[かぶ] Chromebook Pixelの終了を受けて、今Pixel 2015の魅力が俄然高まっていると個人的には思っています。

[かぶ] Chromebook Pixelの終了を受けて、今Pixel 2015の魅力が俄然高まっていると個人的には思っています。

スポンサーリンク

昨日流れたこのニュース。

Google calls ‘time’ on the Pixel laptop | TechCrunch

日本語メディアでも幾つかで流していまして、「Google Chromebook Pixel終了」ということで一部で話題になっていますが、これは別に現行のハイエンドモデル、Google Chromebook Pixelのサポートも含めて終了した、という訳ではありません。あくまでGoogle自身が開発、発売するハイエンドChromebookでもあるPixelの次期モデルの開発の予定はないよ、ということ。

これは確かに残念ではありますが、最近は他メーカーも幅広い価格帯でChromebookを出してきていますし(私の持っているHP Chromebook 13 G1もハイエンドはCore m7に16GB RAM、またASUSの新作C302CAも英国ではCore m7モデルが発売されるという話もあり)、また今後Androidアプリへの対応等々も考えると、従来型のPixel的なモデルを敢えてGoogle自身が出す必要がなくなった、ということでもあります。

でも、だからといって、現行Pixel(2015)の価値が落ちるわけでも、まして「買った人涙目」なわけでもなく、むしろ、

私、今めちゃくちゃPixel 2015欲しいんですが。

現在では弾数自体が非常に限られていますが、もともとこのPixel、発売当時から無駄にハイスペックでハイクオリティなChromebookとして、一般受けはしないけれど一部のChromebook好きからは「いつかは欲しいかも」と思われていたシリーズです。無駄にコストもかかってますし、液晶もハイクオリティ。12.85インチ、Aspect Ratio 3:2なんて、まさに今回Samsung Chromebook Plusが採用して高い評価を受けている組み合わせです。

実際私はほぼ2年前にこんな文章を書いています。

Chromebook大好きな 鈴木 章史 です。今日もこの文章をChromebook Acer c720で書いています。私のような人間にはこれで充分です、ではありません。私のような人間には、下手なハイ...

Chromebookに14万?アホか。恐らく使ったことのない人はそう感じるかもしれません。完全な嗜好品です。AppleWatchの金無垢モデル100万超えに興奮している人を遠目に見ている状況に近いかもしれません。

でもね、良いですよ、これ。何が?

だって、これ使いたいがために、使う目的を探したくなりますから

万年筆に興味を持つのと感覚が似ているかもしれません。

機械式腕時計に興味を持つのとも同じ感覚です。

当時お会いしたGoogleの日本の担当の方にぜひ日本でも、と暑くお願いしたのですが結局実現には至らず、今回こうして次期モデルの開発がされないという情報が流れたわけですが。

むしろこれはチャンスかもしれない

などと考えています。

だって、ChromebookといえばAndroidアプリ対応と考えている方には(Pixel 2015は最初に対応したモデルですが)、この旧来のChromebookよりもおそらくこれから続々と出て来るであろう、新鮮なChromebookのほうが魅力的に映るでしょう。ということは、サポート期間があと2〜3年(Chromebookのサポート期間は発売から5年程度)ということを考えると、そろそろ手放す人が出てくると思うのです。(ちなみにPixel 2015の自動更新の有効期限は2020年3月まで

自動更新ポリシー – Chrome for business and education ヘルプ

Pixel自体は残念ながら2015モデルで終了となりますが、今後も似たようなモデルは各社から出てくるでしょう。それでもGoogle自身が当時採算度外視で作り上げたこのコンセプトモデルの価値はこれからも変わらないと思います。

私も何らかの形でこのモデルを入手したいなぁ、と思っています。

ちなみにバッテリーの持ちが当時から惜しいとされていた2013年モデルはこの価格。来年(2018年4月)で自動更新も終わり、かつAndroidアプリへの対応もおそらく今後もされないでしょうが、Chromebook好きにはこちらも魅力的なモデルです。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。