[かぶ] 「靴ブラシで歩き方が変わる。」発売から3日、有料ランキング150位付近で頑張ってます。

今月11日にKDPでAmazonのKindleストアで発売を開始した「靴ブラシで歩き方が変わる。

Facebookにて(友人知人の少ない私ではなく)交友関係の広い妻と、今回表紙イラストを担当してくださった清水久子さんが積極的に紹介してくださったおかげで、幅広い層の方に温かいコメントも頂き、更にブログの読者の方も結構買って下さったおかげで、良いスタートを切ることが出来ました。ありがとうございます。

電子書籍出版自体はそれ程大変ではないのですが、通常の書籍以上に、埋もれてしまうととことん存在感がなくなってしまって電子の海に消えてしまうのが電子書籍の怖いところ。また、日本の電子書籍市場の小ささを考えると、ベストセラーの数字も2桁くらい違ってきてしまうようですが、そうした中でも細々と頑張っていまして、(発売直後のご祝儀な面もあるのですが)、この文章を書いている時点で「Kindleストア 有料タイトル – 132位」と検討しています。(時々500位台くらいまで落ちます。)

結構簡単にランク自体は上下変動するので、そうした中でランキング自体に大した意味はないとも言えるのですが、100位内に入るととりあえずKindleストア の 売れ筋ランキングに載ってくれる(上位100位まで)ので、ここを一つの目安に頑張って欲しいなぁ、と願っています。といっても、全ては読んでくださった方々のおかげですし、私はただこうして時々「読んでね」とお願いするくらいしか出来ないのですが。

自己啓発系、セミナー系、スピリチュアル系になりますと、昔からAmazonではキャンペーンを自分で、もしくは出版社とともに打つのが定石のようでして、色々なテクニックのようなものもあるようです。とにかく「例えどの時間帯であっても(ランキングは24時間変動するので)例え1分であっても1位になれば「Amazonランキング1位」と謳える」という論理で、読者や信者の皆さんを総動員するわけです。例えば○月△日午前□時から24時間の間に買って頂いた方には以下の12点の特典(■万円相当)をプレゼント!といったAmazonキャンペーンを打つんですね。とにかくある特定の24時間以内に集中して購入してもらうんです。それも時間は皆さんが普通買わない深夜遅くのランキングを狙って1位を取るんです。これ、電子書籍に限らず、以前はよく見かけた光景でしたが、最近はこれの手を替え品を替えた戦略を打っている様子。

この戦略がどうかという問題はありますが、ただそれくらいしないと一部の書籍以外は完全に埋もれてしまって日の目を見ない現状を考えれば、気持ちも分からなくは無い気もします。あ、でもその人たちは箔付けの意味合いが強いとは思いますが。

ということで、私も別にAmazonで1位取ってセミナー行脚をしたいわけでも何でもなく、ただ、折角この3年間かけてブログで発信してきた「靴のお手入れって特別でも難しいものでもなく、身近なものなんだよ」という想いを、ブログを読んでくださっている方だけでなく、より幅広い方に伝えられたらいいな、と思っています。せっかく世に出たからには、日の目を見させてやりたいな、と。となると、結局時々宣伝しつつ、何とか常にどこかで姿が見える100位以内に時々姿を現すことが出来るように、頑張りたいなぁ、と思っています。

既にレビューも1件頂きまして、とても嬉しいです。ありがとうございます。

ちなみに繰り返しますが、kindle unlimited対象でもありますので、まずは試しにunlimitedで読んでみて、気に入って頂けましたら購入して欲しいなぁ、と願っています。

これからは2~3ヶ月に1冊くらいのペースでKindleで本を出していけたらいいなぁ、なんて考えています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク