[0391-201412] 継続することの素晴らしさ。あなたは10年間毎日続けていることってありますか?

[0391-201412] 継続することの素晴らしさ。あなたは10年間毎日続けていることってありますか?

スポンサーリンク

slooProImg_20140717191551.jpg

靴好きには有名なブログ「Mのブツ欲日記」。その昨日の内容から、感じることがあったので、ご紹介します。

「ブツ欲日記はどうして多くの人に読まれるようになったのか」。

たまにこう聞かれることがあるんですけど。

ワタクシがいつも決まって答えるのが

「他に読むBlogが無いからでしょう」。

やコレ謙遜とかじゃなくマジでそう答えてます。

Mのブツ欲日記」。白状します。恥ずかしながら、靴好きとしては、どうかと思った時期もありました。実際ネットでも外野は言いたい放題です。叩きたい放題。
けれど、今、改めて思うのです。言いたい放題の私たちに、果たして同じだけのものを発信できるのでしょうか。

同じように毎日続けて10年というものがあるでしょうか。

誰でも人生で一回や二回ヒットを飛ばすことは出来ると思いますが、継続させることは難しい。ましてそれで生きていくとなったら尚更です。

ブログ、というツールは10年以上前からありましたが、ネット上のサービスというのは移り変わりが激しい。
私も恥ずかしながら、ブログというものは数年で消えると思っていました。もっと便利なサービスがある、と。

それは単に飽きやすいだけのネットマニアに過ぎなかったのですが、そんな目移りしやすい中で、同じ媒体で、同じ形で、ずっと続けて行くということ。

一期一会とはいえ、想い出とともに貴重な情報が消えていく寂しさ。

このBlogを立ち上げた頃は、

私なんぞが足元にも及ばないような

面白く、詳しい知識に溢れたBlogがもっと一杯あったんですよね。

でも時間の経過とともに

ほとんどのBlogの更新が止まり、やがて姿を消していきました。

Mさん自身も書かれているように、私もこの10年以上、興味の向くままに様々なブログを眺めてきました。
なかにはとても内容の濃い、「凄いなぁ」と思うブログが多々ありました。
だいぶ勉強させて、楽しませていただきました。

今も時々思い出します。

「あ、そういえばあのブログ、面白かったなぁ」
「あの言葉、凄く良かったんだけど、どのブログだったかな。」
「何て名前だっけ?」

けれど検索しても見つからないんです。
大抵どこかのブログサービスを借りているので、既に本人も止められて削除しているんですね。

中には素敵な写真や、貴重なモノ、そして素晴らしい情報も散りばめられていました。
モノに限らず、今まで私が興味を持った対象それぞれにです。

そして、それらの大半は、今はもう見ることが出来ない。
当時はそれらの素晴らしい情報を保存する術も分からなかったですし、今とはOSやソフトも違います。
今愛用しているEvernoteやその他クラウドサービスが、今後も続くとは限らない。

もう見ることは、そして、その時ブログでお目にかかった方とは再会することは出来ないでしょう。

10年経った今も普通に続いているということは凄いことだと思う。

つまり、このBlogが毎月3万を優に超える方に読んでいただいているのは、

長く続けているうちに周りのBlogが勝手に脱落していっただけであって、

「選ばれたから」では断じて無い。

自分で言うのもアレですけど中身が濃いBlogじゃないですからね(笑)。

でも中身が薄かろうが濃かろうが地道に続けていれば、

放っておいても競合がいなくなり気がつけばその道の第一人者になれる。

継続する、というのは難しいです。
正直に言って、この「Mのブツ欲日記」どころか、ブログという形態が10年以上経った今も普通に使われているということも凄いです。

Mさんの場合は、過去に書かれた内容は忘れ去って欲しい(ちょっと語弊があると思いますが、週刊誌や雑誌のように、その時その時に流し読みで消費するような媒体であって欲しい、)と以前書かれていた気がします。

ご本人が言われるように、確かに「中身が濃いBlogじゃない」ので、私もFeedlyで毎日チェックしながらも、基本的にほとんどの記事はスルーしていますが、中には非常に考えるところの多いものもあります。
例えば今回、こうして私がご紹介するような「~」考であったり、ちょっとした思わぬ靴へのアプローチなど。

そして、10年近くも続けられていると、当時はそれ程有名ではなかったのに、今ではしっかりご活躍されている方もいらっしゃるんですね。

靴職人の@Zin_Ryuさんも私はこのMのブツ欲日記で知りましたし。

[0382-201412] 靴職人ZinRyuさんの靴を履きながら、オーダー靴について改めて考えてみた。

定番、老舗の強みは、いつでもそこにある、という安心感。

だからこそ、今もこうして見ることが出来る、アクセスすれば、そこにある、という安心感というのは大きいです。
ふと思い出したとき、「Mのブツ欲日記」と検索すれば、何年ぶりだったとしても、たどり着いてしまう安心感。

あ、まだやってたんだ、今も続いているんだ、という懐かしい気持ち。
これを築き上げるというのは、相当に大変です。

メーカーでも、老舗というのはそこが強いんだと思います。
定番品というのも、長い年月で生き延びてきた、どの時代でも愛されてきた名品です。
いつでも買うことが出来る、安心感。
これから先、何十年経っても、勿論無いかもしれないけれど、存在していてくれるのではないか、と思わせてくれる信頼。

[0223-201406] 限定や記念モデルは自分の中では定番になれない。

[腕時計] 50年変わらず、世界で愛されて今も出続けるSEIKOを代表する時計 SEIKO 5 Automatic | Life Style Image

[腕時計] 変わらず作り続けられる、って凄いことだと思う。CASIO STANDARD DIGITAL | Life Style Image

[革靴] 50年以上続くのにはそれだけの理由がある。履いてきた人とその家族の数だけ物語がある。国産靴の雄、リーガルを想う。

だからこそ、Mさんには、これからも物欲系ブログの定番であって欲しい、形を変えずに、これから先10年後も続いていって欲しいと思っています。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。