[かぶ] 6sの噂もちらほら出る中、iPhone 6を買いました。理由はApple Watchをもっと使いたかったから。

[かぶ] 6sの噂もちらほら出る中、iPhone 6を買いました。理由はApple Watchをもっと使いたかったから。

スポンサーリンク

結局、買い直してしまいました。iPhone。Apple Watchを日々使っている中で、やっぱり自分のiPhoneとペアリングしたいな、と思うようになってしまったのです。

[0792-201505] 妻のiPhone 6 Plusとペアリングさせて、ほぼ腕時計として使う予定の私がApple Watch 38mm ミラネーゼを購入した。

0813-201506_Apple Watch

私のApple Watchの用途はほぼ万歩計なのですが、意外と便利なのです。それは単にどれくらい活動したか、が分かるというだけでなく、1時間毎に立てと言われれば思わず立ち上がってストレッチや軽い運動をしてしまったり、と結構動機づけになるんですね。それが大きかった。となると、単なる腕時計のつもりで買いましたけど、せっかくならiPhoneとセットで使いたいと思いまして。

[0750-2015] Apple Watchは色々言われているけれど、時計好きには充分に魅力的な「腕時計」だよね。私、単純な腕時計として買います。

とはいえ、私のメインは既にZenfone 5です。

ほぼ不満はありません。OCN モバイル ONEのSIMで活用していますが、月3GB以内で収まってしまっているので、月々の維持費は音声通話付SIMで税込1,944円です。仕事用ほか家族以外の連絡先はすべてこちらのSIMの番号に変えていますし、Androidにも慣れてきたので、これをやめる気はありません。

[0777-201505] 迷走気味ながら、OCNモバイルONEを音声つきSIMに変更しました。 | Life Style Image

iPhoneはあくまで家族との通話とメールとApple Watchのためなので。

ヤフオクあたりで中古のSoftBank版の5や5sあたりを落札してしまおうかと思ったのですが、3万円くらいするんです。それで充分といえば充分なんですが。これでもZenfone 5と同じ値段なのが寂しいです。

で、しばらく探していたのですが、ちょうど6以降はSoftBankもVoLTEにも対応したし、使い勝手も気に入っていたので(以前はiPhone 6 Plus)、それならiPhone 6にしようかな、と。

で、メイン端末ではないので、シンプルに16GB、Plusではなく無印、色は気分を変えてGoldにしました。

0813-201506_iPhone 6 01

16GBだと、余計なモノ入れすぎなくていいね。

最近写真も撮るし、Kindleや自炊本も読むから128GBのほうが良いかな、とも思ったのですが、なるべくシンプルにいきたかったので16GBにしました。既に2台持ち、SoftBankとMVNOなどとてもシンプルとは程遠いですが

いいですね。とりあえずなんでも入れておく、という考えから抜けられるので。本当に今使うもの以外はクラウドに上げてしまっています。

0813-201506_iPhone 6 03

ケース等は特に使いません。Plusの時に、ケースに入れてしまうことでiPhoneの良さを犠牲にしてしまうことに気がついたので、なるべく素のままで持ちたいと思いました。念のため、表面だけ保護しています。

[かぶ] 傷を気にするあまり、一番大切な毎日の使い心地を犠牲にしてしまっていたのではないか、そう思うほどに素のiPhone 6 Plusは気持ち良い。

0813-201506_iPhone 6 02

ガラスフィルムも6発売当初に比べて品揃えが充実しましたね。かえって種類が有りすぎて困りましたが、フィーリングでこれに決定。

オススメするかと言われれば、しませんよ。

あと数ヶ月で6sも出る中でオススメするかと言われればしません。キャリアのSIMロック解除もiPhoneは例外だったりと案外ショボかったので、今後も変わらず日本ではお安く縛られながらもiPhoneは買えると思いますし。一括0円とかね。

ただ、最新機種に拘らない方であれば、価格が安くなっているかと言われれば疑問ですが、半年以上経過してある程度アプリもアクセサリ類も充実してきて、安定感も増していますので、敢えてiPhone 6あたりをうまく手頃に手に入れられるのであれば良いのではないかな、と思います。

0813-201506_iPhone 6 04

iPhone 6もいろいろ言われましたけど、私この触り心地好きなんです。そして、ようやくApple Watchとセットで使えます。それが一番の目的ですから。

で、ケースは使いません、と言いながら、写真にチラチラ写っている物体に気づかれた方もいるかと思います。これについては次回にご報告します。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。