[かぶ] つけるのが当たり前だと思っていた専用カバーを外してみたら、Kindle Paperwhiteでの読書の量が飛躍的に増えました。

ここ最近、読書の量が飛躍的に増えました。きっかけはKindle Paperwhiteです。

マンガモデルの白。日本独自のモデルでストレージが32GBと多いことが魅力です。ただ、マンガモデルだから読書の量が飛躍的に増えたのではありません。また、Kindle自体は以前から愛用していましたので、新しく買ったから、というわけでもありません。

きっかけ(原因)は単純です。

カバーを外して何も付けないで使い始めたら予想以上に使いやすかった

からです。わざわざ追加で(実際には便利ではあるのですが)純正カバー等を買わなくても、そのまま使ったほうが使い勝手が良いという、予想していなかった展開でした。

先日、純正のプレミアムレザーカバーのお手入れの方法について書いたばかりです。

[かぶ] Kindle Paperwhite プレミアムレザーカバーのお手入れにはTAPIRのレーダーオイルがお薦めです。

2016.12.19

それ以降、無駄に傷がつくこともなく、手触りもよく気に入っていたのですが、このカバーを付けた状態って意外と重いのです。また表紙部分を開いて折り返さなければいけないので、意外と手の中で嵩張るのが悩み。まぁ今までそれを悩みと考えていたわけではないのですが、今振り返ってみるとそんな些細な事が意外と使う際の小さな壁になっていたのかな、と思います。

実際にカバーを外して持ってみると、薄くて軽くて非常に楽。片手で持ってもそれほど疲れません。ホワイトモデルということで最初は汚れが目立つのではないか、と気になっていたのですが、実際のところ全くそういうこともなく。特に気を使って扱っているわけでもないのですが、今のところ目立った傷も汚れもありません。

取り出しやすい、持ちやすい、手にしやすい、となると、途端にKindle Paperwhiteを使う状況が増えてきました。どこでも手軽に取り出せて、いつでもすぐに続きが読める。確かにカバーが付いているとそれはそれでオシャレだったり、表面を保護してくれたり、雰囲気に浸れる気もするのですが、結果として使用頻度が減ってしまうのではもったいないな、と。

ということで、そういえば最近あまりKindle Paperwhite使ってないな、という方は普段とは違う(カバーを付けていたら外してみる、特に付けていないのであれば敢えて付けてみる、など)環境にしてみるのもオススメです。

確かに最近はスマホやタブレットでもKindle書籍は読めますし、そのほうが処理が速かったりより多くの本を保存できたり、また余計な荷物が増えない、と便利な点もあるのですが、それでも専用端末には専用端末の素晴らしさがあると改めて思っています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク