[かぶ] PlusやC302CAも勿論良いけれど、この価格帯ならRefurbishedながらHP Chromebook 13 G1 8GB版も選択肢に入れてみて欲しい。

[かぶ] PlusやC302CAも勿論良いけれど、この価格帯ならRefurbishedながらHP Chromebook 13 G1 8GB版も選択肢に入れてみて欲しい。

スポンサーリンク

先程の文章の冒頭で、

私もお気に入りのChromebookの一つでもある、Samsung Chromebook Plus。使い勝手をトータルで考えると同時期に発売されたASUS Chromebook Flip C302CAのほうが個人的には快適なのだけれど、何となくChromebookの新しい形を見せてくれるようなワクワク感があって、つい出先に持っていくのはこのSamsung Plusになってしまいます。

などと書いておきながら、本日持ち歩いているのはHP Chromebook 13 G1です。そして恥ずかしげもなく、偉そうにこんなことを書いてみたいと思います。

Samsung Chromebook PlusもASUS Chromebook Flip C302CAも素晴らしいけれど、もしこの辺りのモデルを選択肢に入れているのであれば、

是非Core m5、8GB RAM版のHP Chromebook 13 G1も選択肢に入れてみて。

それも、転送サービスを使う必要があるけれど、米AmazonでRefurbished版を検討してみて欲しい。

これ、普通に買うと$800近いんですが(私はこれを当時日本直送可だったSellerから送料$100近く+日本到着後の税金含めると合計で10万超えで買いました)、Refurbished Modelが最近少し出始めていまして、$419.99なんです。

Used & newよりOffers for this productを選択)

このモデルについては以前にも何度も触れていますが、現時点での自宅でのメインPCです。

以前から「私のメインのPCはChromebook」と書いてきました。これは自宅、外出先ともに変わりません。 我が家にはCore i7-6700Kに32GB RAM、更にRADEON RX480ま...

未だStableチャンネルではGoogle Playストアには未対応(Betaでは対応)ながら、Core m5、8GB RAMはPixel 2015やごくごく一部のモデルを除けばほぼ稀有の存在です。(HP 13 G1にはCore m7、16GB RAMモデルもありますが)

現状のChromebookを考えればCore m5でなくとも、m3で十分すぎるほど快適です。ただ、8GB RAMというのはやはり安心感が違います。そして、13.3インチという大きさはキーボードの使い勝手だけでなく、実用的かは別としても最大3200×1800という高解像度での表示まで可能な液晶パネルと合わせて非常に快適な使い勝手をもたらしてくれます。

先月末~今月初めにかけて自宅Windows PCが不調だったため、環境を再構築して再セットアップ等をしていたのですが、その過程で(かなりしっかりバックアップ体制は取っていたにも関わらず)ところどころ不...

最近の刺激的な新作モデルの影に隠れてしまっていますが、現時点でもChromebookにおけるハイエンドモデルの一つでもあり、またハイエンドならではのコストのかかった作りと(チープPixelと言われたこともありましたが)スペックは第一線で安心して使うことが出来ると思っています。

今までネックになっていたのがやはり価格。8GBのモデルでも通常で$800に送料諸々加えればやはり10万超えです。これは流石に勧めにくいのですが、今回挙げたRefurbishedモデルを転送サービスを使って購入するのであれば、今話題のSamsung Chromebook PlusやASUS Chromebook Flip C302CAを購入するのとそれほど金額的には変わらなくなってしまうのですね。

自宅で、そして今日出先で使ってみて、改めてこのモデルの良さを再認識してしまったため、前回の文章でのSamsung Chromebook Plus推しの舌の根も乾かぬうちに、このHP Chromebook 13 G1を改めて推したいと思います。

現在愛用中のメインPC、HP Chromebook 13 G1。 前回は主にCPUやRAM容量、画面解像度(3200x1800)といった点からこの一ヶ月半使ってきて感じたことを書いてみま...
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。