[かぶ] mod-3 RADIUS case for iPhone 6を購入。iPhoneの触り心地を損ねない機能美が素晴らしいです。

[かぶ] mod-3 RADIUS case for iPhone 6を購入。iPhoneの触り心地を損ねない機能美が素晴らしいです。

スポンサーリンク

iPhoneはなるべくケースに入れずに持つのが良いと思っています。きっかけは6 Plusを使っていた時に片手で欲張ってスマホ腱鞘炎になりかけたことですが、その時気づいたこととして、このサイズと重さ、厚さはかなり考えられて作られているのだな、ということ。まぁ天下のAppleですから当たり前といえば当たり前なのですが。

[かぶ] 傷を気にするあまり、一番大切な毎日の使い心地を犠牲にしてしまっていたのではないか、そう思うほどに素のiPhone 6 Plusは気持ち良い。

この本体の美しさが、却って傷つけたくないと思ってしまうのだけれど。

綺麗なあまり、またiPhone 6発売当初は尻ポケットで曲がる、という話が出たことで、傷つけたくない、壊したくないとのことからケースを付けたくなってしまう方も多いと思います。実際様々なケースやカバーが出て、そこに好みを反映させることが出来ますし。

ただ、それなら他のスマホでも良いんですよ。iPhoneの良さってこの絶妙の触り心地とそこから生まれる使い勝手だと思います。

0813-201506_iPhone 6 04

iPhoneの触り心地を損ねずに、けれど傷つきやすい部分は守れないか。

0813-201506_iPhone 6 03

傷もひとつの味という話もありますが、本人にとってはそうでも、他人にとっては単に汚いだけです。まぁ他人のスマホなんて誰も興味はないと思いますので、自己満足な部分が大きいのですが。

で、私の中でこの綺麗なiPhoneを、傷一つつけないように慎重に扱うのであれば、ストレス溜まります。本末転倒です。

何が気になるかな、と考えると、液晶部分(これは前回書いたガラスフィルムで守ります。)、背面、そして一番は角の部分かな、と思います。6だとあとはカメラのレンズ部分ですね。

そこを守りつつ、厚さや重さ、触り心地が変わらなければ理想です。ということで、出た時からずっと気になっていて、このブログでも以前6 Plusの時に欲しいと書いていた例のカバーを購入しました。

0813-201506_RADIUS case 01

四隅をしっかり守るアルミのカバーと、背面を最小限で支える梁のようなプレート。

0813-201506_RADIUS case 05

アルミだから傷つきやすく柔らかい、というレビューもありましたが、実際に触ってみると小傷は付いたとしても無残なことにはならなさそうです。その辺りはしっかりどのアルミを使うか考えて作られています。

一つ一つ磨き上げられたパーツは非常に美しいです。

0813-201506_RADIUS case 03

梁のように交差するプレートは、iPhoneとは接していません。傷などは心配しなくて良さそう。そして、私は傷を一切付けたくないのではなく、普段使う中で避けられない傷をなるべく避けたいな、と思っただけです。手荒に扱ってつく傷は自業自得です。

実際、落とせば、落とした場所が段差のない美しいほどの平面でもない限り、傷つきますから。

0813-201506_RADIUS case 04

iPhone 6の欠点といえば、(これはデザイン上の失敗とも言われていますが)このカメラのレンズ部分の張り出し。単に傷つきやすいだけでなく、無意識に触れてしまって指紋や汚れが付きやすくなってしまうんです。これも安心です。

工業製品としての美しさと機能性が調和していると思います。

0813-201506_RADIUS case 02

なんて偉そうなこと書いてますが、分かってませんから。単にかっこいいだけです。そして、この梁のような交差する部分、ちょうど指が引っかかって、滑り止めになるとともに、持っていて安定感が増すのです。iPhoneって触り心地が良いのですが、ちょっと引っかかるところがない分、滑り落ちそうで心配になるんです。

0813-201506_iPhone 6 03

この厚みの分、液晶面を上にして置いた時に、本体と接地面の間に若干隙間が出来ます。これが、手に取る時に指に引っ掛けやすい。そうした思わぬ使い勝手の良さも生んでいます。

欠点といえば、価格と傷つきやすさか。

大変気に入っているのですが、誰にでも薦められるかといえば難しいところ。ひとつは値段です。実売1万円前後。私は楽天のポイントが大量にあったので思い切って買いましたが、iPhoneのケースに1万円を出せる人であれば自信を持ってオススメ出来ます。

あとは、傷つきやすさ。これはケースの傷つきやすさではなく、この梁の部分、若干エッジが効いているんです。触れて切れるほどではないのですが、例えば革の手帳などと一緒に鞄の中に放り込んでおいたら、もしかしたらどこかで手帳の方に擦り傷が入るかもしれません。鋭利ではないんですけどね。凹凸がある分仕方ないのですが。

0813-201506_RADIUS case 06

それさえクリアされれば、非常に満足度の高いケースだと思います。全面を覆うメタルのケースではないので、電波の干渉(妨害)も心配なさそうですし。

私はこのケースは6 Plusを使っていた時から欲しかったので、大変満足しています。発売から半年以上が経ち、そろそろiPhoneのケースも気分を変えてみたい、という方は是非候補に入れてみてください。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。