[かぶ] Ziteは抵抗なく英語と海外のサイトに触れられるアプリだと思う。

[かぶ] Ziteは抵抗なく英語と海外のサイトに触れられるアプリだと思う。

スポンサーリンク

一時期、スマホの使用に定休日を作ろうと思ったくらい、ほとんど使わなかったiPhoneでしたが、するぷろを使ってブログを更新するようになったことで、使用頻度が一気に上がってしまいました。

iPhoneでメールを打つことでさえ億劫で、短文すらほとんど打たなかった私が「するぷろ」を入れたらブログが捗るようになった。

便利な反面、未だに腱鞘炎の気は抜けきれず、恐る恐る使っているのですが、それとともに困るのが、ブログ更新以外でもiPhoneを触っている時間が増えてしまったことです。

一日の貴重な時間を失う大きな原因として、よくスマホでニュースサイトを何となくダラダラ眺めてしまう、というのがあると思うのですが、まさにそんな状況。眺めている時もちょっと落ち着かないのですが、何よりかなりの時間が経ってしまったことに気づいた時の喪失感といったらもう…。

一番の解決策は色々なライフハック系のサイトでも書かれている様々な方法があると思うのですが、ここでは開き直って、その膨大な喪失時間をなるべく有意義なものに変えられないか、と考えてみました。

そして見つけたのが「Zite」です。

0927-201507_Zite

Zite

Zite (無料)
Zite, Inc. App Store
(2014.08.18時点)
posted with ポチレバ

結局同じニュースサイトなのですが、こちらは海外のサイト専門です。ジャンルもテーマ別に興味のあるものをチェックしておけば、それに合わせて様々なブログやサイトを集めてきてくれます。

画像が綺麗で、眺めているだけでも楽しくなる。

同じニュースアプリでも、海外のニュースしかないと、英語である分、文章よりもまず画像が目に飛び込んできます。

日本語と英語で、表意文字と表音文字の違いというのもあると思いますが、英文を読み慣れていない分、全ての文字が同じくらい主張して目に入ってくるので、パッと眺めて意味が取れなかったり、流し読みかしづらいというのが大きいのでしょう。

と書くと、欠点のようにも思えますが、それを割り切ってしまえば、変な先入観なしに眺めることに専念出来るので、それはそれで良いとも言えます。

情報の選別が出来ない分、広告でもブログでも、英語を読むことに専念出来る。

日本語のニュースアプリでも企業広告やタイアップ記事も多々あります。それらは予め自分のフィルターで除外するので、ほとんど読むことがありません。

けれど、よく出来た広告というものは、その道のプロが経験と時間をかけて、読み手に分かりやすいように、練りに練って作られたものも多いです。そうしたもの程、読みやすく、心に伝わりやすいとも言えます。

ただ、人は広告だと思うと最初から警戒して読むか、省くので、母国語の場合、なかなか読まないことも多いと思います。

それはそれで良いのですが、それがせっかくの機会を逃していることも恐らくあると思います。海外のサイトを眺めるのであれば、せっかくの綺麗な画像も含めて、興味の湧いたテーマはどんどん眺めてみたいな、と思います。

思わぬ素晴らしいサイトに出会えることも楽しみの一つ。

先入観をあまり持たず惹かれたニュースを眺めていると、海外の優れた魅力的なブログに出会うことも多々あります。そんな出会いも楽しみの一つ。なかなか普段海外のブログを探すことがない分、こうした思わぬ出会いは嬉しいなぁ、と感じました。

英文なので、それなりに気力も要りますし、分からないものもかなりあるのですが、そこは割り切って飛ばすようにしています。どんどん眺めて楽しんでいると、海外のサイトを思ったよりも長い時間眺めていたこともありました。

ただ、あまり気負わず、読めなくても分からなくても気軽に眺めている内に、結構ハマってしまい、ここ二週間ほど、毎朝寝起きに布団の中で30分ほど眺めているのが日課になってしまいました。

このアプリでなければならない訳ではないけれど

このZiteのようなアプリは他にも色々あると思います。そうしたアプリを探すのも楽しいと思います。そうした出会いの中から、それぞれが自分に合った英語や海外との付き合い方が見つかれば良いなぁ、と思います。Zite、オススメです。

Zite

Zite (無料)
Zite, Inc. App Store
(2014.08.18時点)
posted with ポチレバ
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。