[かぶ] 今、$200以下のChromebookが面白い。私の愛用するASUS C202SAとLenovo ThinkPad 13 Chromebook。

今回の帰省に持ち帰ったLenovo ThinkPad 13 Chromebook。実家ではWi-Fiを使えるようにしているので(一軒家+周囲の家の使用状況のためか、かなり速度が速い。)Chromebook1台持って帰ればだいたいの仕事と作業は出来てしまいます。

むしろこのChromebookでは手に余るような本格的な作業は実家ではしないようにしています。あくまで実家の家族との時間を大切にしたいために帰省しているのですから。たとえば家族旅行に出かけて、一人ホテルで仕事しているような状況は寂しいし悲しいと思うのです。

さて、そんなChromebookの魅力の一つが価格の手頃さにあることは確かです。私も比較的ハイスペックなChromebookを愛用してはいますが、基本的にはよほどChromeOSの考え方と使い方が肌に合わない限り、無理に高いモデルを入手する必要はないと思います。

そんな時の一つの目安が私の中では海外モデルで$180前後。これについては既にLife Style Imageでも何度か書いています。

[かぶ] 執筆ならポメラ、ブロガーならMacBookです。でも何となくChromebookが気になっちゃったあなたへ、現行モデルは$180前後をベースで考えましょう。
ここ最近、Chromebookについて書いてきていますが、それでは2016年10月の時点でそれぞれの用途に合わせると、どんなモデルが良いのでしょうか。今回は「人それぞれ」と簡単に片付けず、主観を交えて現在のChromebookの中から考えてみたいと思います。 まずはこんな用途を考えているあなたにオススメのモデルから取り上げます。 私は執筆メインに使いたい。余計な邪魔や誘惑の入らない、文章入力に特化したモデルが欲しい。 @AshRose_919 @N_19970610 いや純粋にね、Chromebookっていうキモいノートパソコンがあって3万円ぐらいで買えるから物書き専用にしよっかなっていう— のこのこ㌠ (@nokonokodx) 2016年10月10日 ポメラ買いましょう。 ちょうど今月末には待望の新モデルDM200も出ることですし、私自身もかなり心動かされています。先ほどのツイートの埋め込みに他意はありません。「キモいノートパソコン」がツボにハマっただけです。 5年ぶりの新ポメラ DM200は価格に見合った性能か?実機をチェック – Engadget Japanese 若者よ、今こそ「ポメラ」を使え!–最新デジタルメモ「ポメラDM200」の魅力 - えんウチ こんなのポメラじゃない。こんなのキングジムじゃない。というわがままな方は、今回の新製品発表で今までのフラッグシップ機DM100の価格がかなり大きく変動しておりますので、タイミングを見計らってこちらを入手するのも手です。 Chromebookは思想的に何となく方向性が似ているような気がするのですが、文章入力、と考えるのであればポメラです。それか無難にWindowsなりMacなりが良いと思います。何よりChromebookはダメではないけれど日本語入力はツメが甘い。単語辞書登録も同期してくれませんしね。これなら普通にATOKとか使ったほうが今までの辞書使えます。また今回のポメラはパワーアップしたATOK入ってますし。 そして、それらとは単純に価格では比較できるものではない、唯一無二の魅力を持っているのがポメラです。これはもうスペック比較で分かるものでもなく、また単なる感傷的な部分でもなく、けれどメンタル面ではかなり大きい重要な部分をポメラはしっかり握っています。

そして、別に意図していたわけではないのですが、今個人的に自信を持って薦められるモデルが2つとも、実売価格でこの辺り($180前後)なのです。サイズは日本では人気の11.6″と13.3″。
そうです、もうお気づきですね。

愛用中の、ASUS C202SA(11.6″)とLenovo ThinkPad 13 Chromebook(13.3″)です。

私自身が実際に使っているので使い勝手がわかる」という理由も大きいのですが、実際に私は以下の点に魅力を感じています。

  1. 必要十分なCPU処理能力(N3060/3855U)とRAM容量(4GB)
  2. 必要十分なバッテリーのもち(9〜10時間)
  3. 耐落下・耐水や米国軍事規格 MIL-STD 810G準拠という実用上の安心感
  4. 180度開く本体(TNパネルではあるものの液晶角度の細かい調整が可能)
  5. 日本未発売モデルではあるものの、日本での使用に安心の「技適認証済」

もちろんスペックだけではなく、私の中では多少重さがあっても(この2台とも決して軽くはないので)傷や落下を恐れて分厚いちょっと重いスリーブやケースに入れて丁寧に扱う必要がない安心感というのは何者にも代えがたい魅力でもあります。どちらも鷲掴みで本体を持ってどこへでも移動、広げて作業が出来そうな「日常の道具感」に溢れています。

この2モデルの主な違いは

ASUS C202SA Lenovo ThinkPad 13 Chromebook
本体サイズ 11.6″ 13.3″
充電端子 専用 ACアダプター USB Type-C
耐水・耐衝撃性 耐水(約70ml)落下(約120cm / 約80cm) 米国軍事規格 MIL-STD 810G準拠
米Amazonからの直送 ×(要 転送サービス等)

もちろんCPUは違うので、より軽快さを求めるのであればLenovo ThinkPad 13 Chromebookですが、ここは好みで選んで問題ないかなぁ、と思います。ちなみに、保証に関しては両社とも国際保証が付いていますが、ASUS JAPANはラップトップPCに関しては「出来る限りの対応はする」程度、Lenovo Japanは「国内未発売モデルは国内での保証対象外」ということです。

ただ、どちらも本体価格$180前後で入手できる端末としては非常にバランスの良いモデルです。と考えると、この2モデルがこの価格帯で入手できる現状というのはなかなか魅力的で面白いのではないかなぁ、と思います。

[かぶ] 今回のLenovo ThinkPad 13 Chromebook購入にあたり個人輸入・転送サービスを利用したので、その過程について書いてみます。
前回レビューしたLenovo ThinkPad 13 Chromebook、購入先は米Amazonだったのですが、日本への直送をしていませんでした。 今まででしたら日本直送可能な製品もしくは発送可能なSellerのある製品を探していました。ただ、最近海外転送サービスが手数料も手頃でそれ程コストとしては変わらない、という印象を受けていまして、今回試しに日本ではお馴染みの個人輸入・転送サービスの一つ、スピアネットを利用してみました。 個人輸入・転送サービスなら、信頼、実績のスピアネット。 本来であれば日本で豊富な選択肢の中から自分の好きなChromebookを選べるのが理想なのですが、なかなか現在の非常にマイナーで限られた国内市場では難しいものです。個人輸入・転送サービスを利用できるようになるとかなり選択肢に幅が出来、自由度も高くなってきますので、興味のある方は一度試してみて下さい。 日本直送のないLenovo ThinkPad 13 Chromebookを転送サービスを使って注文する。 「転送サービスを使って」と書きましたが、実際の流れとしては普通に米Amazonで欲しい商品を注文し、発送先の住所を登録した転送サービスで指定された住所に設定するだけです。指定された住所に届いた商品は、転送サービス側で再度梱包された上で、日本の自分の住所に発送してくれます。その際に、転送手数料と日本への送料を合わせた金額を支払うだけです。 例えば今回取り上げたスピアネットの場合、登録は無料ですし、実際に転送を依頼しない限り料金は発生しません。予め時間の余裕のあるときにひとまず登録だけでもして、米Amazonのアカウントのアドレス帳に住所を登録しておくと楽です。 まずは転送サービスの会員登録をして住所を取得する。 以下、米Amazon以外は転送サービスに関してはサイト自体が日本語で表示されていますので、特に戸惑う部分もないと思います。「無料会員登録」をクリックしてまずは会員登録をします。 その後、自分のアカウントページより、「お荷物受取センター住所」を確認。 この住所をAmazonのアカウントページより発送先のアドレスとして登録すれば完了です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク