[1149-201601] WAZUKAに続いて「すはだでの暮らし」に興味を持ち、スキンケア用品をあきゅらいずで検討中。

[1149-201601] WAZUKAに続いて「すはだでの暮らし」に興味を持ち、スキンケア用品をあきゅらいずで検討中。

スポンサーリンク

昨年春に私はこんな記事を書きました。
[0725-201503] 牛の革には幾らでも出せるのに、自分の皮には一円も出せない私とあなたに男性用スキンケア用品の世界へのお誘い。
靴好き、メンテ好きは凝り性なんです。度々東急ハンズやネット通販を見てはお手入れ用品にワクワクしてしまう純粋な大人の少年たちです。また、革に関してもマニアだったりするのですが、そんな牛さんの革には幾らでもお金は出せるのに、自分の皮には一円も出そうとしないんです。不思議な人たち(私含む)です。
そんな私も昨年から少々スキンケアにお金を出すようになりました。その過程は時々触れていますが、ここ半年はCLINIQUE FOR MENの3ステップベーシックケアでした。
[0764-201505] ステインリムーバー派の靴好きのあなたへ。自分の皮のお手入れにはCLINIQUEがオススメです。
1149-201601_Akyrise Suhadanohito 04
私、あまりステインリムーバーは好きではないのですが、自分の皮に関しては「エクスフォリエーティング トニック」での古い角質落としにハマってしまいまして、最近ではこれをしないとスッキリしません。それ自体は良いんです。気に入って既に半年以上、昨年末はポーチ付きのギフトセット買っちゃいましたし。

ただ、時々思っていたことがあるんです。これで本当に良いのかな、と。

湯シャンはじめ、なるべくシンプルに「これで充分」できたつもりが。

同様に私は昨年シャンプーが切れてから湯シャンに変えました。
[0786-201505] ようやくミドル脂臭対策のシャンプーが切れたので、思い切って湯シャンに変えました。
皮脂を敵視して取ることばかり考えるのが果たして良いことなのか。勿論周囲にミドル脂臭で迷惑をおかけしてしまうのであれば、それは社会人として悩ましいですが、今のところそうした反応はなさそうなので。実際湯シャンは気持ちが良いものです。


そんな私が、例え未知の分野とは言え、つい凝りに凝って次から次へとスキンケア用品にお金を出したり、というよりもあれも良いから加えて、と次から次へと塗り重ねたり加えていったりすることが良いことなのか、という想いがありました。
あとは、前述のCLINIQUE FOR MENのエクスフォリエーティングトニック、気持ち良いんですが結構刺激も強いんです。果たして朝晩古い角質を落として、上から乳液を塗り込むことが良いことなのか。
そんな時に、たまたま全く別方面から興味を持ったものがありました。

WAZUKAで知った「あきゅらいず」、すはだのひと。

1149-201601_Akyrise Suhadanohito 01
今回興味を持ったのはあきゅらいず。知ったのは偶然。しかもスキンケアではなく「眠りに特化した香りブランド WAZUKA ねむりの島の香り液(屋久島地杉 幹の眠り」の定期便を申し込んだこと。そこに入っていた「すはだのひと」というパンフレットを(その時は放置していたのですが)手に取ったことでした。
[1122-201512] 眠りに特化した香りブランド、WAZUKA ねむりの島の香り液(屋久島地杉 幹の香り)定期便を申し込んでみた。
1149-201601_Akyrise Suhadanohito 02
定期便は2ヶ月毎に届くのですが、先月末に届いて20日で既にここまで減ってしまいました。このままだと来月末まで足りるのか少々不安。この辺りは改めて報告します。

たくさん塗って隠さなければいけないような肌ならば、スキンケアをお客様に売る資格はない

基本の3ステップ(洗顔、パック、保湿)というのは他の化粧品メーカーと同じ。(QLINIQUE FOR MENはそのパックの部分が角質を落とすことだったのですが)そうした点では大した違いはありません。
ただ、その中で興味を持ったのが「あきゅらいずでは、全社員すっぴんで勤務 ⇒「たくさん塗って隠さなければいけないような肌ならば、スキンケアをお客様に売る資格はない」という意見合いからです」という点でした。
勿論お客さんに対しては「絶対すっぴんじゃなきゃいけない」という案内はしないそうですが、化粧品を薦める以上、自分たちの素肌(化粧後ではなく)が綺麗でなければ説得力はないと思ったのです。

生きることと同じように、すはだも毎日一喜一憂しています。
わたし達は、良い時も良くない時もすはだを通して心や身体の状態を知ることができます。

あれもこれも「肌に良いから」と塗り込んでいくのではなく、自分の肌が今どういう状況で、何が必要か、そもそもそれは本当に必要なのか、ということを常に自分の肌と相談しながら使っていくことが大切なのかな、と感じました。

とりあえず「お試し詰め合わせ」にするか。思い切って最初から定期便か。

WAZUKA同様、定期便きほんのセレクトという形を取ってしまうのも手ではあるんです。価格は1万円程度するのですが。定期便だと10%offで9,592円。
あきゅらいず美養品『きほんの3ステップ』10,657円(税込)
ただ、最初は4日間のお試し詰め合わせでも良いのかな、という気もしています。正直まだ悩んでおります。
あきゅらいず美養品『お試し詰合せ』1,380円(税込)
結構こういう時、まずは悩むより試してしまおう、という気持ちもあるんです。結局使ってみなければ分からないので。で、結局お試しにしても4日間となると、何となく物足りなく感じてしまいそうな気もするんです。結局1ヶ月くらい使ってみないと肌との相性も分からないのではないか、と。
1149-201601_Akyrise suhadanohito
あきゅらいず美養品代表の南沢典子さんが自ら広告塔となったチラシ。実際今回入っていた「すはだのひと」でも写真が出ているのですが、確かにきれいそうな肌をしているんですよ。勿論お会いした事はないので実際は分かりませんが。


まさか本は出てないだろう、と思って調べてみたら出されていたんですね。少々興味有り。化粧品は宗教みたいな部分もあるので、なかなか難しいなぁ、とは思います。

とりあえず今日一日考えて、どちらかを選びたいと思います。

実は今日突然悩み始めた訳ではなく、ここ1週間くらい朝晩洗顔した後に折に触れて思い出しては考えていたことでして。QLINIQUE FOR MENがちょうどそろそろ買い足す時期に来ていたので、出費としてはそれ程変わらないんです(3ステップとも購入すると、1ヶ月分ではなくもう少し使えるのだけれど)。
まだ試してみた訳ではないので何とも言えないのですが、また使い始めたら感想をあげてみたいと思います。興味を持たれた方、もしくは既に使われている方がいたら問い合わせフォームからか、TwitterなどのSNSで絡んで是非教えて下さい。
あきゅらいず

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。