[0458-201412] もし私が一枚だけに絞ってクレジットカードを持つとしたらアメックスだと思う理由。

[0458-201412] もし私が一枚だけに絞ってクレジットカードを持つとしたらアメックスだと思う理由。

スポンサーリンク

私の常用カードは三菱UFJ-VISAデビットです。
[0328-201409] 三菱UFJ-VISAデビットの利点と弱点。それでもこのカードを愛用する理由。
最近急ピッチで使い勝手が改善されてきているので、もうクレジットカード自体持たずにこれ一枚で良いかな、と思うくらい日々必要な時には愛用しています。
slooProImg_20140920171814.jpg
ただ、世の中VISAデビットが使えないお店もたくさんあり、また多少の不安も残ります。
かと言って、私のような衝動買いの銭失いな人間は何枚もクレジットカードを持つのは危険極まりない。
そんな中で、ここ最近ずっとほぼメインでVISAデビットばかりを使ってきた私が一枚だけクレジットカードを持つとしたら何を選ぶか、という話をしてみたいと思います。
といっても、結論は既にタイトル通りアメックスになるんですが。

フリーになった時に使っていたクレジットカード自体がちょうど終了した。

これについては以前触れましたが、私、フリーになる直前に、常用していたクレジットカードが終了になりまして。
ゆうちょとの提携カードだったのですが、ゆうちょが独自のクレジットカードを出すにあたって、提携を止めるとのことでした。
提携ではなくオリジナルのカードに切り替えが出来る、ということだったのですが、再審査も必要でしたし、フリーになるとしばらく収入も不安定になる訳で、分割だ何だと上限まで使えてしまうクレジットカードは、数ヶ月後のことを考えると危なっかしくて出来ません。
そんなこともあり、またその内新しくカードが必要になったら申し込めば良いや、と思い、そのまま有効期限とともに契約終了となりました。
ところがいざ必要になってみたらフリーなのでなかなか審査が通りませんでした。
もし会社辞めてフリーになる!と思った方は、カード必要なら辞める前に持っておいた方が良いですよ。フリーは審査厳しくなりますから。

とりあえずVISAデビットを使ってみたら便利だった。

とりあえずで当時VISAデビット持ってみたんです。カードが必要になる時もあるので。
そうしたら不便を全く感じないどころか、余分な買い物をすることがなくなり、元々衝動買いが得意な私にとっては非常に助かりました。
自分で使った額が把握出来るのと、口座にある金額までしか使えないので、自分のキャパを越える買い物をしなくなりました。
また、クレジットと違って即時決済なので、ほとんど現金払いと同じく、手元からお金が飛んでいく感覚が残ります。これが買い物好きにはかなり大きい。

なぜ一枚持つならアメックスなのか。

私自身が使ったことのあるカードの中でしか書くことが出来ないというのもありますが、それ以前にアメックス自体が、「基本一括払い」だからです。
そもそも日本以外では「分割払い」という発想自体がありません。「リボ」なんて何それ?といった感覚です。
アメックス自体がクレジットカードの発祥ということもありますが、一番スタンダードかつ標準的なクレジットカードだと思っているからです。
そして、上限がハッキリ分からない。デスクに確認すれば大体の目安は教えてくれますが、利用状況に合わせて上下変動するので、極端な話ビルゲイツなら上限無いと思います。
実際、そんな話ありましたね。ビルゲイツが持っているのはアメックスのグリーン(一般的な標準カード)だ、という話。
そう、アメックスって、基本的にカードの色による上限の区分けがあまり明確ではないんです。グリーンだろうが使える時は使える。
まぁ、結局一括で払える金額になる訳ですから、それなりに限られてくるわけですが。
勿論他のクレジット会社のカードであっても、全て一括にすれば良い問題なのですが、私、自分の意志の強さというものを「全く信用していません」
欲しいとなれば、翌月厳しくてももし上限までまだ枠あれば、きっと分割なりボーナス一括なりしてしまうと思うんです。
これは終身雇用含め長く一つの会社で勤めることが多かった日本のサラリーマンだから出来る方法ですよね。利子払っても大きな買い物出来るのは。

流石に歴史が長いだけあって、クレジットカードに絡むリスクに関して強い。

1-1204463558QHGe
ちょっとどこかで不正利用があったりすると、すぐブロックしてくれます。そしてすぐ連絡がくる。
そして、その辺りのプロテクションに関しては、表記以上にしっかりしている印象を受けました。当時。
ちょっと日本的な分割、リボ、その他クレジットカードに抱いているイメージで使っていると、少し違和感があるのがアメックスです。
けれど、それがVISAデビットにすっかり慣れてしまった私にとってはかえって親しみやすいし、安心なのです。
ちなみにVISAデビットはアメリカでは低所得者層が愛用するカードだと聞いたことがあります。誰でも持てるので。けれど、だからこそ、うまく使えば非常に使いやすい。
勿論、カード大国アメリカではカード破産が常ですが、これも使い方次第。そして、日本も結局同じ道を辿ってしまっている気がするのです。
a1180_001396_m
身の丈に合わない買い物を学生の頃から出来てしまう。買おうと思えば幾らでも買えますから。分割だリボだ多用すれば。
そうした点では必要なければ敢えてカードなんて持たない方が良い、という意見も勿論あると思いますが、そうもいかなくなってきたのが現代社会。
カードがあるかないかでだいぶ利便性も違ってきますし、カードが悪いわけではなく、ついつい使っちゃう自分自身の状態をうまく管理することが大切です。
となると、クレジットをもし一枚に絞るならアメックス一枚。アメックスでさえ不便だったり使えない時には割り切って使わない。それが最良かなぁ、と最近思っています。
アメリカン・エキスプレス・ジャパン | ログイン | クレジットカード, トラベルリワード

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。