[腕時計] トランスオーシャン、自動巻60周年、3RD復刻。思わず見つけてしまった最近のSEIKOの良モデルを挙げてみます。

[腕時計] トランスオーシャン、自動巻60周年、3RD復刻。思わず見つけてしまった最近のSEIKOの良モデルを挙げてみます。

スポンサーリンク

昨年のこの時期は「国産ダイバーズウォッチ誕生50周年記念限定モデル」に遅ればせながら気付き、出遅れた感に少し後悔している内に姿が消えました。

当初、前回の続きを書くつもりだったのですが、急遽内容を変更してお届けします。 と思うくらい、出遅れた感に少し後悔しているので。 そんなすっかり忘れていた、国産ダイバーズウォッチ誕生...

今でも日々多くのアクセスを頂いている上の記事ですが、SBDC027は本当に買っておけば良かったよ。限定には基本心動かされない私ですが、これは良かったです。残念。でもありがたいのはレギュラーモデルが長く続いてくれていること。今もSBDC001は販売されていますから。

ということで年始に時間があったりしてついネットを彷徨うと危険なのがSEIKOのモデルです。特に海外のサイトを眺めていると危険です。

今回はそんな中から、主に日本でも既に発売された2モデルと、今後発売を期待したい1モデルをご紹介したいと思います。

二律背反の本格ダイバーズウオッチ“ TRANSOCEAN ”

元々メーカーのサイトなんてカタログ写真(色味や表情などが違うといった問題が起きないように、ある一定の規格に則った写真(画像)の載せ方)でしか商品を並べられなかったので、どう見ても魅力なんて感じたくても感じられなかったのですが、そんな中でもイメージを作るのが上手くなったな、と感じます。画像は下記SEIKOのサイトからお借りしています。

トランスオーシャン | ダイバースキューバ | 海 | プロスペックス | セイコーウオッチ

1144-201601_SEIKO Prospex Transocean

SEIKOのダイバーズウォッチが特別なのは今までにも折に触れて書いてきましたが、国内だけでなく海外でも人気のこのシリーズ。今回のTRANSOCEANも格好いいじゃないですか。ゼロハリバートンコラボレーション限定モデルは個人的には限定なので興味はありません。製品の魅力はそれが定番になり得るか、だと思っているので。

基本的に記念モデルや限定モデルは余程のことがない限り買いませんが、今回はSBDC037、039、041と通常モデルを出しているので、これを長く出し続けて欲しいと思います。

キャリバーNo 6R15、内面無反射コーティングのサファイアガラス、200m潜水用防水、耐磁(4,800A/mの直流磁界にさらされても影響をうけない)で大きさは約45mm。通常の時計であれば私はやはり40mm以内に収めたいのですが、ダイバーズウォッチは別です。これくらいが丁度良い。

セイコー自動巻腕時計60周年限定モデル SARX031

上で「個人的には限定なので興味はありません」と書いた舌の根も乾かぬうちに取り上げますが、国産初の自動巻腕時計誕生60周年の記念モデルがプレサージュから登場。画像は再びSEIKOのサイトからお借りします。

プレザージュ SARX031の製品詳細|セイコーウオッチ

1144-201601_SEIKO Presage SARX031

先ほどのトランスオーシャンと比べるとあまりに寂しいですが、基本的にメーカーのサイトの製品一覧の写真(画像)に関しては、このような様式美に則って載せられています。にしてもなんでメーカーのサイトはどこも探しにくい見にくいのオンパレードなんでしょうか。このモデルだって素敵なんですよ。

鏡面仕上げを施した金属製のインデックスには、透明な塗料を吹きかけて、あえて艶を抑える新開発のセミグロス仕上げを採用しており、繊細な風合いの美しさと見やすさを両立。

限定モデルの証としてのシリアルナンバーなんぞは私にとっては余計なだけですし、60周年があるということは50周年や70周年もある訳で記念でも何でもないとも言えますが、単純に時計として素敵だな、と。

こちらもトランスオーシャン同様、キャリバーは6R15。内面無反射コーティングのサファイアガラス、バンドはクロコダイル。大きさが縦47.3mm、横40.3mmと大きいのが少し気になりますが、一昨日より発売されたようなので是非一度見てみたいと思います。

3rd ダイバーズの復刻か。SEIKO SRP777、779、773

タイ語ですが。海外の方が早い。日本では出る予定はないのでしょうか。また海外から個人輸入かなぁ。おなじみFratellowatchesの記事はこちら。

Seiko is a paradox. On the one hand, they’re on the leading edge of innovation with models such as their Astron, but…

Posted by Fratellowatches on 2015年11月17日

New Seiko Prospex…the Return of the “6309”

最近SEIKOは積極的に過去の傑作モデルの復刻を出していますが、今回のモデルもその一環かと思われます。3rdに関しては思い入れの強い方も多く、例えばこちらのページでは4回に渡って考察をしています。

SEIKO DIVER’S ”3RD” ~ |  『ちょい枯れオヤジ』の腕時計指南

まだ一見したところでは国内で販売しているところはなく、また販売した場合も楽天などで並行輸入業者や個人からになるため価格は高めになると思います。興味のある方は「SRP777」「SRP779」「SRP773」の興味のあるモデルで時々検索をかけて購入出来るサイトを探すのが得策かと思います。

追記:2016年10月13日 23:45 更新 – 米Amazonでは出品されるようになりました。

久しぶりに検索してみたところ、米アマゾンでは普通に出品され始めているようですね。Sellerによっては日本への発送が不可のところもありますが、基本的に海外SEIKOは海外で買うのが最も安くなります。今もアクセスの非常に多いこの記事でしたので、追記という形で報告させて頂きます。

今年もまだまだ数多くの魅力的なSEIKOが眠っていると思います。

常にサイトをチェックしている訳ではないので、たまに見るとやられちゃうんですね。ただ、さらっと流しただけだと分かりにくいので気付かずに終わってしまうことも多々。特にSEIKOはファン層が厚いので、油断するとあっという間に売れてあっという間に無くなります。それが良いことなのかは別ですが。

何度も書きますが、私は定番こそ細く長く出し続けて欲しいと思っています。復刻も素晴らしいですが、復刻になるのはそれだけ元のモデルが素晴らしかったからです。そうしたモデルこそ、過去のオマージュではなく、今のSEIKOの力で新たな定番、名作を生み出して欲しいと思うのです。

私はSEIKOが好きです。日本を代表する素晴らしい時計メーカーだと思っています。今年も暑く追っていきたいと思っています。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。