[かぶ] つけるのが当たり前だと思っていた専用カバーを外してみたら、Kindle Paperwhiteでの読書の量が飛躍的に増えました。

[かぶ] つけるのが当たり前だと思っていた専用カバーを外してみたら、Kindle Paperwhiteでの読書の量が飛躍的に増えました。

スポンサーリンク

ここ最近、読書の量が飛躍的に増えました。きっかけはKindle Paperwhiteです。

マンガモデルの白。日本独自のモデルでストレージが32GBと多いことが魅力です。ただ、マンガモデルだから読書の量が飛躍的に増えたのではありません。また、Kindle自体は以前から愛用していましたので、新しく買ったから、というわけでもありません。

きっかけ(原因)は単純です。

カバーを外して何も付けないで使い始めたら予想以上に使いやすかった

からです。わざわざ追加で(実際には便利ではあるのですが)純正カバー等を買わなくても、そのまま使ったほうが使い勝手が良いという、予想していなかった展開でした。

先日、純正のプレミアムレザーカバーのお手入れの方法について書いたばかりです。

今回のAmazonサイバーマンデーセールでKindle Paperwhiteを購入した、という方も多いのではないでしょうか。最近は日本独自モデルのマンガモデルも発売され、またプライム会員であれば現在ク...

それ以降、無駄に傷がつくこともなく、手触りもよく気に入っていたのですが、このカバーを付けた状態って意外と重いのです。また表紙部分を開いて折り返さなければいけないので、意外と手の中で嵩張るのが悩み。まぁ今までそれを悩みと考えていたわけではないのですが、今振り返ってみるとそんな些細な事が意外と使う際の小さな壁になっていたのかな、と思います。

実際にカバーを外して持ってみると、薄くて軽くて非常に楽。片手で持ってもそれほど疲れません。ホワイトモデルということで最初は汚れが目立つのではないか、と気になっていたのですが、実際のところ全くそういうこともなく。特に気を使って扱っているわけでもないのですが、今のところ目立った傷も汚れもありません。

取り出しやすい、持ちやすい、手にしやすい、となると、途端にKindle Paperwhiteを使う状況が増えてきました。どこでも手軽に取り出せて、いつでもすぐに続きが読める。確かにカバーが付いているとそれはそれでオシャレだったり、表面を保護してくれたり、雰囲気に浸れる気もするのですが、結果として使用頻度が減ってしまうのではもったいないな、と。

ということで、そういえば最近あまりKindle Paperwhite使ってないな、という方は普段とは違う(カバーを付けていたら外してみる、特に付けていないのであれば敢えて付けてみる、など)環境にしてみるのもオススメです。

確かに最近はスマホやタブレットでもKindle書籍は読めますし、そのほうが処理が速かったりより多くの本を保存できたり、また余計な荷物が増えない、と便利な点もあるのですが、それでも専用端末には専用端末の素晴らしさがあると改めて思っています。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。