若いですから。
学生の内はいいですよ。若いねぇ、若いっていいねぇ、と温かく見守ってくれますから。オレにも私にもそんな頃があったなぁ、って。
でも、アパレル店員のあなたは、それじゃ駄目なんです。
足や指先に意識が行っていない時というのは、それ以外でもどこか抜けてしまっているんです。襟元袖元黒ずんでるとか、歯磨くの一回忘れたとか、歯垢が残ってるとか。
そういうちょっとした抜けが、ある時蓄積して、目の前のお客さんにふと一瞬だけ、感じさせてしまうんです。「あ、何か臭う」って。
PAK86_jyoseibunnaguru20140321500

匂いも中身ですから。

普通の人ならいいんです。あ、何か残念、で済んじゃいますから。あなたが臭かろうが汚かろうがどうでもいいんです。
でも、接客業だとそれが致命的なんです。
人は匂いじゃない、中身だ!って思いませんでした?
それ、お客さまは神様だろ!って口にするお客さんと同レベルです。
「お客様は神様です」の本来の意味を知ってほしい – NAVER まとめ
ということで、靴に関しては、別にクリーム塗ったり、綿密な靴磨きなんてしなくて良いので、汚れだけは毎日チェックして落としてください。
[0175-201404] これだけで良い。けれどこれだけはして欲しい。30秒で終わる靴のお手入れの3ステップ。
[0194-201405] 靴選びも靴磨きもシンプルが良いと思う。
大切なのは、あなたの匂いなのではなく、指先、足先にまで意識が行き届かなくなってしまった、最近の心の緩みに気付くことです。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。