[かぶ] いつも靴について偉そうに書いてる私が刑務所作業製品展示即売会で6,600円の紳士靴を買って思ったこと。

[かぶ] いつも靴について偉そうに書いてる私が刑務所作業製品展示即売会で6,600円の紳士靴を買って思ったこと。

スポンサーリンク

刑務所の文化祭には毎年足を運んでいるのですが、主要どころを妻と一緒に眺めたあとは、少しだけ個人的な趣味でもある千葉刑務所謹製靴を眺める程度で、じっくりと一つ一つの刑務所作業製品を見ることはありませんでした。だって、人多いんだもん。

そのため、6,000円前後で販売されている既製靴に関しては、目の前で正月のセール会場かのような殺到ぶりとその辺りに散乱し、靴べらを使わずに強引に足をねじ込まれていく光景を見ているのに忍びなくて、気にはなりながらもきちんと履いたことがありませんでした。

ところが先日、Twitterで色々とお話をさせていただいている、さくらい伸(@saku03_)さんが新宿で行われていた「矯正展」で購入され、愛用されている姿を目にするにつれ、再び気になりはじめまして、どこかで手に取りたいなぁ、と思っておりました。

http://sakurais3.exblog.jp/26615041/

そうしたら見事なタイミングで今回帰省中に実家近くのアピタ掛川店でちょうど開催されておりました。実質本日まで(最終日21日は午前中で片付け作業をするのでほぼ無いとのこと)。

春一番かと思わせるほどの強風と今にも雨が降りそうな天気の中、車の免許を持っていない私は母親に車で連れて行ってもらいました。アピタ掛川店。

入り口すぐの場所で開かれておりましたが、月曜日の午後ということで、まだお客さんも少なかったのでしょうか。私以外に見ていた方は、私のそばで婦人靴を「あら、これ大きいわねぇ。あら。あら。」と結構大きめな声で連呼していた大きなお姉さまだけでした(母も時々他の製品を眺めてはいましたが)。掛川市民はあまり興味がないのか、それとも既に前日前々日の土日で殺到した後なのか。

店員さんに訊いてみたところ、掛川での開催は不定期ながらここ最近は年に一度は行われているようで、珍しくはあるものの、だいたいこんな感じですねぇ、とのこと。惜しい。でも考えてみたらわざわざアピタ掛川店でこんなスタンダードな紳士革靴買わないのかもしれないなぁ、とも思いました。

結局スタンダードなタイプは千葉刑務所製の3デザイン(同一木型、4E)のみでしたし。

靴の詳細についてはいつも通りLife Style Imageのほうでじっくり書きました。ちょっとポエムっぽいかもしれませんが、素直な気持ちをそのまま書いたつもりです。

https://office-kabu.jp/shoes/chiba-prison/post-0

印象としては、これだけちゃんと作られていて、形も綺麗であれば、多くの人にとっては十分だよなぁ、といったところです。

高級感云々という判断って結構難しくて、実際靴好きであっても靴見て幾らのどういう靴かなんて正直分かりません。実際、人は他人の靴なんぞに何の興味もないし、他人から見れば、良い靴の基準というのは綺麗に履いているかどうか、という部分が大きいと思います。あとは余程デザインが奇抜か。でも奇抜な場合の「良い靴」という反応は全く別の意味になってしまいますが。

私は常日頃Life Style Imageにおいては靴のお手入れに関しては「クリームもクリーナーも不要」「必要なのはブラシと乾拭きだけ」と書いてきました。この気持ちに変わりはありません。

ただ、だからといってクリームやクリーナーは使ってはいけない、と思っている訳ではなく、例えばこの靴のお手入れにおいて、チューブタイプのクリーナーや液体のワックスタイプ、リキッドタイプの俗に言う靴墨のようなもので靴磨きをしても良いと思っているのです。

それは別にこの靴が安いから、という意味ではありません。どんな形であれ、靴に意識が向いていて、自分にあったやり方で、靴に手間をかけられて、艶が出て、きれいになって、また明日も頑張ろう、靴もおつかれさん、と思えるのであれば、それが一番のお手入れだからです。

だから反対に小難しい「べきべき」論や「ねばならない」論に縛られてしまって、靴のお手入れ自体を面倒で難しいものだと考えてしまい、億劫になって結局何もしないよりも、どんな形でもかまわないので、靴を手に取ってほしい、実際に触れてみてほしいと思っています。

靴磨き、靴のお手入れに絶対的な一つの正解があるわけでもなく、また絶対に間違い、というものもありません。それにもし結果として失敗してしまった、と思ったとしても良いじゃないですか。(もちろん凹みはしますが)。それでもその靴と自分との距離は近くなります。少しでも靴に意識を向けてもらえるのであれば、私はそれだけで嬉しいです。

そうやって、靴がもっと身近な存在になってくれたらいいな、と思っています。

気がつけばこのブログで4年近く、足に合った革靴の選び方とお手入れの方法について書いてきました。私は現役の靴屋の店員ではありませんが、革靴専門サイトではないにも関わらず、革靴関連の文章は気がつけば200...
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。