[かぶ] ASUS JAPANがChromebook豆知識コーナーを公開。「ここに行けば必要な情報が手に入る」メーカー公式のポータルサイトとなることを期待します。

[かぶ] ASUS JAPANがChromebook豆知識コーナーを公開。「ここに行けば必要な情報が手に入る」メーカー公式のポータルサイトとなることを期待します。

スポンサーリンク

2019年2月にASUS JAPANがASUS Store OnlineにChromebookの特設ページを開設したことは以前文章にしましたが、今回更に「豆知識コーナー」が開設され、内容が少しずつ充実してきています。

今回新たに増えたページはこちら。

URLを確認してみた限りでは、Online Store上というよりもtechinstyle.asus.com上にコンテンツとして作られているようです。

私もお気に入りの禅太郎が登場。文章作成時点で既に第3回まで更新されています。

第一回は以前も取り上げましたが、人気モデルC101PAのインナーケース特集。こうしたアクセサリについては勿論個人ユーザーもそれぞれのブログ等で情報を発信していますが、メーカー側から公式に寸法などの情報も含めた形でしっかり発信してくれる、というのはありがたいことです。

C101PAは教育現場でも導入例の多いモデル。ただ、コンパクト、軽量であることは魅力ではあるものの、やはり学生が普段から気軽に使う上では(耐衝撃モデルに比べて)不安が残るのは確かです。実際には滅多に傷つけることはなかったとしても、こうしたインナーケースに入れている、というだけで安心感が違いますし、そうした(傷が付いてしまわないかといった)小さなストレスが日々無くなるだけでも使い勝手が大きく向上します。

やはり個人ユーザーがブログで発信しても、届く範囲が限られてしまいます。その点でメーカーが自ら検証している、というのはありがたいです。これに続いて是非C302CAについても特集して欲しいな、と思います。

続いて第二回はC213NA。私たちもレビューや新作情報などで気軽に「ミルスペック」と書きますが、この規格、実際には通す検査の数や種類などによって同じミルスペックでもまったく違ってきます。そしてこうした細かい情報というのは個人ユーザーではなかなか検証や発信が難しい部分でもあると思っています。

まずこちらのモデルは主に学校関係のお客様より多くのご検討をいただいております。その際、「米国国防総省の軍用規格(MIL-STD-810G)に準拠した〜」というご説明をさせていただいているわけですが、とあるお客様から ”MIL” の単語だけが先行してしまっていて具体的にどれだけ丈夫なのかイメージが湧きづらいと…いうお声を頂戴しました。

私も普段メーカーから貸していただく際にはこの辺りの点もなるべく(例え説明的になってしまっても)触れようとは思っているのですが、意外と手強いな、というのが正直なところでした。第一私がC213NAのMIL-STD-810Gについて発信しても学校関係の方にどの程度届けられるか。その点、しっかりとメーカーがこうした大切な情報を発信してくれる、というのは嬉しいですね。

何となく「ミルスペックだから安心」で済ませてしまいがちですが、非常に興味深い内容でもありますので、是非一度は読んでみて欲しいな、と思います。

続いて意外な豆知識。「Chromebook のバッテリー充電容量を確認する方法」。

これ、私今まで触れたことありませんでした。そして、個人ユーザーの弱点は、個々には素晴らしい(よくもここまで調べたね、ホント的な)情報を持っていても、どうしても分散してしまって必要としている人の元に届きにくい、という点があると思っています。メーカーのポータル的なサイトとして、様々な豆知識が「ここに行けば手に入る」となればいいな、と思っています。ネット上や会報誌でも「Chromebookの入門マニュアル的なもの」の作成の声は上がってはいるのですが、なかなかすぐには実現に移せていないのが現状です。今回のことがきっかけになって、より国内での情報が充実していくと良いな、と思っています。

私たち個人ユーザーや個人ブロガーの情報もその際には役に立ったら良いですね。ということで、ASUS JAPANの担当の方には、当ブログの情報は自由にお使いいただいて全く構いませんので、お気軽にご活用下さい(一部古いままアップデートされていない情報もありますが)。

ということで、ASUS JAPANの展開に引き続き期待したいと思います。

なお、最近時々触れてはいますが、一年前に出したKDP書籍「アカウントを持って街へ出よう」、アップデートが遅々として進んでおりませんでしたが、現在アップデート作業を行っております。近々アップデートのお知らせが出来たら、と思っています。よろしくお願い致します。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の4冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。