[かぶ] いろいろな「love photo」の形があって良いんじゃない?私がZenFone 4 Selfie Pro購入を決めた理由。

[かぶ] いろいろな「love photo」の形があって良いんじゃない?私がZenFone 4 Selfie Pro購入を決めた理由。

スポンサーリンク

今週はiPhone 8/8 Plusの発売(22日)に続き、23日にはASUSからZenFone 4ZenFone 4 Selfie Proが発売されます。巷の話題はほぼiPhoneだとは思いますが、ZenFoneも色々言われながらも頑張っている様子。印象としてはやはり無印(ZenFone 4)が人気なのかな、と思っていますが、当ブログではそうしたiPhone 8やZenFone 4ではなく、敢えてZenFone 4 Selfie Proを推していきたいと思います。

というのも、このモデルが最も「用途が明確」であり、万人受けはしないとしても、案外「あ、これあると良いかも」といった今までとはまた違った楽しみ方がイメージ出来る、個性を持ったモデルだと思っているからです。だって「We Love Selfie & Wefie」ですから。基本スペックはしっかり押さえながらも、更に自撮りに特化させたモデルです。

日本版の30秒バージョンもあるのですが、ここでは敢えて1分47秒の完全版を貼り付けました。こちらのほうが長いけれど、その分魅力も詰まっていると感じているので。妻にすれば「レストランの壁に写真並べて貼るとか、そういうの私ダメ」とか言われてしまいましたし、個人的にもこういう状況は今後もなさそうなのですが、それでも素敵じゃないですか。流れている曲も好みです。ちょっと何て曲か後で訊いてみよう。

ちなみにコン・ユって私と一歳しか違わないんですね(공 유、孔 劉、1979年7月10日生まれ 38歳)。少し切なくなりました。

さて。私がこのモデルに惹かれている理由については以前一度書きました。

最近日本でも少しずつ市民権を得てきたスマホでの「Selfie(自撮り)」や「Wefie(複数人での自撮り)」。でもこれって何もSNSに投稿するためだけにあるわけではないと思います。遠く離れた家族との大切な一コマを収めるためのコミュニケーションの一つとしてのクローズドな「広角家族自撮り」。そろそろしてみませんか。

「広角家族自撮り」が一番の目的ですが、その後も色々考えてみると、これ色々な楽しみ方出来るんですよね。私、妻と出逢って19年になりますが、付き合い始めの頃は2人で写っている写真はありましたが、最近は全くありません。色々理由はあるとは思うのですが、自撮りって自撮り棒でも使わないと画面一杯にほぼ二人の顔しか写らないので、旅先での想い出としては少し弱いんです。また、一人で撮る場合にはインカメラ性能の弱さや、写せる範囲の狭さからイマイチ撮る気にならなかったのも正直なところ。特にこの「写せる範囲の狭さ」というのが、最近自撮り棒が流行った大きな理由の一つかな、と思っています。

かといって、例えば旅先で(日本ならまだしも)誰かにカメラやスマホを渡して撮ってもらう、ということには盗難のリスクも大きいですし抵抗があります。その点、今回「広角120度」というのはそうした点でも非常に魅力的でして、「広角家族自撮り」のような人数が多い時だけでなく、二人、もしくは一人で撮るときにも単なる自分がメインの写真ではなく、風景と一緒に写せる(あくまで風景が主)というというのがとても魅力的に感じます。ちょっとした旅が楽しみになる。今までよりも写真が身近になる。

ASUS ZenFone 4 Selfie Pro

前回「We Love Photo」の「We」について触れましたが、「Love」にも色々な方向性があって良いと思うんです。

「We Love Photo」って言うと、カメラ性能ガー、画質ガーみたいな専門的な話になってしまったり、「iPhoneと比べてクソ」みたいな他との比較でウンタラみたいな話になりがちですが、「気軽に写真を楽しめる=Love Photo」という方向性もありなのではないか、と思っています。それが今回の3モデルの中で最もハッキリしているのがSelfie Proかな、と思っています。

今回のコンセプトの「We Love Photo」の「We」にも色々な「We」がある、と書きましたが、同様に「Love」の方向性としても色々あって良いんじゃないか、と。「We Love Camera」じゃないんです。もちろん画質が悪ければ楽しめないかもしれませんが、「Love Selfie & Wefie」という方向性もありかな、と。

この辺りも先ほど貼り付けた1分47秒の動画だと分かりやすいなぁ、と(30秒の日本語バージョンだと、通常から広角に変わる部分が省略されているので)思います。

まぁ、実際細かいところを見ていくと首をかしげたくなる部分もないわけではないんです。スペック的には前モデルZenFone 3とほぼ同じ、という良いところを突いてきながら、何故か「充電端子がmicroUSB」だったり「Wi-Fiが5GHz非対応」だったり、と地味に差別化している。何これ、普通にUSB-Cで良いじゃん。なんで5GHz非対応にする必要があるの?など(わが家ではなるべく自宅では2.4GHz帯は使いたくないので)。

でもトータルとしては非常に惹かれていまして、既に購入決定です。ということでSelfie Proカテゴリーを新たに追加しましたが、入手次第SelfieとWefieをしっかり楽しみたいと思います。ひとまず今日のテクニカルセミナー&タッチアンドトライ、参加してきます。

何かに特化させるとその分どこかが犠牲になりがちなのだけれど、今回のSelfie Proはスペック的には完成度も非常に高かった前モデルZenFone 3とほぼ同じ、ということで、その点でも安心感があるかなぁ、と思っています。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。