[腕時計] 私を腕時計の世界へ誘ってくれたブランド、GSXが10年振りに代表作900Lineの新型906を発表。私の想いをちょっとだけ語るよ。

[腕時計] 私を腕時計の世界へ誘ってくれたブランド、GSXが10年振りに代表作900Lineの新型906を発表。私の想いをちょっとだけ語るよ。

シェアする

スポンサーリンク

今まで色々な腕時計について時折触れてきましたが、私を以前から知る人にとってはある時計ブランドについて一切触れていないことを不思議に思われるかもしれません。

今日はそんな時計について。

私に影響を与えてくれた腕時計は色々あります。その時々に出会った時計が私にとって想い出の一本であったり、その後の方向性を決めたり、もしくは私の価値観を変えてしまったり。

私がこの時計について触れなかったのは、私にとってあまりに身近にあり続けたために、またある意味では関係者でもあったために、個人のブログという場ではあっても果たしてどう書いて良いのか迷っていた、悩んでいた、というのがあります。

そんな時計がこの春、10年振りに新しくなります。今回はその場にいることが出来ないのは残念ではあるのですが、その分一ユーザー、一ファンとして眺めることが出来る、というのは新鮮でもあり、また良いことなのかもしれません。

それが、1995年に創立した日本の時計ブランド、GSXです。

GSX WATCH JAPAN-時計・腕時計の公式サイト

GSX WEDDING COLLECTION(GSX904WED GSX903WED)

1234-201604_GSX904WED GSX903WED 01

今、私の手元に残っている数少ない腕時計の一つが、1995年に創立した日本の時計ブランド、GSXの代表作、GSX904です。写真は女性用のGSX903とペアでWEDDING COLLECTIONとして発売された少し特別なモデル。文字盤12時位置にダイヤが埋め込まれ、ケースとブレス全体にプラチナコーティングが施されています。

1234-201604_GSX904WED GSX903WED 05

こちらが女性用のGSX903(写真はGSX903WED)。

1234-201604_GSX904WED GSX903WED 04

こちらが男性用(でも女性が腕にするとなかなか素敵な)GSX904(写真はGSX904WED)。

裏蓋は904は通常シースルーなのですが、このモデルは別途刻印が可能な裏蓋が付いています。私は妻と結婚した29歳の時に、結婚指輪が好きではない妻に合わせて、また私が時計好きでもあったこともあり、この時計をペアで購入、妻に贈りました。

初代GSX900は私を腕時計の世界へ誘ってくれた一本。

初めてこのGSX900Lineを見たのは大学生の頃。新宿の、当時GSX販売の総本山だったお店に時折入荷していた(総本山であっても常に在庫があるわけではなく、取扱い店舗も当時はほとんどなかったので、一期一会のようなもの。ただ限定ではないので「待てば必ず買える」というものだった。)このモデルに惹かれました。定番は4色展開です。

当時としては5万円という金額は出せないものではないものの、なかなか勇気が要ったのも確か。まだファッション等にも目覚める前です。ようやく手に入れたGSX900SBLは、あまりの嬉しさにその後初めての渡米(叔父の所に遊びに行った)時にも腕にしていき、向こうで叔父の飼っていた犬に噛みつかれ、表面のガラスが欠ける(割れはせず、犬の歯形が残る)という想い出付きでした。(当時ガラスはサファイヤクリスタルではなくミネラルクリスタルだった)

その後こちらで働くことになった時の面接でもその話をしたのは今では懐かしい想い出。そう、私はその後、このGSXを販売している会社に就職したのです。

写真撮影が非常に難しい美しい三次元曲面構造の腕時計。

何となく言葉が当時使っていたものに似てきてしまいましたが、GSXのラインは色々ありますが、特にこのGSX900LineはGSXと名前がつくラインのフラッグシップです。特徴の一つが、この写真を撮ろうとしてもなかなか上手く撮れない美しい三次元曲面構造の本体です。以前雑誌で取り上げるにあたってよくお会いしたプロのカメラマンの方が、撮影に来る度に嘆いていました。

そんなモデルなので、私が手元にあるiPhone程度で特に補正もせず撮るとこうなります。

1234-201604_GSX904WED GSX903WED 02

顔は映るわ表情は出ないわで大変。実際、当時からコアなファンにお会いしていましたが、皆さん写真を撮るのは難しい、と言われていました。今探しても、なかなか本体そのものの本当の魅力を伝えられている写真というのはほとんど見当たりません。

離れて間もなく10年近く経つけれど、それでも語りたくなることは山ほどある。

そう、幾らでもあります。それは単に販売する側としてのセールストークとしてではなく、そもそも私はこのGSXに惚れ込んでいたからです。もう販売側以前に一コアファンだったんですね。(その気持ちは今もまったく変わりませんが)

ちなみにGSXはガワ時計、中身はSEIKO 5と同じ7Sじゃん、と揶揄した文章も当時ありましたが(GSX900はそうしたマニアにはウケの良いSEIKOの名機の一つ4S、GSX904は7S)私がこのブログでも暑く語っているように、7SこそSEIKOの生み出した最高のムーブメントの一つだと思っています。いや、だからGSX904が7Sになった訳でも、それが好きな理由な訳でもないんですが。

スペック云々含めて、語れる部分は幾らでもあるんですよ。そりゃそうだ、元々販売側でしたし。いや、それもむしろかなり濃い場所にいましたので。当時のGSXのコアなファンの皆さま、お久しぶりです。

その語りたいことは、単なる熱く暑いコアなファン層同士が語るマニアトークです。それも使っている素材がウンタラ、みたいな話ではなくかなり感覚的な部分。例えばGSX900Lineが一番美しく見える場所はどこか。ある人は屋内から外に出る直前にふと腕元を見た時の、こんな角度の時、と言う。またある人は、いや、デパートのトイレで大きい方をしている時にふと腕元を見た時の光の当たり具合こそが素晴らしい、と。あ、それ、私です

約10年振りの復活。GSX906Line。

あまりに多くの想い出と、出会いと、そして長い時間が詰まっているために、正直文章にするのに躊躇いがある時計です。思い入れが強いあまり、文章にしようとすると軽くなってしまうから。私にそこまでの文章力は無い、いつかそうした想いを発信できれば良いのだけれど、と思いながらここまで来てしまいましたが。

そんなGSXもここしばらくはポツポツと新しいモデルを出してはいたものの、最近は寂しい状態が続いていました。もうこのままGSXは昔の想い出として胸にしまっておくしかないのかな、いや、だからこそそろそろ何か書いておきたいな・・。そう思っていたところの、今回の10年振りの復活、それもGSXの代表作、900Lineがより美しくなっての復活です。GSX906Line。今までと変わらぬ4色展開。色も形も懐かしい、けれど更に磨き上げられたフォルム。

お値段ちょっと上がったな・・いよいよ10万近くになってきたのか。こればかりは手に取ってみないと何とも言えないけれど。そして初回は限定版も。

GSX906Line | GSX オフィシャルサイト

ということで、もう離れてだいぶ立ちますので、そろそろ個人的に熱く暑くもうっもうっって想いを語っても良いですよね?20代から30代にかけての私の人生に大きな影響を与えてくれたこの時計について。(もちろん影響を与えてくれた人や、時計の内情を暴露したいわけでは全くありません。単なる一ファンとして、です。)

その内Google+あたりでコミュニティ作っちゃったりして。いや、その前にもう少し靴のコミュにコメントしようよ、という突っ込みが入りそうです。間もなく100人になります。皆さん素晴らしい投稿の数々、本当にありがとうございます。別に私のコミュではありませんが、これだけたくさんの方と出会えた、というのは本当に嬉しいです。作って良かったです。

今回のGSX906の発売は3日後の2016年4月29日。今の私には幾ら熱い想いがあっても、それきた、とポンと買える状況にないのが切ないですが、これからも一ファンとして見続けたいと思っています。

1234-201604_GSX904WED GSX903WED 03

ということで、最近はスマートウォッチばかりでしたが、久しぶりに取り出したGSX904WEDをしばらく使おうと思っています。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

シェアする

フォローする

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の4冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。

GSX WEDDING COLLECTION(GSX904WED GSX903WED)

初代GSX900は私を腕時計の世界へ誘ってくれた一本。

写真撮影が非常に難しい美しい三次元曲面構造の腕時計。

離れて間もなく10年近く経つけれど、それでも語りたくなることは山ほどある。

約10年振りの復活。GSX906Line。

  • GSX WEDDING COLLECTION(GSX904WED GSX903WED)
  • 初代GSX900は私を腕時計の世界へ誘ってくれた一本。
  • 写真撮影が非常に難しい美しい三次元曲面構造の腕時計。
  • 離れて間もなく10年近く経つけれど、それでも語りたくなることは山ほどある。
  • 約10年振りの復活。GSX906Line。