[かぶ] ASUS Chromebook Flip C302CA発表。用途と使い勝手を考えれば、このスペックは十分にありだと思います。

[かぶ] ASUS Chromebook Flip C302CA発表。用途と使い勝手を考えれば、このスペックは十分にありだと思います。

スポンサーリンク

現在アメリカで開催されているCES2017にて、先日より話題になっていたASUSのChromebookの新作、Chromebook Flip C302CAが発表されました。

ASUS Chromebook Flip C302CA | Notebooks | ASUS Global

このモデル、Chromebook好きの間では昨年後半から話題にはなっていまして、つい先日もお馴染みChrome UnboxedにてUnboxing映像が公開されました。

Unboxing映像が出ても実際にアメリカ本国での入手報告が非常に限られていることも多く、今回も果たしていつ正式に発表になるのか気になるところですが、ひとまず近日の発売を楽しみにしても良いのかな、という気がしています。

気になるスペックに関してですが、Flipということで、前モデルでもあり、現行の数少ない日本国内販売モデルでもあるASUS Chromebook Flip C100PAの後継のような立ち位置に見えますが、サイズも10.1インチから12.5インチと大きくなり、またスペックも価格もだいぶ上がってきています。

CPU Intel Core m3-6Y30 / m7-6Y75
Memory 4GB / 8GB
Display 12.5″ (16:9) LED backlit FHD (1920×1080) 60Hz Glare Panel with 45% NTSC
Storage 32GB / 64GB / 128GB EMMC
Interface USB 3.1 Type-C x2
Dimensions / Weight 304 x 210 x 13.7 mm / 1.2 kg
Price $499〜?

特に今まで出ていた360度ヒンジタイプのChromebookとしては初めてのIntel Core m搭載ということで、価格も予想では$499〜。「ChromebookにCore mとか要らないでしょ」という声も多い現状ではありますが、現在Core m5のChromebookを使っている私としては十分にあり。

先月末~今月初めにかけて自宅Windows PCが不調だったため、環境を再構築して再セットアップ等をしていたのですが、その過程で(かなりしっかりバックアップ体制は取っていたにも関わらず)ところどころ不...

むしろせめて最近暑く取り上げているLenovo ThinkPad 13 Chromebookの最下位モデルに搭載されているような、Celeron 3855Uくらいはそろそろこうした多目的多用途で楽しめそうなモデルには搭載してほしいな、と考えていたくらいです。

そうした点では、現時点で本国でも相変わらず品薄が続いている話題のモデルでもあるAcer Chromebook R13の対抗馬としても、あとは価格でどちらか好みを選べる、という意味で選択肢も広がって良いのではないかと思います。Flip C302CAほどのCPUが不要であれば$399のAcer R13があるわけです。

最大解像度も1920×1080と(人によっては4:3が良かった、という意見もあるとは思いますが)極端に高解像度にしてこなかったのも却って良かったかな、と思います。実際に現在13.3インチのThinkPad 13 Chromebookで1920×1080、HP Chromebook 13 G1で3200×1800、1600×900と使ってきていますが、13.3インチでも高解像度は実用的かと言われると、やはり1920×1080程度までかな、という気がしています。(Chromebook Pixelの高解像度の例はあるので、一概に使えない、とは言えないとは思いますが)

無理に欲張らず、けれど今後のAndroidアプリへの対応などを考えると、余裕を持たせたCPU、更にMemory(RAM)に8GBの選択肢、ストレージに32GBだけでなく、64GBや128GBも増やしたことは好印象です。

もちろん、現行Flipの10.1インチという手頃さはASUSの独壇場だったわけで、このサイズは今後も継続して出していって欲しいと思っていますが、この点は大丈夫かな、と考えています。ASUSはAcer同様、幅広い価格とサイズ、スペック展開で安定して出し続けている、ChromeOS分野では安定のメーカーです。

ひとまず、C302CA、米Amazonなり海外のサイトで出荷が始まりましたら、購入を検討したいと思います。

ただ、Core m7、8GB RAM、64GB〜128GBとなると、価格的には$800は越えてきそうな気もしますね。(HP Chromebook 13 G1がその価格帯なので)

引き続き情報を楽しみに追い続けたいと思います。

米Amazonでも取り扱いが始まったようです。現在まだ品薄ながら、日本直送も可能のようですね。

追記:2017年2月6日 0:00 更新

こちらの文章がここ最近アクセス数が急に伸びてきているようですので、とても嬉しいのですが、こちらは発売前、入手前に書いたものですので、その後について追記しておきます。

既に手元に届いておりまして、日々愛用しております。細かいレビューに関してはLife Style Imageの下記の文章で、

既に国内においても購入者が少しずつ出ておりますが、私もようやく入手致しました。2016年後半から2017年前半にかけての注目モデルの一つ、ASUS Chromebook Flip C302CAです。 ...
前回、開けることにより「技適マーク」が確認できましたので、今回から実際に使ってみての印象について書いてみたいと思います。 今年は色々と新しい動きが見られそうなChromebookですが、...

また、こちらでも簡単なレビューや感想、関連アクセサリーを入手するたびに書き足しています。

https://office-kabu.jp/?p=19065

Chromebookでは「トラックパッド」ではなく「タッチパッド」と呼ぶようですが、商品名がトラックパッドなので、今回はこちらで統一します。 既に何度かレビューしているASUS Chromebo...
https://office-kabu.jp/?p=19074

あわせてご覧いただけますと嬉しいです。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。