[かぶ] 私はeve、僕はbob、君の名は?ChromebookのPublic codenameを調べよう。

[かぶ] 私はeve、僕はbob、君の名は?ChromebookのPublic codenameを調べよう。

スポンサーリンク

巷で話題のCPUの脆弱性の問題。修正パッチが不完全で却って不具合が出てしまったCPUがあったりと、まだまだ混乱しているようですが、この話、Intel製CPUを搭載したモデルも多くあるChromebookでも例外ではありません。セキュリティ面では他OSに比べて高く、普段は特に対策等を考えなくても良いと言われている(思われている)Chromebookでも、ユーザー側で現時点で特別何かを手動で行う必要はありませんが、自動アップデートを待たずに自分で更新をチェックするなど、意識は必要かな、と思っています。

Chrome OS Check for Updates

表示が英語でごめんなさい。
「設定」から「About Chrome OS」を開くと、Version等が表示されます。この横のアップデートを確認する(CHECK FOR UPDATES)をクリックすることで、手動でも確認が出来ます。

この話題については既に多くのメディアで取り上げられていますので、ここでは詳しくは書きません。ただ、Chromebookの場合について話題になる数日前に既にMonogamaの地獄の釜のフタを運営されている MonoGama@はてなブログ(@MonoGamaaa)さんが大変わかりやすい文章にされていますので、興味のある方はそちらをご覧ください。

http://www.monogama.space/entry/2018/01/10/123213

基本的には現時点でChromebookユーザーが行っておく(行える)対策は、常に最新版にアップデートしておく(するように意識しておく)、ということかな、と思っています。現時点での対策状況を見る限りでは、日本で出回っている主要モデルに関してはほぼ心配はないかな、と感じています。

では今回は何を書きたいのか、というと、表題のとおりです。

私はeve、僕はbob、君の名は?

もうさっぱり訳わかりませんね。すみません。前述の対策状況のサイトからご自身のモデルを探そうとして戸惑われたかたもいるのではないか、と思います。一般人には非常に探しづらい。何故なら、

製品(モデル)名順ではなく、Public codename順に並んでいるからです。

Chrome OS devices and kernel versions - The Chromium Projects

多くの方にとっては馴染みの薄いPublic codename順に並んでいます。
Chrome OS devices and kernel versions – The Chromium Projects

ちなみに今、私はこの文章を、今日開催の浜松オフに向かう新幹線の車内からPixelbookで書いているのですが、このPixelbookのPublic codenameは「eve」です。そう、このモデルはPixelbookではなくeveなんです。

このPublic codename、海外のChromebook関連のサイト(特にChrome unboxedとか)を眺めていると頻繁に出てきます。リーク情報などはこのPublic codenameから推測されることが多いんですね。開発陣の誰かのニックネームだったり諸説あるのですが、そこからこのニックネームはどこのメーカーの開発チームに以前いた○◯から取られているから、このモデルは恐らくこのメーカーの新製品に違いない、等々。実際、私が昨年のCOMPUTEXでAcerの品番も分からない謎のモデルが展示されていた、と発信した際には前述Chrome unboxedの中の人からcodenameを調べてくれ、とメッセージが来ました。そこからスペック等も推測するのですから、大したものです。というか、変な人たちです(冒頭の「About ChromeOSから「Detailed build information」に飛ぶと、「Firmware」という記述があるので、そこからもcodenameは分かります。)

ちょっと脱線しましたが、あなたの愛用モデルのcodenameは何でしたか?

敢えてここで一覧を挙げても良いのですが、折角なのでご自身のChromebookの「設定」画面から、もしくは先程の「対策状況」のページから、探してみてほしいな、と思います。

codenameがわかると、何となく今までよりもChromebookが身近に感じられるようになるかもしれません(既に愛称を付けている方もいると思いますが)。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。