[0776-201505] 結局、半分意地みたいなものでSoftbankでApple Watchを予約して思ったこと。

[0776-201505] 結局、半分意地みたいなものでSoftbankでApple Watchを予約して思ったこと。

スポンサーリンク

何だかんだ言いつつ、結局Apple Watchを予約してしまいました。それもそこまで書いておいてそれか、と言われそうですが、Softbankで、です。

0769-201505_Apple Watch

半分意地みたいなものだと思います。

都内在住で、少し歩く気になれば、余程モデルにこだわりがない限り現状どこかしらの量販店でそこそこ在庫もあるようなこの時期に、敢えてSoftbankショップで予約したのは、半分意地みたいなものです。

ええ、勿論キャッシュをそこまで今使いたくなかった、とか、普段からあまりクレカを使いたくないのでVISAデビット持ち歩いているので、今回はなるべく分割にしたかった、とか現実的な理由はありますよ。

ただ、それなら今別に予約する必要はないんです。だってSoftbankショップ、未だに4月10日の予約受付初日に予約した人の中でさえ入荷連絡が来ていない人がいる、という惨憺たる状況ですから。

Appleと日本で最も良好な関係を築いているSoftbankだからこそ。

知り合いが言ってたんです。Appleと日本で最も良好な関係を築いているSoftbankだからこそ、かもしれないね、と。
その結果、何が起こったかというと、Apple以外とお店で在庫が豊富に入荷し、肝心のAppleと関係が深いお店(Apple StoreやSoftbankショップなど)には未だ入荷時期未定もしくは6月下旬くらい、という未確定の噂しか残らないという。

なら、急いで予約する必要ないんですよ。きっとAppleやSoftbankに普通に入荷する頃には余るほどに出回ってますから。

となると、やはり半分意地みたいなものなんです。

銀座に寄る予定があったので、ついでにSoftbank銀座に寄ってみた。

G.W.明けの平日昼間ということもあったのでしょうが、それでも銀座の中央通りは大陸の人がほとんどでした。結構人通りは多かったです。けれど、Softbankショップ銀座の店内は大変静かでした。

前回表参道で試着した時と同様、試着をお願いし、(と言っても毎回38ミラネーゼしか着けてないんだけれど)話を訊いてみました。

「同じ通りのApple Storeは結構混雑しているんです。」

私も改めて気づいたのですが、今回確かにSoftbankはApple Watchを販売していますけど、別にSoftbankと契約している人しか買えない訳ではないんですね。誰でも予約は可能です。クレカと身分証明書あれば

[0751-201504] ソフトバンクでApple Watchを予約しようとしたけれど、転売防止のためクレカの情報が必要と言われ、気分が萎えて帰ってきてしまった話。

ただ、携帯キャリアのショップで扱っているため、Softbankと契約していないと買えないと思っている人が結構多く、それも静けさの要因にはなっているのかな、と言っていました。あとは「全然入荷しない」という噂も大分一般的になったので。

予約、何かVISAデビでも大丈夫でした。

結局、予約しようと思って、いざカウンターへ。Softbankの担当のお兄さん、爽やかでとても良い人でした。

これ、クレジットカード機能付いていますか?と訊かれ、どう説明しようか困ったのですが、取り敢えずこれで登録してみますね、と言われて入れたら問題なかったみたいです。ま、何も悪さはする気ありませんし、第一嘘付いた訳でも騙した訳でもありませんし。

前回の表参道での顛末が何だったのか、と思うくらいアッサリと予約は完了。ただ、入荷時期はやはり未定だそうです。

[0751-201504] ソフトバンクでApple Watchを予約しようとしたけれど、転売防止のためクレカの情報が必要と言われ、気分が萎えて帰ってきてしまった話。

分割支払いは携帯料金の支払いをクレジット払いにしている方のみの特典。

うん、これ、初めて聞いた。SoftbankでiPhone5以降を契約している人に限ってのサービスだと言うことは知っていましたが、毎月の携帯料金の支払いをクレジット払いにしている方限定だそうです。銀行引き落としなどにしている人は購入までにクレジット払いに切り替えておいて下さい、と言われました。

ということは、よく考えると、単なるクレジットの分割24回払い(金利0)と同じようなもんではないですか。しかも7月に入ると金利0のキャンペーンは終わるので、もしこのまま入荷しないで7月になってしまった場合には、普通に金利発生して毎月の携帯料金と一緒にクレジット払いするわけです。

それなら、最初から量販店でクレジット払いにしたほうが良くないか?

金利の違いはあったとしても。

0776-201505_Softbank 0Kinri


[ゼロ金利キャンペーン]どのようなキャンペーンですか? | ソフトバンク

ちなみに、今改めて見直してみたけれど、どこにも携帯料金をクレジット払いにしろ、と書いてないんだが・・。

今回、何で販売を決めたんでしょうねぇ・・。

いえ、予約しておいてそれは無いだろ、と言われるかもしれませんが、実際予約も東京の2店舗のみ。試着前提で、しかも店頭のみ。予約にクレジットカード必要。購入時にはクレジットカードは要らないけれど、支払いはクレジットカード払いに変えないといけないという噂もあり。

情報も両店舗、スタッフ間で錯綜してしまって混乱しているような気もするんですよね。

まぁ今回はSoftBankに限らず、転売対策で量販でも予約段階から前払いだったり、試着するまで在庫を教えてくれなかったり、色々対策は講じているようなので、何もSoftBankに限ったことではないようですが。

まぁ、SoftBankとしては、Apple Watchに興味を持った人が、購入時に一緒にiPhoneも契約してくれれば万々歳なわけですが、それくらいだと思うんですよ。実際Softbankショップ、あまり入荷してきてないみたいですしね。

ということで、今日予約で何ヶ月後に入荷するか、楽しみに待ちたいと思います。

意外とアッサリ入荷しても面白いですが、完全に出遅れ組ですからね。何か世の中に在庫が潤沢に揃ってから、忘れた頃に、キャンペーンも終わった頃に、知らない番号(SoftBankショップ銀座)から着信があって、留守電設定してないから気づかないという・・。なんかそんな状況になる気がしてきたな。

でも、ちゃんと入荷したら買いますから。散々書いていますが、何だかんだ言いつつ17年以上浮気せずにお付き合いしてきたキャリアです。これからもお手柔らかに、付かず離れずの関係で細く長くお付き合いが続いていくといいな、と願っています。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。