[日用品] 2年愛用中のFLEXISPOTのスタンディングデスクの天板を環境にやさしい竹天板に交換しました。[PR]

[日用品] 2年愛用中のFLEXISPOTのスタンディングデスクの天板を環境にやさしい竹天板に交換しました。[PR]

シェアする

自宅でのPC作業の時間が増えてくると、それに合わせてPCデスク周りの環境も色々と気になるようになってきます。このブログでも折に触れて私の机周りの環境を紹介してきました。

私は2年ほど前からスタンディングデスクを使っています。スタンディングデスクのメリットに関しては色々と言われていますが、私の中で一番大きいのは座り続けている状態を一旦リセット出来る、ということです。

どうしても作業が長引いてくると、徐々に座る姿勢も崩れてきますし、気がつくと首肩周りや背中、腰などに負担のかかる状態になっていることも度々あります。40歳を過ぎてから、今までの不摂生が祟ったのか、そうした長年の蓄積からくる頭痛などに悩まされるようになってきたこともあり、気がついた時に高さを変えて、立った状態で作業を行うことで、気分も変わりますし、同じ姿勢で固まってしまった身体をほぐすきっかけにもなります

2019年夏、私はFLEXISPOTのゲーミングスタンディングデスクを購入した。

ということで、2年前に、当時色々と製品を提供していただいていたこともあって、ある程度使用感が分かっていたFLEXISPOTのスタンディングデスクを購入しました。ちょうどAmazonのプライムデーか何かで2万円くらい安くなっていたのも大きかったです。個人的にはあまり部屋の中で存在感があるのもなぁ、と思っていたので、天板は白や木製にしたかったのですが、当時自分に合うものがなかったことと、ゲーミング用のモデルのみ、手前が湾曲していることもあって、これは便利かもしれない、と思って選びました(このゲーミング用のデスクは現在販売終了)。

直近の私のPCデスク周りの環境です。
天板の色(黒)に合わせてアクセサリー類も黒に統一したのですが、
一部ヘッドフォンやキーボードがベージュやホワイトなのが好みが分かれそうですね。

とても気に入っているゲーミングスタンディングデスクの天板の2つの惜しい点。

個人的には非常に気に入ってはいるのですが、2点だけ惜しいと言うか気になっていたことがありました。それが、

  • 天板の縁周りが斜めにカットされているので、モニターアームなどの安定性が悪くなる。
  • 黒天板はホコリがどうしても目立ちやすくなる。

この2点です。特に最初の「縁周りが斜めにカットされている」のは、デザイン的には良いのかもしれませんが、実用的には少々悩ましい。実際Amazonの製品レビューでもこの点は指摘されている方が多かったのですが、

縁周りが斜めにカットされているので、ケーブル配線トレーやモニターアームなどを天板に挟む際に不安定になります。
そのため、間に「モニターアーム補強プレート」などを挟んで平らに固定するしかありませんでした。

そうしたこともあり、2年間使っていく中で、少しずつ天板の縁周りが普通に斜めにカットされていないものが欲しくなりました。ただ、同社の天板のラインナップを見ていても、製品画像ではカットされていないのに、レビューを眺めていると「届いた天板は斜めにカットされていた」→「最近の製品は斜めにカットされています(仕様変更)」といった情報もあり、なかなか購入に踏み切れませんでした。折角買い替えても、また同じように縁周りが斜めにカットされていたら無駄になってしまいますから。

実際天板、重いし、扱いに困るので。

なるべく補強プレートが目立たないように、とは思うものの、余計な一枚が間に挟まっているのが何となく落ち着かないんですよね‥。

そうした中、久しぶりに同社(FLEXISPOT社)から製品提供レビューの依頼をいただきました。で、当初は今月(2021年9月)8日に新発売の「E8 Bamboo」のレビュー依頼だったんです。もし私が既にスタンディングデスクを持っていなかったら、一も二もなく飛びついていた素晴らしいご提案だったのですが、流石に狭い我が家にスタンディングデスク2台は要りません

別途レビューしますが、フィットネスバイクも提供いただいていまして、そちらも部屋の一部をしっかり占拠していて(妻も便利だと感じてはくれているものの)「邪魔」と言われている状況でしたので、これでスタンディングデスク2台目が部屋に来たら流石に私達、過ごせません。というか、妻がしばらく口を聞いてくれなくなるかもしれない。ということで、担当の方に

「今既に御社のスタンディングデスクを2年愛用しているので、そのモデル(前述のゲーミングスタンディングデスク)の天板のみを今回発売のBamboo天板にするのはどうか?」

と交渉したところ、快く了承してくださったので、少し変則的なレビューになりますが、今回は「天板を変えてみた」レビューをしたいと思います。

FLEXISPOTから竹天板のみを提供していただきました。

で、早速届いたBamboo天板。ここで第一印象として非常に好印象だったのが、

梱包材一式がそこまで大型のゴミにならなかったこと

これはかなり大きいです。どうしてもこの手の製品は重いですし、搬送中の衝撃も考えて緩衝材やダンボールなどでかなり厳重にガードされているのですが、その分部屋まで持ち運ぶまでに重いし大きいし、作業後は頑張ってカッターなどで解体しないとゴミとして出せません。実際、前述のフィットネスバイクなんて、あまりに梱包材が大きすぎて、解体が大変で、自治体に相談して(梱包材一式を)粗大ごみで出させてもらいました

以前フィットネスバイクが届いた際に入っていた梱包材。
厚みも大きさもあったので、カッター等で解体するのが手強くて、結局粗大ごみで出しました。

ダンボール箱自体も大きかったですしね。それに比べると今回の天板は(天板のみだったこともあってか)比較的通常ゴミとして出せるサイズだったので非常に助かりました

こうした大型の製品を購入する時に意外と忘れがちなのが、こうした設置後に大量に発生する梱包材をどう片付けるか、という問題だと思います。こればかりは製品ページにも書いていませんし、そういう意味では、こうしたレビュー記事が役に立てばいいな、と思っています。

FLEXISPOTのスタンディングデスクは天板裏面の左右のこの部分が前後で合計8箇所、ネジ止め固定されているので、これを外して取り替えます。ただ、かなり重いので、一人で作業する場合は気をつけましょう(2人以上がやはりオススメ)

ということで、前置きが長くなった割に、中身自体は大したことがなくて申し訳ないのですが、取り付け自体は裏面にFLEXISPOTの製品用のネジ穴が予め開いているので、それに合わせて付属のネジで締めていくだけです。

まぁ天板を取り替えるためには、冒頭で紹介したような、一旦構築した机周りの環境をモニタースタンド等含めてすべて取り外して行う必要があるので、その点は若干面倒ですが、改めて机下の配線周りなどもある程度シンプルに、絡み合うことなくスムーズにまとめられる(まとめ直せる)のは良い機会かな、と思います。

天板交換前は(元々)ケーブル配線トレーの安定性が悪かったこともあるのですが、後から後からケーブルを足していったので、結構ゴチャゴチャしていて、下手に触れるとトレイに圧力がかかって落ちてしまう、という悪循環でした。

天板を変えたことで、ケーブル配線トレーも安定して固定できるようになりましたし、合わせてケーブル配線の見直しを行ったので、比較的シンプルにまとまりました(上の写真と見比べても分かりにくいですが)。

モニターアームスタンド等が安定して固定できるようになったことで、以前よりも机上での配置も自由度が増しました。

マイク用アームもこの面積なので、以前は固定しきれずに、少しマイクを動かすと外れて落ちてしまう、という状態でしたが、今回は安定しています。

ということで、机の上もある程度整理、その結果としてのこの時点での机の上の状態がこちらです。

最近はiPhone用スタンドやApple Watchの充電トレー、パームレストなど木製のものも多かったので、バランスは悪くないかな、と思います。

先程も載せた、交換前のデスク周りの写真です。
黒基調が好きな方だとこちらのほうが落ち着くかも‥この辺りは好みが分かれそうですね。

既存のメープルやディープウォールナット、他の木材ではなく竹素材を選んだ理由。

今回の天板交換、元々販売されていた「メープル」や「ディープウォールナット」などでも良かったのかもしれません。

ただ、前述のように縁周りが斜めにカットされるという仕様変更がされている、という話もあったので、そのリスクが気になったことと、あとは新製品のBamboo(竹)天板、というところにも惹かれました。

天板の縁もしっかり削られていて、触れても刺さる感じはありません。
この辺りの処理もしっかりしているのは好印象でした。

実際竹天板は、製品ページにもあるように、

環境にやさしい素材
天板には多層構造の竹集成材を採用しています。竹天板は耐水性と耐久性に優れているうえに、ほとんど膨張収縮しないので天板が反るなど変形しません。
また、竹は抗菌、脱臭効果があることが知られており、衛生面でも優れた材質です。

耐水性と耐久性に優れるだけでなく、抗菌や脱臭効果がある、というのも個人的な付加価値がありました。

竹天板で個人的に好きなのが、やはり表面に表情があること。
例えば側面も層になっていて、この部分が個人的には結構お気に入りだったりします。

耐久性に関しては現時点では未知数ですね。一応「ほとんど膨張収縮しないので天板が反るなど変形しません」とはなっているのですが、反面「ご注意:アクセサリーを取り付ける時は座金を使ってください。」といった記載もあり、これについてはこれから使いながら、というところですね。

あとは、やはり木製ではあるので、特に何も敷かずにキーボードやマウスを使ったり、また紙などをおいて字を書いたりしたら、痕が残りそうな気がして、少し扱いに慎重になるかも。この辺りは私の場合はキーボードとマウス下にはレザーマットを敷いています。

竹天板の上に直接キーボードとマウスは置かずに、一応レザーマットを敷いています。
もしかしたらもう少し広めのレザーマットを考えても良いかもな、と今思っています。

ということで、竹天板、現時点で非常に気に入っています。これ、ホント存在知ってから買おうと思っていたものだったので、絶妙のタイミングでお話をいただけて、しかも天板のみでもOKしていただいたことにとても感謝しています。

これから使っていく上で気になる部分が出てくるかもしれませんが、これからもデスク周りの環境はコンスタントにアップデートしていこうと思っているので、そうした中でその後の報告もしていきたいな、と思っています。

今回の文章で同社のスタンディングデスクと竹天板が気になった方は。

私の場合は既に同社のスタンディングデスク自体を使用していたので、その天板のみを交換する形に(交換した後の以前の天板の処分にも悩みますしね)しましたが、今スタンディングを検討されている方は、この竹天板付きの新製品である「E8 Bamboo」が2021年9月に発売されたばかりなので、こちらを購入するのがオススメです。

私が2年前に購入した頃のモデルに比べて細かい部分もアップデートされていますし、今から買うならこれ、ですね。

また、私のように既にデスク本体部分をお持ちの方は、天板のみの購入も可能です。

天板のサイズが「120x60x2cm」と「140x70x2cm(+¥3,300)」の2種類あるので、間違えないように注意しましょう。

また、この記事の公開時点からあと1週間ありませんが、現在FLEXISPOTでは公式Twitter4周年を迎えるということで、記念キャンペーンを開催していますので、ちょうど良いタイミングかもしれません。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

2019年夏、私はFLEXISPOTのゲーミングスタンディングデスクを購入した。

とても気に入っているゲーミングスタンディングデスクの天板の2つの惜しい点。

FLEXISPOTから竹天板のみを提供していただきました。

既存のメープルやディープウォールナット、他の木材ではなく竹素材を選んだ理由。

今回の文章で同社のスタンディングデスクと竹天板が気になった方は。

  • 2019年夏、私はFLEXISPOTのゲーミングスタンディングデスクを購入した。
  • とても気に入っているゲーミングスタンディングデスクの天板の2つの惜しい点。
  • FLEXISPOTから竹天板のみを提供していただきました。
  • 既存のメープルやディープウォールナット、他の木材ではなく竹素材を選んだ理由。
  • 今回の文章で同社のスタンディングデスクと竹天板が気になった方は。